新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

第57回日本癌治療学会学術集会市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第1部

第57回日本癌治療学会学術集会市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第1部
吉田 和弘 先生

岐阜大学医学部附属病院・病院長/岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授

吉田 和弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

2019年10月24日(木)〜10月26日(土)の3日間にわたり、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて、第57回日本癌治療学会学術集会(以下、本学術集会)が開催されました。本学術集会では、“社会と医療のニーズに応える−TACKLING THE NEEDS OF SOCIETY AND MEDICINE−”をテーマに、多数の講演やシンポジウムが行われ、明日のがん治療について、活発な学術的議論が繰り広げられました。

本記事では、3日目に第1会場(サンパレス2階大ホール)にて行われた【市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”】の開会挨拶の様子ならびに第1部の概要をお届けします。

開会挨拶

はじめに、第57回日本癌治療学会学術集会大会長を務める吉田 和弘先生(岐阜大学 腫瘍外科)より、開会挨拶ならびに市民の方々に向けたメッセージがありました。

来賓挨拶――荒瀬副市長からのメッセージ

続けて、来賓挨拶です。今回は、福岡市 荒瀬 泰子副市長が登壇し、福岡県におけるがん医療の現状と課題を踏まえ、市民の方々へ向けてメッセージを伝えました。

総合司会:

中井 美穂さん

司会:

馬場 秀夫先生(熊本大学 消化器外科)

小西 敏郎先生(東京医療保健大学 医療保健学部医療栄養学科)

市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第1部では、医療のニーズをテーマに、3名の演者が講演を行いました。

演者1、馬場 英司先生による講演

はじめに、馬場 英司先生(九州大学 社会環境医学)からは、大腸がんの診断における遺伝子の活用を事例にした、がんゲノム医療についてお話がありました。九州大学では、がんの遺伝子型による治療選択を目指して、エキスパートパネル会議やデータ解析、C-CATの調査結果を用いた連携病院との協力といった取り組みを行っています。がん遺伝子パネル検査によって治療標的になりうる遺伝子変異を検出することで、将来的にはがんの個別化医療が実現可能になることを目指したいと解説しました。

演者2、沖 英次先生による講演

続けて、沖 英次先生(九州大学 消化器・総合外科)からは“ロボット支援手術の現在と将来”というテーマで講演が行われました。ロボット手術とはそもそも何かという点から始まり、ロボット手術ができる部位やその利点、ロボット手術の活用による教育効果、今後の発展まで一つひとつ解説がありました。また、沖先生は、単孔式手術の発展やAIの搭載、遠隔手術の可能性など、近年のロボット手術の進歩について言及し、ロボット手術の今後のさらなる進化に期待したいと述べました。

演者3、鶴丸 大介先生による講演

第1部の最後は、鶴丸 大介先生(九州大学病院 放射線科)による講演です。“大腸がんとAI”というテーマのもと、大腸がん診療におけるAIの活用についてお話がありました。講演内では、放射線科医による診断の流れと方法、福岡県における大腸がん検診の現状と問題について触れたあと、大腸がん診療におけるAIの具体的な活用事例について説明がありました。具体的には、大腸がんの内視鏡的診断を行うAIや大腸CT、ヴァーチャル内視鏡、CADによるポリープ検出などが紹介されました。

このようにして、第57回日本癌治療学会学術集会市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第1部は終了しました。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。