Img searchbox
肝臓

肝臓がん

目次

肝臓がんとは

肝臓はお腹の右上に位置する体の中で最も大きな臓器であり、体の代謝や解毒作用、胆汁という消化液の分泌などの重要なはたらきを担います。この肝臓にできたがんのことを肝臓がんといいます。

肝臓がんは、肝臓からできるもの(原発性)と、他の臓器のがんが移ってきてできるもの(転移性)の2つに分けられます。

原発性肝臓がんはさらに、肝臓の細胞ががんになった「肝細胞がん」と胆管の細胞ががんになった「胆管細胞がん(肝内胆管がんともいいます)」などに分類されますが、そのうち90%以上を占めるのは肝細胞がんです。肝細胞がんは肝臓が炎症を起こす「肝炎」という病気が進行することで発生することが多い病気です。C型肝炎やB型肝炎の患者さん、そのほか大量の飲酒や、脂肪肝(飲酒とは無関係に)などによっても起こることがあります。ここでは、原発性肝臓がんの大部分を占める肝細胞がんについて説明します。

原因

肝臓がんのほとんどは、慢性肝炎、肝硬変という変化を経て発症します。

  • 慢性肝炎:肝臓に慢性的な炎症が起きる
  • 肝硬変 :炎症が原因で、肝細胞が線維化し、肝臓が硬く小さくなる

日本における肝細胞がんの最大の原因はC型肝炎であり、70%弱を占めます。B型肝炎も含めると肝炎ウイルスによって起こる肝臓がんは肝細胞がんのうちの90%程度を占めています。

そのほか、過剰な飲酒によって起こるアルコール性肝炎や、中性脂肪が蓄積することによる非アルコール性脂肪性肝炎、免疫機能の異常によっておこる自己免疫性肝疾患なども肝細胞がんを起こすことがあります。

現在はウイルス性肝炎を原因として発生する肝臓がんが多くを占めますが、近年ウイルス性肝炎の治療は大きく変わってきており、今後はウイルス性肝炎の方が減少することも予想されます。

症状

初期の肝細胞がんでは、自覚症状はほとんどありません。検診や他の病気の検査の際に偶然発見されることもあります。

がんが進行してくると症状が現れます。がんが大きくなることでそれ自体によって症状が出る場合や、肝硬変が進行して肝臓の機能が低下することで症状が出る場合があります。

肝臓がん自体の症状

肝臓がんが大きくなることでお腹の圧迫感や腹部膨満感、痛みなどを引き起こすことがあります。肝臓の表面にできたがんの場合には、肝臓の破裂によって突然強い腹痛を起こしたり、お腹の中に出血を認めたりすることもあります(腹腔内出血といいます)。またそれによって血圧が急激に低下することもあります。

肝臓がんが骨に転移することで痛みが出たり、肺に転移することで咳や呼吸困難などが起こったりすることがあります。

肝硬変による症状

肝硬変が進行することによって倦怠感(けんたいかん:だるさ)や食欲不振、浮腫(むくみ)、黄疸(おうだん:目や皮膚が黄色くなる)、腹水(お腹の中に水が溜まる)などの症状を起こすことがあります。また、肝臓に血液を運んでいる門脈の流れが悪くなってしまうことで、胃や食道の静脈が腫れてこぶのような状態となり、それが破裂して出血を起こすこともあります。

検査・診断

定期的な検査について

肝細胞がんは症状が出にくく、診断が難しい病気です。そのため、肝炎や肝硬変のある患者さんにとって定期的な検診はとても重要であるといえます。C型またはB型肝炎ウイルスをもつ肝硬変の方では、3か月に1回の超音波検査、1年に1回のCTもしくはMRI検査が推奨されています。

またC型またはB型肝炎ウイルスによる慢性肝炎の方や、ウイルス性ではない肝硬変の方では半年に1回の超音波検査、2年に1回程度のCTまたはMRIによる検査が推奨されています。

肝臓がんの検査

  • 腹部超音波検査(腹部エコー検査)

お腹に超音波のでる装置をあてて肝臓やその周りの組織の様子を観察する検査です。簡便にでき、患者さんの体への負担も少ない検査です。

  • 腹部造影CT検査、MRI検査

腹部造影CT検査では、造影剤を静脈に注射しながらCTを撮影します。血流の多さに応じてがんと正常な肝臓の映り方が異なることから、病変を詳細にみることができます。腹部エコー検査と比べると造影剤の副作用や被爆の問題もあるためより詳しく調べる場合に用いられる検査です。MRI検査も造影剤を使用して詳しい検査として行われます。

