新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

第57回日本癌治療学会学術集会 会長企画シンポジウム2“行政における癌医療への取り組み”

第57回日本癌治療学会学術集会 会長企画シンポジウム2“行政における癌医療への取り組み”
片渕 秀隆 先生

熊本大学 大学院生命科学研究部産科婦人科学講座 教授、熊本大学病院 病院長特別補佐、日本婦人...

片渕 秀隆 先生

高山 亘 先生

千葉県がんセンター診療部長 千葉県がんセンター心と体総合支援センター部長

高山 亘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

2019年10月24日(木)〜10月26日(土)の3日間にわたり、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて、第57回日本癌治療学会学術集会(以下、本学術集会)が開催されました。本学術集会では、“社会と医療のニーズに応える−TACKLING THE NEEDS OF SOCIETY AND MEDICINE−”をテーマに、多数の講演やシンポジウムが行われ、明日のがん治療について、活発な学術的議論が繰り広げられました。

本記事では、第1会場(福岡サンパレス1階大ホール)にて行われた【行政における癌医療への取り組み】の概要をお届けします。

“行政における癌医療への取り組み”

司会:

片渕 秀隆先生(熊本大学 産科婦人科)

佐々木 治一郎先生(北里大学 新世紀医療開発センター 臨床腫瘍学)

会長企画シンポジウム2では、“行政における癌医療への取り組み”をテーマにして、5名の演者による講演が行われました。

演者1、高山 亘先生による講演

はじめに、高山 亘先生(千葉県がんセンター 肝胆膵外科)より、“ピアサポーター養成 千葉県の取り組み”というテーマで講演が行われました。高山先生は、千葉県がんセンターにおけるピアサポーターの養成や、ピアサポーターサロン千葉の開催状況、千葉県がんセンターの特徴について述べました。同センターは、がん相談支援センター、地域統括相談支援センターが同じフロアにあり、連携を取れることが特徴です。これにより、医療関係者が千葉県がんセンターを紹介できたり、働く人が安心できる環境づくりを目指していると説明されました。

演者2、境 健爾先生による講演

次に、境 健爾先生(熊本医療センター 腫瘍内科)からは、“熊本県におけるがん医療への行政の取り組みの現状と課題”というテーマのもと、熊本県のがん治療の取り組み、6千人以上が使用している“私のカルテ”を用いた患者理解の促進や患者行動に基づく対策の必要性について講演が行われました。境先生は、県内における手術、放射線療法、化学療法などのがん治療の状況を調査し、現在の課題と将来に向けた解決策について述べられました。

演者3、濵 卓至先生による講演

濵 卓至先生(神奈川県 健康医療局 保健医療部がん・疾病対策課)からは、“神奈川県のがん対策”というテーマで、神奈川県のがん対策推進計画に基づく未病対策、医療提供、がんとの共生について講演が行われました。がん対策推進計画では、“がんの未病改善”、“がん医療の提供”、“がんとの共生”を3つの大柱として施策を展開しており、この取り組みを通じて、本計画の基本理念である“がんを知り、がんと向き合い、がんの克服を目指す神奈川づくり”の実現に向け、着実な施策の推進を図っていると説明されました。

演者4、佐々木 さやかさん(代・佐々木 正行さん)による講演

佐々木 さやかさん(参議院議員)の講演テーマは、“行政におけるがん医療の充実に向けた議員活動”です。当日は、佐々木 正行さん(神奈川県議会議員)が発表を行い、佐々木 さやかさんからのメッセージおよび県議会本会議会などでの活動実績、がん登録データの活用の重要性、神奈川県における患者支援(認定がん医療ネットワークナビゲーターの配置)などについて述べました。

演者5、天野 慎介先生による講演

最後に、天野 慎介先生(全国がん患者団体連合会)からは、“がん対策への期待~がん患者の立場から”というテーマで講演が行われました。天野先生は、2016年の改正がん対策基本法の成立、“がんゲノム医療”“希少がん、難治性がん対策”“小児がん、AYA世代のがん、高齢者のがんの対策”に関する研究推進、患者の社会的不利益からの擁護など、患者団体の声を届けるための取り組みとその事例について解説しました。具体的ながん対策としては、遺伝子パネル検査の普及、アドバンスケアプランニング(人生会議)、緩和ケア病棟の要件再定義などへの期待について言及しました。

このようにして、【がん治療におけるAIの進歩と将来】は、大きな拍手に包まれて終了しました。

受診について相談する
  • 熊本大学 大学院生命科学研究部産科婦人科学講座 教授、熊本大学病院 病院長特別補佐、日本婦人科がん検診学会 副理事長

    片渕 秀隆 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。