新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

第57回日本癌治療学会学術集会 AOS記念式典

第57回日本癌治療学会学術集会 AOS記念式典
吉田 和弘 先生

岐阜大学医学部附属病院・病院長/岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授

吉田 和弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

2019年10月24日(木)〜10月26日(土)の3日間にわたり、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて、第57回日本癌治療学会学術集会(以下、本学術集会)が開催されました。本学術集会では、“社会と医療のニーズに応える−TACKLING THE NEEDS OF SOCIETY AND MEDICINE−”をテーマに、多数の講演やシンポジウムが行われ、明日のがん治療について、活発な学術的議論が繰り広げられました。

本記事では、2日目に福岡サンパレスにて行われた【AOS(アジア腫瘍学会)記念式典】の様子をお届けします。

AOS記念式典では、AOS(Asian Oncology Society:アジア腫瘍学会)の結成を記念し、アジア各国より代表が集まりました。

AOS(アジア腫瘍学会)は、ACOS(the Asian Clinical Oncology Society:アジア臨床腫瘍学会)とAPOCC(the Asia and Pacific Federation of Organization for Cancer Research and Control:アジア太平洋がん研究制御機構連合)が合併した組織です。

2020年3月5日(木)〜7日(土)には、AOSが開催する初の国際会議が行われます。詳細は、こちらをご覧ください。

吉田和弘先生のご挨拶

はじめに、本学術大会の大会長を務める吉田和弘先生(岐阜大学 腫瘍外科)よりご挨拶がありました。

また、各国から本記念式典に来訪された方々のご紹介があり、会場からはたくさんの祝福の拍手が送られました。

本記念式典に来訪された方々のご紹介①

本記念式典に来訪された方々のご紹介②

さらに、佐治重豊先生(岐阜大学 名誉教授)からのご挨拶などがあり、最後には、記念写真の撮影が行われました。

佐治重豊先生よりご挨拶

このようにして、【AOS(アジア腫瘍学会)記念式典】は、大きな拍手に包まれて終了しました。

*本記念式典に続いて行われた【がん治療国際化 AOS設立記念講演】については、こちらの記事をご覧ください。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。