  • 血液検査

肝細胞がんが発生すると、血液検査でAFP(アルファフェトプロテイン),PIVKA-Ⅱ(ピブカツー)という項目の検査値が上昇します。ただし、早期の段階では上昇がみられないことが多いため発見のためよりも、治療経過を追跡するために用いられることが多いです。

治療

治療のための評価方法

肝細胞がんには、病気がどれくらいの重症度であるのか評価するための分類方法があります。治療にあたってはこの「がんの進行度分類(ステージ分類)」だけではなく「肝臓の機能の評価」も行って2つを見合わせながら進めていきます。

  • ステージ分類

進行度(ステージ)はがんの大きさと個数で評価し、1~4まであります。

  • 肝臓の機能の評価 「肝障害度」「Child-Pugh分類」

肝臓がんの治療を進めるうえでは、ステージ分類だけでなく肝臓の機能(予備能)がどれくらい保たれているかを検討することが重要です。一般的に、肝臓機能の評価には「肝障害度」や「Child-Pugh分類」が用いられます。これらの分類は肝臓の機能をA、B、Cの3段階で評価します(Aが最も機能が良好で、Cが最も不良です)。

治療法

肝細胞がんの治療では以下の3つの治療が中心となります。

外科的手術療法

がんを含めた肝臓の一部を手術で切除する方法です。肝臓の機能が比較的保たれており、がんが1つ、あるいは3つ以内の場合に選択されます。肝臓は体の重要な機能を担っているため、肝臓の予備能が許す範囲の切除部位を決定していきます。肝臓の機能が低下しており予備能が少ない場合には、局所療法などを検討していきます。

局所穿刺(せんし)療法

主にラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法(RFA)という方法が用いられます。皮膚の上から肝臓内のがんに電極針を刺して、ラジオ波という高周波を流すことで針の周囲に熱を発生させ、がんを焼く(焼灼する)治療です。基本的には腫瘍の大きさが3cm以内かつ3個以下のケースで適応となります。上記適応においては、外科的手術と同じ程度の効果が期待できるとされます。

肝動脈化学塞栓(かんどうみゃくかがくそくせん)療法(TACE)

肝臓がんの栄養源になっている肝臓の大きな血管(肝動脈)を薬剤によって塞いでいく治療法です。肝臓は門脈と肝動脈という異なる2種類の血液から栄養を受けていますが、大部分は門脈からの血流であり、肝動脈からの血流の割合はわずかです。一方、肝臓がんはその逆であり門脈の血液で栄養を受けずに肝動脈からの血液で栄養されています。この特性を利用してがんの栄養源である肝動脈を薬剤で塞いでしまうのがこの治療法です。

主に肝臓内のがんが4個以上の場合に用いられます。肝臓がんの大きさや個数、肝機能の障害が原因で手術やラジオ波焼灼療法が難しい場合であっても、肝動脈塞栓術を行えることがあります。ただし、手術やラジオ波焼灼治療に比べると治療効果はやや劣ります。

この他、患者さんの状態を考慮しながら、全身化学療法、肝臓移植、緩和ケアなどが行われています。

全身化学療法

手術、ラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓療法が行えなかったり、実施しても効果が得られなかったりした場合などに選択される治療方法です。ソラフェニブという薬剤が使用されますが、これは肝臓の機能が良好な肝臓がんの患者さんに対して、現在唯一の延命効果が確認されている薬剤です(2017年現在)。肝機能が不良な場合は、副作用も強く発現してしまい効果も期待できないため、使用しません。

肝臓移植

高度の肝障害があって他の治療が困難な場合、がんが1個で大きさが5cm以下、あるいはがんが2~3個で3cm以下ならば肝移植を検討します。

肝動注化学療法

肝動脈にカテーテルという細いチューブを挿入して、抗がん剤を注入する治療方法です。肝臓がんに高い濃度の抗がん剤を注入することを目的とする治療です。日本で広く行われておりガイドラインにも記載されていますが、延命効果は証明されていません。

緩和ケア療法

痛みやだるさなどがんに伴う不快な症状を和らげたり、不安や孤独を軽減して生活の質(QOL)を保ったりすることを目的とします。がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行うものです。適切に痛み止めを使用したり、精神面でのサポートをしたりしていきます。

肝臓がんに関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る