クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
ファブリー病
ファブリー病とは、ライソゾームに存在する酵素のひとつであるα-ガラクトシダーゼAの活性が低下することにより、体内にグロボトリアオシルセラミドなどの糖脂質が蓄積する先天性の代謝異常症です。 ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

ファブリー病ふぁぶりーびょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

ファブリー病とは、ライソゾームに存在する酵素のひとつであるα-ガラクトシダーゼAの活性が低下することにより、体内にグロボトリアオシルセラミドなどの糖脂質が蓄積する先天性の代謝異常症です。

全身の細胞や組織にグロボトリアオシルセラミドが徐々に蓄積していき、手足の痛みをはじめ、加齢に伴い腎臓や心臓などさまざまな部位に症状が出現、重症化していきます。ライソゾーム病に分類される疾患のひとつで、厚生労働省により難病に指定されています。

α-ガラクトシダーゼAの生成に関わる遺伝子の異常により引き起こされる遺伝性の疾患であり、X連鎖性遺伝形式をとります。欧米においては、40,000~60,000人の男性に1人の有病率と推定されています。ファブリー病は女性にも発症する疾患ですが、女性に関しての詳細な有病率はわかっていません。

原因

ファブリー病はX染色体にあるGLA遺伝子の異常により引き起こされます。GLA遺伝子は、細胞内のライソゾームと呼ばれる細胞小器官の酵素のひとつであるα-ガラクトシダーゼAの生成に関わっています。

α-ガラクトシダーゼAはグロボトリアオシルセラミドなどの糖脂質を分解する役割を担う加水分解酵素です。GLA遺伝子の異常により酵素の活性が低下し、その結果、糖脂質が分解されずに体内に蓄積し、ファブリー病が引き起こされます。

ファブリー病は、X連鎖性遺伝形式をとる遺伝性の疾患です。性染色体に関して、男性はX染色体とY染色体を1コピーずつ、女性はX染色体を2コピー持っています。保因者の女性が子どもを産んだ場合、男児はX染色体を1コピーしか持たないため、2人に1人が変異遺伝子を受け継ぎ、発病します。

女児の場合は、X染色体を2コピー持つため、親から変異遺伝子を受け継いだ場合には、片方に変異遺伝子が存在するヘテロ接合体の状態となります。X染色体のランダムな不活性化の影響により、ヘテロ接合体の状態であっても必ずしも発病するというわけではなく、無症状から重症の方までその臨床像は様々です。

症状

ファブリー病は、その多様な臨床症状から古典型 (男性)、遅発型 (男性)、女性患者の3つに分類されます。古典型ファブリー病の場合、幼児期以降もしくは学童期に発症し、加齢にともないグロボトリアオシルセラミドの蓄積がすすみ、症状が重症化していきます。

初期には、手足の鋭い痛みや感覚異常、汗をかきにくい、お腹やおしり、陰部の赤紫色の発疹 (被角血管腫) 、頻回の腹痛や下痢などの症状が認められます。このまま放置しておくと、20歳代より腎機能が障害されて尿蛋白が認められたり、視力は保たれるものの角膜の混濁が認められたりします。

30~40歳代では、腎機能障害がすすんで腎不全に至る場合や、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、心肥大や不整脈などの心機能障害が出現することがあります。遅発型ファブリー病は、古典型に比べ発症年齢が遅く、古典型に特徴的な症状は認められません。症状は心臓もしくは腎臓といった一部に限局して出現します。女性患者の場合、無症状の方から重症の方まで、その症状は個人によって様々です。

検査・診断

ファブリー病の診断時には、酵素活性検査が実施されます。血漿、白血球もしくは培養線維芽細胞中における αガラクトシダーゼAの活性を測定します。男性の場合は活性の低下が明らかである場合は多いものの、女性の場合は正常値と重なる例もあり、酵素活性のみでは診断が難しいことがあります。

また、血漿もしくは尿中において、グロボトリアオシルセラミドが蓄積しているかどうかを調べます。このほか、腎生検や心生検などにより組織を採取し、病理診断を行うこともあります。ファブリー病は、GLA遺伝子の異常により引き起こされることがわかっているため、遺伝子検査により変異の有無を確認することもあります。

治療

ファブリー病の治療には、酵素補充療法と対症療法があります。ファブリー病はαガラクトシダーゼAという酵素の活性が低下するために引き起こされます。そのため、不足しているαガラクトシダーゼAを補う酵素補充療法が行われます。

現在、日本においては2製剤が認可されており、2週ごとに点滴で補充します。手足の痛みに対しては、カルバマゼピンやジフェニルビダントインなどが使用されます。腎機能障害に対しては、ACE (アンジオテンシン変換酵素) 阻害薬やARB (アンジオテンシンII受容体拮抗薬) が用いられ、腎不全に至った場合には血液透析や腎移植が必要となります。

このほか、心病変や脳血管病変に対しては抗不整脈薬や抗血小板療法が用いられます。

ファブリー病の記事を読む

ファブリー病の記事にご協力いただいている医師