ふせいしゅっけつ

不正出血

女性特有

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

不正出血とは、規則正しくやってくる月経とは異なる女性の性器出血を指します。その原因はさまざまであり、月経なのか不正出血なのか迷うことも多いかもしれません。赤ちゃんから高齢女性まで、女性なら誰にでも見られることのある症状ですが、場合によっては早めの治療が必要なこともあるため、原因を調べておくことが大切です。

比較的、不正出血が見られやすい年代として、月経がある年齢の女性、更年期付近の女性が挙げられます。

原因

不正出血が起こる原因には、さまざまなものがあります。大きく分けると、子宮や腟などの炎症によるもの、ポリープや子宮腫瘍によるもの、ホルモンの異常によるもの、妊娠に関連するもの、などがあります。また、自分では不正出血だと思っていても、実は尿道や肛門からの出血の場合もあります。

子宮・腟に傷や炎症がある場合

性行為の際に粘膜が傷つく場合や、何らかの原因によって子宮、子宮と腟のつなぎ目、腟などに炎症が起こることで不正出血が見られることがあります。特に更年期以降、女性ホルモンの減少に伴い、腟粘膜が萎縮すると、傷や炎症が起こりやすくなります。

子宮・腟・卵巣に腫瘍がある場合、子宮にポリープがある場合

子宮の出口や子宮内部にポリープという粘膜の盛り上がりができ、そこから出血することがあります。また、子宮の病気である子宮筋腫、子宮腺筋症などが出血の原因になることもあります。

また、子宮や卵巣のがんなども不正出血の原因となることがあります。

ホルモン分泌に異常がある場合

いわゆる、ホルモンバランスの乱れによるものです。卵巣や脳から出るホルモンが変化することで、子宮内膜が予定外の時期に崩れて出血します。月経がいつもより長引く場合や短く終わる場合、量や色がいつもと違う場合にも不正出血である場合があります。また、ピルなどを飲んでいる人の場合、飲み忘れ時や飲み始めに出血が起こる場合もあります。

特に異常ではないものとしては、排卵時に起こる卵巣からの少量の出血(排卵出血)が挙げられます。

妊娠に関係するもの

子宮外妊娠(異所性妊娠)や流産などが起こると出血が起こります。受精卵が子宮内膜に着床するときに少量の出血(着床出血)を認めることがありますが、特に異常なことではありません。

尿道や肛門からの出血

膀胱炎や痔などによる出血が、腟からの出血と紛らわしい場合もあります。尿道や肛門からの出血は、それぞれ排尿時・排便時に起こるイメージですが、それ以外の場合で、たとえば下着に出血が付いているようなこともあるため、不正出血と間違うこともあります。

症状

月経がある年代の女性での不正出血は、月経不順、月経量の変化と区別がつきにくい場合もあります。

また、パートナーのいる女性の場合、はっきり妊娠していると診断されていなくても、常に妊娠の可能性を考慮に入れる必要があります。

治療

不正出血に対しては、原因に応じた治療を行います。

子宮・腟に傷や炎症がある場合

感染症がある場合は、原因となっている細菌などに対して効果がある腟坐薬(腟に入れる薬)や塗り薬を使用します。場合によっては、飲み薬なども使用されることがあります。

性行為の際に粘膜が傷ついていると考えられる場合は、潤滑ゼリーなどの使用をすすめる場合もあります。萎縮性腟炎に対しては、ホルモン治療(飲み薬、腟錠、貼り薬、クリームなど)を行う場合もあります。

子宮・腟・卵巣に腫瘍がある場合、子宮にポリープがある場合

子宮筋腫など良性の腫瘍は基本的に経過観察となることが多いですが、出血を繰り返す場合、サイズが大きい場合、妊娠希望があり妊娠の邪魔になる可能性がある場合には、手術で取り除くこともあります。がんなど悪性の腫瘍の場合には、主に外科手術・化学療法・放射線治療などが行われます。

ホルモンの異常がある場合

出血が続く場合は、ホルモン剤を使用してバランスを回復させる場合もあります。ストレスや過労、生活環境の変化などが原因の場合、生活を整え休養を取ることなどで改善する場合もありますが、まずは病院での治療が必要な病気でないかどうかの確認が必要です。

妊娠に関係するもの

赤ちゃん(胎児)と母体の状態を把握し、必要な対処を行います。子宮外妊娠(異所性妊娠)などは命に関わることもあるため、判明した場合、速やかに外科的手術が必要となります。流産などの場合には子宮の中をきれいにする処置が必要なこともあります。

妊娠中の場合には赤ちゃんの状態を確認する必要があるため、産婦人科への受診が必要です。

尿道や肛門からの出血

尿道からの出血で、膀胱炎などが原因となっている場合には抗菌薬などの薬物治療が行われます。肛門からの出血はいわゆる痔が原因となっていることが多く、痔のタイプに応じて治療法が選択されます。多くは塗り薬・飲み薬などでの治療ですが、程度や大きさによっては外科的手術が行われることもあります。

「不正出血」に関連する他の症状