Img searchbox
耳・鼻

かぜ

目次

かぜとは

かぜとは、「自然によくなる上気道のウイルス感染症」のことを指します。ここで言う上気道とは喉と鼻、肺の手前にある気管支といった空気の通り道のことを指します。かぜを引き起こすウイルスが空気の通り道に当たる上気道各部位に対して感染することで炎症が惹起され、かぜに特有の症状が引き起こされることになります。

かぜを発症すると、各機関に特有の症状が生じます。例えば鼻であれば鼻水ですし、喉であれば喉の痛みや声枯れなどの症状が出現します。

かぜは、基本的には安静を保つことで自然回復を期待できる疾患です。ウイルスに対して有効な特効薬も存在しないため、解熱鎮痛剤や去痰剤など症状にあわせて対症療法を行うことが治療の基本になります。数日の経過で症状が改善できるかぜですが、肺気腫や喘息などの基礎疾患を有する方がかかると基礎疾患の症状増悪を見ることもあります。したがって、かぜを引かないように手洗いやうがいを徹底し感染予防策を講じることも大切です。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

 

原因

かぜは、飛沫感染や接触感染としてウイルスが体内に侵入し、体内で増殖することが原因で発症します。かぜを引き起こすウイルスとしては、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルス、パラインフルエンザウイルスなどがあります。

このように多くのウイルスがかぜの原因として知られていますが、最も頻度が高いのは「ライノウイルス」であり、かぜのおよそ半分の原因を占めています。ライノウイルスに引き続いて多いかぜの原因ウイルスは「コロナウイルス」です。かぜの10-15%ほどを占めています。ライノウイルスは春と秋、コロナウイルスは冬に流行する傾向があり、そのため通年性にかぜを引く機会があるとも言えます。

ウイルスによって症状の起こる頻度や種類はさまざまですが、特に特徴的なものの一つとしてRSウイルスを例に挙げることができます。RSウイルスは鼻かぜのウイルスとして非常にありふれた原因ウイルスですが、患者さんの背景によっては重症化することが知られています。具体的には、早生まれのお子さんや心臓や肺に特殊な病気を持つお子さん等がRSウイルスに感染をすると、鼻かぜ程度では納まらず、時に人工呼吸管理を要するほどの呼吸状態の増悪を見ます。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

症状

かぜに関連したウイルスは上気道(鼻や咽頭など)に炎症を引き起こすため、かぜでは感染した部位に応じた症状が出現します。鼻に感染症状があれば鼻水や鼻詰まりが生じますし、喉に感染が生じれば咽頭痛や声枯れなどの症状が出現します。

かぜを発症すると各部位にだけ特別に症状が出現するということばかりではなく、上気道全体に炎症を起こすこともあります。その際には、鼻水や鼻詰まり、咽頭痛や咳、痰などが同時に出現することになります。

鼻水・のどの痛み・咳・発熱・くしゃみなどを特徴とするかぜですが、これらの症状が見られたからといってかぜとはいえず、他の病気の可能性もあります。かぜに似た症状を出す病気は、ウイルス以外の呼吸器の感染症やそれ以外にもあります。また、かぜは自然によくなるという特徴を持っているため、症状が長引く場合は、かぜではない可能性があると考えられます。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

 

検査

かぜの診断には、発症に至るまでのエピソードを明らかにすることがとても大切です。ウイルス毎に応じた典型的な臨床経過があるので、症状の出方、周囲の感染状況、既往歴などを総合的に加味して、かぜかどうかを判定します。また同時に、かぜらしくない症状の有無(例えば、発熱期間が想定されるよりも長い)を検索することも大切です。これは、裏に細菌感染症が隠れていないかどうかなどを判定するためにも大切となります。

エピソードから疑われるウイルスが想定される場合には、ウイルスによっては迅速検査が適応になることもあります。RSウイルスやヒトメタニューモウイルスなどでは、鼻から採取された拭い液を利用した迅速検査が施行されることもあります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

治療

かぜは基本的には自然治癒が見込める疾患ですし、ウイルスに対しての特効薬と言うものも存在しません。したがってかぜ治療の治療基本は、対症療法になります。発熱や咽頭痛に対しては解熱鎮痛剤が使用されますし、痰に対しては去痰薬が使用されます。こうした薬剤を内服しつつ、脱水にならないように水分を補給しながら、良好な栄養・睡眠を取りつつ休息を図ることが重要です。

良好な経過を辿ることの多いかぜですが、患者さんがもつ病気によっては基礎疾患の増悪を見ることがあります。例えば、肺気腫や喘息を抱える患者さんにおいては、かぜをきっかけに呼吸状態が増悪し、酸素療法や吸入薬の使用、時に人工呼吸管理が必要なることもあります。

また、原因ウイルスによっては予防を目的とした注射が適応になることもあります。RSウイルスはかぜの原因ウイルスの一つですが、心臓や肺に持病がある、早産児などでは重症化の懸念が高いです。そのため、毎月一回、RSウイルスの流行時期に合わせて予防のための注射を行います。

かぜは、基本的には良好な疾患ですが、手洗いうがい、マスクの着用などを徹底して感染予防策を講じることが重要です。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

かぜに関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る