Img searchbox
耳・鼻

かぜ

かぜ
に関する情報を集めました

かぜとは

かぜは、「自然によくなる上気道のウイルス感染症」と定義されています。臨床的な上気道とは、喉と鼻、肺の手前にある気管支のことを指します。そして感染症とは、菌やウイルスといった微生物が体内に侵入し、感染し増殖することで発症する病気のことです。つまり、かぜとは上気道のウイルス感染症であり、下痢だけなどではかぜとはいわないということになります。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

かぜは、ウイルスが体内に侵入し、感染し増殖することが原因で起こります。かぜを引き起こすウイルスとしては、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、RSウイルス、エコーウイルス、ライノウイルス、コロナウイルス、パラインフルエンザウイルスなどがあり、ウイルスによって症状の起こる頻度や種類はさまざまです。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。


症状

主な症状として、鼻水・のどの痛み・咳・発熱・くしゃみなどがあげられますが、これらの症状が見られたからといってかぜとはいえず、他の病気の可能性もあります。かぜに似た症状を出す病気は、ウイルス以外の呼吸器の感染症やそれ以外にもあります。また、かぜは自然によくなるという特徴を持っているため、症状が長引く場合は、かぜではない可能性があると考えられます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。


治療

残念ながら風邪を真に治す薬(かぜを引き起こすウイルスを殺す薬)は現在のところありません。しかし、かぜは薬局で購入できるOTC医薬品やセルフケアでも十分に対応できる病気です。
セルフケアとしては、無理をせずに安静にして休息をとり、部屋を暖かくして身体を冷やさないように心掛けることが重要です。また、消化がよく、かぜによる体力の消耗を補えるような栄養価の高い食べ物を摂取することも大切です。熱が高い場合は体から水分が出ていったしまうため、脱水症状を防ぐためにこまめな水分補給をしましょう。薬による対症療法やセルフケアを行っても症状がよくならない場合は、かぜではない可能性があるので注意が必要です。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

かぜに関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る