新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

第57回日本癌治療学会学術集会 市民公開講座(コンサート)・閉会式

第57回日本癌治療学会学術集会 市民公開講座(コンサート)・閉会式
吉田 和弘 先生

岐阜大学医学部附属病院・病院長/岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授

吉田 和弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

2019年10月24日(木)〜10月26日(土)の3日間にわたり、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて、第57回日本癌治療学会学術集会(以下、本学術集会)が開催されました。本学術集会では、“社会と医療のニーズに応える−TACKLING THE NEEDS OF SOCIETY AND MEDICINE−”をテーマに、多数の講演やシンポジウムが行われ、明日のがん治療について、活発な学術的議論が繰り広げられました。

本記事では、最終日に福岡サンパレスにて行われた【市民公開講座(コンサート)】および【閉会式】の様子をお届けします。

第57回日本癌治療学会学術集会の最終日には、市民公開講座が開催されました。市民公開講座の最後には、“スター混声合唱団コンサート”が行われ、会場は大いに盛り上がりました。

*市民公開講座の講演の概要は、こちらの記事をご覧ください。

スター混声合唱団コンサート

スター混声合唱団コンサートでは、山田邦子さん、倍賞千恵子さん、コシノジュンコさん、小六禮次郎さん、服部真湖さん、黒田アーサーさん、サイクロンZさん、吉本悟子さん、川島ケイジさん、徳田育子さんが華やかな歌声とハーモニーを会場いっぱいに響かせました。

サイクロンZさんによるマジック

また、歌の合間には、サイクロンZさんによるマジックが行われ、大会長の吉田和弘先生も参加しました。

マジックに参加する吉田和弘先生

倍賞千恵子さん

倍賞千恵子さんは、夫である小六禮次郎さんのピアノ演奏で自身の楽曲を披露しました。ステージには吉田和弘先生が同席し、倍賞千恵子さんの叙情的で美しい歌声に思わず涙ぐむ場面もありました。

閉会式 大会長 吉田和弘先生

「本当に素晴らしい市民公開講座でした。AI、ロボット、そしてゲノム医療、さまざまなお話がありました。医療が求めるもの・社会が求めるものは何か、皆さんのお話を聞き、たいへん勇気をもらいました。

コンサートの途中では、胸にグッとくるものがあり、涙を流してしまいました。たくさんの方に助けていただき、お世話になったという感謝の気持ちと、なんとも言えない幸せな気持ちになったのです。私たち医療者は、このような幸せな気持ちを1人でも多くの患者さんとご家族に感じていただくために医療を通じて社会貢献する使命があるのだと、改めて思いました。

本学術大会は、テーマを“社会と医療のニーズに応える”として、多くの演題が行われました。国内・海外からたくさんの方々が参加してくださり、本当にありがたいことだと実感しております。これからは、日本のみならず世界の方々と手を組んで、がん治療の発展に努める必要があるでしょう。

初日は雨が降りましたが、最終日はきれいに晴れて、私自身も清々しい心持ちです。本学術大会に集まってくださった皆さまに、心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。」

第57回日本癌治療学会学術集会ポスター

このようにして、【市民公開講座(コンサート)】は大きな拍手に包まれて終了し、大会長の吉田和弘先生の挨拶をもって、第57回日本癌治療学会学術集会は閉幕しました。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。