S414x320 e9830676 4095 49d3 8eb8 338ccbb24390

インタビュー

公開日 : 2017 年 08 月 09 日
更新日 : 2017 年 08 月 10 日

緑内障とは?徐々に視野が欠けていく症状・原因・失明につながる理由

緑内障とは、なんらかの原因によって視神経が弱化し視野が徐々に欠けていく疾患です。視神経は一度死滅するともとには戻らないため、弱化を防ぐことで治療を行います。緑内障の原因と症状について、広島大学眼科学教室教授の木内良明先生にお話を伺いました。

緑内障とはどのような疾患なのか

なんらかの原因によって視神経が弱り徐々に視野が欠けていく疾患

緑内障とは、なんらかの原因によって視神経が弱り、徐々に視野が欠けていく疾患です。視神経は人が生まれた時点で100万本ほどあり、時間経過とともに自然と死滅していきます。そのスピードは1年間に5,000本ずつといわれますが、緑内障はこのスピードが早まる病気とも捉えることができます。40歳以上の5%が緑内障を有病しているといわれています。高齢化の進むなか、この数値は徐々に増加していると予測されます。

緑内障と白内障は名前が似ていますが、まったく異なる病気です。緑内障は視神経の弱化によって起こる疾患、白内障は目の水晶体(レンズ)がにごることによって起こる疾患です。現在、緑内障は失明の最大の原因とされています。一度死滅した視神経は再生不能であるため、緑内障の治療ではその進行速度を抑え、悪化を防ぎます。(治療の詳しい情報については記事2『緑内障の検査・治療・分類—点眼薬とレーザーによる治療』でご説明します。)

緑内障はなぜ失明の最大の原因となるのか

自覚症状がほとんどなく視神経の回復が不可能であるため

緑内障は自覚症状がほとんどなく、早期発見が難しい疾患です。そのため患者さんが症状を感じた時点で、病状がかなり進行しているケースが多くみられます。先述のように視神経は死滅すると再生できないため、病状の進行を抑えるためには、緑内障をなるべく早期に発見し迅速に治療を開始することが重要です。

緑内障を早期発見するには4年に1回ほどの定期検査が理想的である

緑内障は先に述べたように早期発見の難しい疾患ですから、定期的な検診によってできるだけ早く異常をみつけることが非常に重要です。近年の研究結果によると、緑内障を早期発見するためには、40歳から検診を開始し、4年に一度の検診を70歳まで行うことが理想的であるとわかりました。

緑内障のページへ

連載記事

関連記事