新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

気管支喘息発作の予防方法。受診を第一に、発作を起こさないためのあらゆる工夫を

気管支喘息発作の予防方法。受診を第一に、発作を起こさないためのあらゆる工夫を
足立 満 先生

国際医療福祉大学 臨床研究センター教授、山王病院(東京都) アレルギー内科

足立 満 先生

気管支喘息は発作を繰り返すこともあり、患者さんは多くの負担を強いられます。気管支喘息発作を予防することはできるのでしょうか。また、どのように予防していくのでしょうか。国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王病院アレルギー内科の足立満先生にお話をお聞きしました。

気管支喘息の治療を進めるにあたり、大事なのは自己管理(自分の喘息の容態を常に自分で把握しておくこと)です。喘息は本人のみならず、患者さんのご家族の生活をも乱してしまう可能性があります。そのために、社会環境も整えていくことが今後は大切になってきます。

喘息治療で最も大切なことは、喘息発作を予防することです。ですからそのためにできる工夫をしていくことが重要と言えます。第一優先は長期管理予防薬(吸入ステロイド)の使用ですがその前に自分でできる事はないでしょうか。

たとえば、「喘息日誌」を付けてみましょう。ここに記載する内容は、発作の状況や薬の使用頻度・治療の記録などです。何をきっかけで発作が起こりやすいかがわかるうえ、薬の飲み忘れや飲み過ぎを防ぐこともできるでしょう。また、この日誌を主治医に診察時に見せることで、主治医が今後の治療方針を決め、より良い治療方法を提案してくれる可能性もあります。客観的指標であるピークフローメーターを一緒に記録するとさらに有用です。

アルコールやタバコを摂りすぎていませんか? これらの刺激物は気道の炎症を悪化させる原因となります。発作の誘因を避けることは非常に重要な予防方法のひとつです。アルコールやタバコは控えましょう。特に禁煙は絶対に必要です。

アレルゲンのもととなるダニやハウスダストを除外するために、部屋を清潔にすることが大切です。掃除をこまめにして、きれいな部屋を保っておきましょう。特に寝具それもシーツや敷き布団をしっかり洗ったりこまめに電気掃除機などできれいにすることが大切です。
また、ストレスも発作を起こす重大な要素ですので、あまりストレスをためすぎないよう適度に発散する工夫をしておくことが求められます。

日常生活でできる予防法には以下のようなものがあります。

  • 花粉の季節は外出の際にマスクをする
  • 家の中に入る際は服を払い、花粉を家の中に入れない
  • 季節の変わり目は気温の移り変わりが激しいため、服装を暖かいものにするよう心掛ける
  • 体に疲れを残し過ぎないよう、適度にストレッチや休息をとること

もしも、これらの発作予防法を意識していても発作が起きてしまったらどうすればよいでしょうか。
軽症発作であればプロカテロール(メプチン®)などを吸ってみることもあります(発作への対処法は『喘息発作の対処法とは。短時間作用性β2刺激薬(SABA)を吸入し、おさまらない場合は救急外来へ』)。しかし、症状が辛い場合には躊躇せず、とにかく受診することを心がけてください。喘息は、発作が起きるたびに気道が過敏になり、さらに発作を起こしやすくなります。ですから、気管支喘息になってしまったらそこであきらめるのではなく、できるだけ発作を起こさないように予防するよう吸入ステロイドを中心とした抗疾患治療の継続を意識することが大切なのです。

受診について相談する
  • 国際医療福祉大学 臨床研究センター教授、山王病院(東京都) アレルギー内科

    足立 満 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が17件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「気管支喘息」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。