• 手・手の指

指が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

指が痛い

中村 英一 先生

熊本大学医学部附属病院 整形外科 講師

中村 英一 先生

指が痛い

指は頻繁に使う部位であるため、日常生活で痛みを感じる場面も多い事でしょう。また、痛みによって不便を感じやすい症状であるともいえます。

  • 何もしていないのに指がズキズキと痛みようになった
  • 指の痛みのほかにビリビリとしびれるような感じがある
  • 物を掴んだり握ったりすると指の関節に強い痛みがでる

このような場合、どういった原因が考えられるのでしょうか。

指の痛みは何らかの病気やケガが原因となって起こる場合があります。

指の痛みが症状として現れる関節や骨の病気・ケガには、主に以下のようなものがあります。

変形性関節症

変形性関節症とは、体の関節の骨を覆う軟骨がすり減る病気のことで、指の関節にも起こります。多くは、指の第1関節に起こりますが、まれに第2関節におこることもあります。

症状として、初期では物を掴んだりする時に痛みが現れることがあります。進行すると発症した関節が腫れて曲がったり、何もしていなくても痛みが現れるようになります。

親指の付け根に変形性関節症が起こると、初期に親指の付け根付近にだるい痛みが出ることが多く、進行すると包丁を使う動作や瓶のふたを開ける動作など、親指を使う動作で強い痛みが現れることがあります。また、関節が外れかかることもあり、その場合には骨のでっぱりを自覚するようになります。

 

突き指などのケガ

突き指は、軽い捻挫から靭帯の損傷や亜脱臼(あだっきゅう)(関節が外れかかった状態)、骨折まで、さまざまな状態が含まれます。

その中で、第1関節が曲がってしまい自力で伸ばすことができない状態を槌指(ついし)(あるいはつちゆび)といいます。

腱鞘炎

腱鞘炎とは、腱鞘という部分に炎症が起こる病気で、指に発症するものをばね指、手首に発症するものをドケルバン病といいます。

ばね指では、指の付け根に痛みや腫れ、熱感を感じるのが一般的で、症状が進行すると指の屈伸運動ではねかえるような動作「ばね現象」が伴うようになり、さらに進行すると、指を曲げると、自力では伸ばせなくなり、反対側の手で伸ばすとのびるような状態になります。

ドケルバン病では、親指を動かすなどの動作で手首にズキズキとした痛みを感じます。

   

骨折

骨折とは厳密にいえば骨が折れるだけでなく、骨にヒビが入る、骨の一部が欠ける、骨がへこむなども骨折に含まれます。骨折すると普通、その部分に激しい痛みと腫れがみられます。また、骨が近くの神経を刺激すると、骨折した部位付近にしびれが起こることもあります。

また、指のような細い骨では骨折に気づきにくい事もあり、また高齢者などではより気づかれにくい場合もあるため注意が必要です。

 

関節リウマチや乾癬性関節炎、強皮症などの病気でも指の痛みがみられることがあります。

関節リウマチ

関節リウマチとは、滑膜(かつまく)とよばれる関節包の内面を覆う部分に炎症を起こす病気で、特に30〜50代の女性に多いとされています。

ほとんどの場合、一つの関節だけでなく複数の関節が炎症を起こし、炎症した部分に痛みや腫れ、朝に起こる関節のこわばりが主な症状としてみられます。また、体の倦怠感や体重の減少、食欲不振などの全身症状を伴うこともあります。

 

乾癬性関節炎(かんせんせいかんせつえん)

皮膚の病気の一つに、赤い発疹の上に銀白色の皮膚のかさつきを伴う乾癬(かんせん)があります。これに関節の炎症を合併したのが乾癬性関節炎です。

乾癬性関節炎では、乾癬による皮膚症状、関節の炎症による炎症症状が現れます。炎症症状としては、炎症した関節に痛みや腫れが起こるのが一般的で、指の第一関節によくみられます。

 

強皮症

強皮症(きょうひしょう)とは、皮膚が硬くなる病気の総称です。

指先が白色や紫色に変化するレイノー現象が初期の症状として現れることが多く、ほかにも指関節の痛みやむくみ、指関節のこわばりなどの症状から始まることもあります。

皮膚が硬くなる症状は、指先や足先といった末端に最初現れ、次第に体の中心に近い部分に向かって硬くなっていくのが一般的です。

 

痛風

痛風とは、尿酸という物質が関節や腎臓の中に溜まって結晶化し、関節の激しい痛みや腎機能障害をまねく病気のことです。関節でいうと多くは足の親指の付け根が発症部位となりますが、膝関節や手指の関節など他の部位にも起こる事があります。

関節に尿酸がたまって結晶になると、激しい痛みが24時間以内をピークとして2〜3日ほど続きます。激しい痛みのほか、発赤、腫脹、熱感が生じます。

 

皮膚や全身の症状を伴う場合、激しい指の痛みがある場合には、早めの受診を検討しましょう。また、日常生活に影響のない程度の痛みであったとしても、続く場合には一度受診しておきましょう。

原因によって専門の科目が異なりますが、指の痛みが主な症状である場合にはまずは整形外科でよいでしょう。

受診の際は、どこが痛むのか、痛みのほかにどのような症状があるのか、症状が長く続いている場合にはその経過など、わかる範囲で詳しく医師に伝えると診断に役立ちます。

日常生活での指の動作が原因となって痛みが現れることもよくあります。

指を使いすぎると負荷がかかり、筋肉や腱が疲労したり傷ついたりして痛みが生じるようになります。そのまま使いすぎてしまうと、腱鞘炎など関節の病気を発症する可能性があるため注意が必要です。

指に負担がかかっていると感じたら

指の使いすぎが原因で痛みが現れているなら、できるだけ痛みのある指を使わずに安静にすることが対処の基本です。

仕事などでどうしても指を使わなければいけない場合には、一度医師に相談してみましょう。

スマートフォンを持つ際、下の面を小指で支えているという人は多いのではないでしょうか。

このような場合、小指に負荷がかかり続けるので、疲労などから特に小指の付け根あたりに痛みが現れることがあります。また、小指が変形したり、しびれたりすることもあります。

手に負担をかけない持ち方

スマートフォンの持ち方が影響していることから、小指で支えないように持つことが第一です。片方の手の平全体でスマートフォンを支えて、もう片方の手の指で操作すると負担なく使用できます。

指に負担がかからないように心がけても痛みがなくならない場合、思いもよらぬ原因が潜んでいる場合もあります。一度整形外科で診察してもらうようにしましょう。