新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

第57回日本癌治療学会学術集会市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第2部

第57回日本癌治療学会学術集会市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第2部
吉田 和弘 先生

岐阜大学医学部附属病院・病院長/岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授

吉田 和弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

2019年10月24日(木)〜10月26日(土)の3日間にわたり、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて、第57回日本癌治療学会学術集会(以下、本学術集会)が開催されました。本学術集会では、“社会と医療のニーズに応える−TACKLING THE NEEDS OF SOCIETY AND MEDICINE−”をテーマに、多数の講演やシンポジウムが行われ、明日のがん治療について、活発な学術的議論が繰り広げられました。

本記事では、3日目に第1会場(サンパレス2階大ホール)にて行われた【市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”】の第2部に関して概要をお届けします。

総合司会:

中井 美穂さん

司会:

馬場 秀夫先生(熊本大学 消化器外科)

小西 敏郎先生(東京医療保健大学 医療保健学部医療栄養学科)

市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第2部は、社会のニーズがテーマです。2名のがんサバイバーを含む、計3名の演者が講演を行いました。

演者1、上野 創さんによる講演

はじめに、上野 創さん(朝日新聞東京本社)からは、“がんと向き合いながら生きるコツ~がんを経験した記者から”というテーマのもと、AYA世代でがんを発症した経験、およびそこで感じたことについてお話がありました。上野さんは、26歳で精巣膿瘍を発症し、肺に2回再発した経験を持つがんサバイバーです。ご自身の経験を活かし、2018年1月にAYA世代のがん患者を特集記事として取り上げ、大きな反響を呼びました。2019年10月現在は、教育関連情報を提供するディレクターとしてご活躍されています。

上野さんは講演内で、情報の取捨選択に注意すること、仕事はすぐに辞めないこと、他者と考えを共有することが大事であると述べたうえで、「がんサバイバーは胸を張って仲間と交流してほしい」と呼びかけました。

演者2、宗 健一郎さんによる講演

続けて、宗 健一郎さん(福岡県庁 がん感染症疾病対策課がん・疾病対策係)からは、“福岡県の取り組み~がん患者を含めた県民が がんを知り がんを克服することを目指して~”というテーマのもと、福岡県におけるがんの現状と、第3期福岡県がん対策推進計画について説明が行われました。本計画では、小児、AYA世代のがん対策推進における妊孕性温存治療への助成制度や在宅療養生活支援、就労相談の実施によるがん治療と仕事の両立支援など、分野別施策と個別目標が定められています。宗さんは、「がん患者本人を含め、福岡県民ががんを知り、がんを克服することを目指して県全体で取り組んでいきたい」と述べました。

演者3、岡本 記代子さんによる講演

第2部の最後は、岡本 記代子さん(厚生労働省岐阜労働局ハローワーク岐阜・職業相談第二部門)による講演です。“「私のがんからの一歩」~がんサバイバーだからこそできる、がん患者への就労支援~”というテーマのもと、岡本さん自身がステージ4の食道がんと、ステージ2の胃がんという重複がんを発症したときの体験について語りました。岡本さんは、抗がん剤治療による副作用との戦いを経て手術を受け、術後は自宅で社会復帰のためのリハビリを行ってきたといいます。その後、社会復帰し、現在はハローワークの長期療養者就職支援ナビゲーターとして活躍されています。岡本さんは、講演内で「主治医は患者と一緒に考えて戦ってほしい。主治医の一言には、大きな影響力がある」「患者自身は、相談すること、仕事を辞めないことが大切」「がん検診に行ってほしい」と聴講者に向けたメッセージを送りました。

ポスター

このようにして、市民公開講座“社会と医療のニーズに応える -人生100年時代を迎えて-”第2部は盛況のうちに終了しました。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。