ふぁぶりーびょう

ファブリー病

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

ファブリー病とは、ライソゾームに存在する酵素のひとつであるα-ガラクトシダーゼAの活性が低下することにより、体内にグロボトリアオシルセラミドなどの糖脂質が蓄積する生まれつきの代謝異常症です。

全身の細胞や組織にグロボトリアオシルセラミドが徐々に蓄積していき、手足の痛みをはじめ、加齢に伴い腎臓や心臓などさまざまな部位に症状が現れます。

ライソゾーム病に分類される病気のひとつで、難病に指定されています。α-ガラクトシダーゼAの生成にかかわる遺伝子異常により引き起こされる遺伝性の病気であり、X連鎖性遺伝形式をとります。小児期に発症することが多く、未治療では中年までに命を脅かす合併症を引き起こす可能性があるため診断及び治療が重要です。

原因

ファブリー病は、X染色体にあるGLA遺伝子の異常により引き起こされます。GLA遺伝子は、細胞内のライソゾームと呼ばれる細胞小器官の酵素のひとつである、α-ガラクトシダーゼAの生成にかかわっています。

α-ガラクトシダーゼAは、グロボトリアオシルセラミドなどの糖脂質を分解する役割を担う加水分解酵素です。GLA遺伝子の異常により酵素の活性が低下し、その結果、糖脂質が分解されずに体内に蓄積し、ファブリー病が引き起こされます。

ファブリー病は、X連鎖性遺伝形式をとる遺伝性の病気です。性染色体に関して、男性はX染色体とY染色体を1つずつ、女性はX染色体を2つ持っています。

保因者の女性が子どもを産んだ場合、男児はX染色体を1つしか持たないため、2人に1人が変異遺伝子を受け継ぎ、発病します。女児の場合は、X染色体を2つ持つため、親から変異遺伝子を受け継いだ場合には、片方に変異遺伝子が存在するヘテロ接合体の状態となります。

X染色体のランダムな不活性化の影響により、ヘテロ接合体の状態であっても必ずしも発病するというわけではなく、無症状から重症の方まで臨床像はさまざまです。

症状

ファブリー病は、その多様な臨床症状から、古典型 (男性)、遅発型 (男性)、女性患者の3つに分類されます。

古典型ファブリー病の場合、乳幼児期もしくは学童期に発症し、加齢に伴いグロボトリアオシルセラミドの蓄積が進み、症状が重症化していきます。初期には、手足の鋭い痛みや感覚異常、汗をかきにくい、毛細血管拡張、お腹やおしり、陰部の赤紫色の発疹(被角血管腫) 、頻回の腹痛や下痢などの消化器症状、リンパ浮腫などがみられます。

このまま放置すると、20歳代より腎機能が障害されてタンパク尿がみられたり、視力は保たれるものの角膜の混濁がみられたりします。30~40歳代では、腎機能障害がすすんで腎不全に至る場合や、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、心肥大や不整脈、弁膜症などの心機能障害が現れ、生命を脅かすことがあります。

遅発型ファブリー病は、古典型に比べ発症年齢が遅く、古典型に特徴的な症状は認められません。症状は、心臓もしくは腎臓といった一部に限局して現れます。

女性患者の場合、無症状の方から重症の方まで、その症状は個人によってさまざまです。

検査・診断

ファブリー病の診断時には、酵素活性検査が実施されます。血漿(けっしょう)、白血球もしくは培養線維芽細胞(せんいがさいぼう)中における αガラクトシダーゼAの活性を測定します。

男性の場合は活性の低下が明らかである場合が多いものの、女性の場合は正常値と重なる例もあり、酵素活性のみでは診断が難しいことがあります。

また、血漿もしくは尿中において、グロボトリアオシルセラミドが蓄積しているかどうかを調べます。このほか、腎生検や心生検などにより組織を採取し、病理診断を行うこともあります。また各臓器病変の評価のため、頭部CT/MRI、脳血管MRA、心電図、心エコー、心筋シンチグラフィなどが用いられます。

ファブリー病は、GLA遺伝子の異常により引き起こされることがわかっているため、遺伝子検査により変異の有無を確認することもあります。

治療

ファブリー病の治療には、酵素補充療法と対症療法があります。

ファブリー病は、αガラクトシダーゼAという酵素の活性が低下するために引き起こされます。そのため、不足しているαガラクトシダーゼAを補う酵素補充療法が行われます。酵素補充療法では、酵素製剤を2週ごとに点滴で補充します。

対症療法として、たとえば手足の痛みに対しては、抗てんかん薬が使用されます。腎機能障害に対しては、ACE阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬を中心とした薬物療法や食事療法、腎不全に至った場合には透析療法や腎移植が必要となります。

このほか、心病変や脳血管病変に対しては病態に応じて各種薬剤やステント治療などが選択されます。