新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

第57回日本癌治療学会学術集会 ASCO/JSCO Joint Symposium“Precision Medicine”

第57回日本癌治療学会学術集会 ASCO/JSCO Joint Symposium“Precision Medicine”
吉田 和弘 先生

岐阜大学医学部附属病院・病院長/岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授

吉田 和弘 先生

間野 博行 先生

国立研究開発法人 国立がん研究センター 理事・研究所長・がんゲノム情報管理センター長

間野 博行 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

2019年10月24日(木)〜10月26日(土)の3日間にわたり、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて、第57回日本癌治療学会学術集会(以下、本学術集会)が開催されました。本学術集会では、“社会と医療のニーズに応える−TACKLING THE NEEDS OF SOCIETY AND MEDICINE−”をテーマに、多数の講演やシンポジウムが行われ、明日のがん治療について、活発な学術的議論が繰り広げられました。

本記事では、2日目に福岡サンパレスにて行われた【ASCO/JSCO Joint Symposium:Precision Medicine】の概要をお届けします。

司会:

森正樹先生(九州大学 第二外科)

吉田和弘先生(岐阜大学 腫瘍外科)

Dr. Bruce E. Johnson(Harvard Medical School/Lowe Center for Thoracic Oncology, Dana-Farber Cancer Institute, USA)

ASCO/JSCOのジョイントシンポジウム1では、“Precision Medicine”をテーマに、4名の演者による講演が行われました。

Dr. Bruce E. Johnsonによる講演

はじめに、Dr. Bruce E. Johnson(Harvard Medical School/Lowe Center for Thoracic Oncology, Dana-Farber Cancer Institute, USA)より、肺がんに対するプレシジョンメディシンの応用として、免疫チェックポイント阻害薬の進歩に関するお話がありました。その内容は、免疫チェックポイント阻害薬の効果予測に対して、ゲノムシークエンス、PD-L1、EGFR遺伝子変異など、さまざまなマーカーを組み合わせながらプレシジョンメディシンを実現しようとするものでした。

Dr. Apostolia M. Tsimberidouによる講演

次に、Dr. Apostolia M. Tsimberidou(The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center, USA)は、遺伝子解析、遺伝子変異の種類、分子プロファイリングをもとにしたプレシジョンメディシンの臨床試験に関して紹介しました。さらに、このような臨床試験の結果を活用するためには、診断の時点から、最先端かつ包括的な分子プロファイリングを行う必要があると述べ、今後は、人工知能を用いてアルゴリズムをもとにデータ解析を進めることで、がんの治療法と患者さんのマッチングを見出したいと話しました。

間野博行先生による講演

続いて、間野博行先生(国立がん研究センター がんゲノム情報管理センター)からは、日本におけるがんゲノム医療の体制についてお話がありました。間野先生は、国民皆保険制度を採用する日本において、がんゲノム医療を行うためのプラットフォームを構築する必要があると語り、さらに、そのようながんゲノム医療の拠点となりうるがんゲノム情報管理センター(C-CAT:Center for Cancer Genomics and Advanced Therapeutics)の発足と活動について紹介しました。

若井俊文先生による講演

最後には、若井俊文先生(新潟大学 消化器・一般外科)より、固形がんにおける包括的ゲノム解析に基づくプレシジョンメディシンに関してお話がありました。若井先生は、化学療法が有効な例に対する手術(コンバージョンサージェリー)と遺伝子タイプの関連性を例に挙げ、包括的なゲノムシークエンスはプレシジョンメディシンの世界に革命をもたらす可能性があると語りました。

集合写真

プログラムの最後には、4名の演者が集まり、記念写真の撮影が行われました。このようにして、【ASCO/JSCO Joint Symposium:Precision Medicine】は、大きな拍手に包まれて終了しました。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。