新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

甲状腺がんの予後

甲状腺がんの予後
宮内 昭 先生

医療法人神甲会 隈病院 院長

宮内 昭 先生

甲状腺疾患の専門病院として全国でもトップクラスの隈病院で院長を務める宮内昭先生は、世界に先駆けて甲状腺がんの予後因子を明らかにしました。がんの進行を予測する「ダブリングタイム・腫瘍進行予測計算機」とはどんなものなのでしょうか。宮内昭先生にお話をうかがいました。

髄様がんでは血液中にカルシトニンというホルモンとCEA(Carcinoembryonic Antigen:がん胎児抗原)という物質が増えることが知られています。CEAは髄様がんだけでなく他のがんにおいても有効な腫瘍マーカーのひとつです。

私たちは甲状腺髄様癌に対する手術後に血清カルシトニン値が高値であり、どこかにがんが遺残していると考えられる患者さんの血清カルシトニン値が指数関数的に上昇することを見いだし、この変化のカーブから血清中のカルシトニンが倍加するまでの時間(ダブリングタイム)を個々の患者さんについて計算しました。カルシトニン・ダブリングタイムは、個々の患者さんによって大きく異なること、この値が髄様がんの予後―すなわち転移や再発、その後生存率を左右する要因として重要であることを明らかにし、1984年に世界で初めて報告しました。その後、20年以上の年月を経て、2009年のアメリカ甲状腺学会の髄様癌診療ガイドラインでもカルシトニンのダブリングタイム(Ct-DT)が予後因子として採用されました。

また、最近、私たちの研究チームは、乳頭がんにおいてはサイログロブリンのダブリングタイムがもっとも強力な予後因子であることを明らかにしました。サイログロブリンは甲状腺ホルモンの元になる前段階の物質で、甲状腺のさまざまな病気の指標として調べられています。

乳頭がんや濾胞がんで甲状腺を全部摘出した患者さんは、サイログロブリンの値を腫瘍マーカーとすることができます。甲状腺全摘によって低下していた血中のサイログロブリン値が高くなった場合は、頚部のリンパ節での再発や、肺や骨などへの遠隔転移が考えられるのです。

このほか、サイログロブリンのダブリングタイムを診断に利用するための条件としては、抗サイログロブリン抗体があると測定結果が不確かになるため、抗サイログロブリン抗体が陰性でなければなりません。また、TSH(脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン)が一定の条件下(0.1μIU/ml以下)で測定されたデータのみを使うことが妥当です。

隈病院では予後因子としてのダブリングタイムを診療に役立てていただけるよう、ダブリングタイム・腫瘍進行予測計算機(Doubling Time & Progression Calculator)を作成し、ホームページ(http://www.kuma-h.or.jp)で公開しています。Microsoft Excel®がインストールされているパソコンで使用できるエクセルファイルで、以下のような機能を持っています。

  1. 検査値のDT計算:血清腫瘍マーカー値の経時的変動から腫瘍マーカー・ダブリングタイム(DT)を計算する
  2. 体積のDT計算:腫瘍の大きさの経時的変化から腫瘍体積・DTを計算する
  3. 腫瘍進行の時間の予測:DTを用いて、大きさAの腫瘍が、大きさBに増殖するのに要する時間Cを計算する
  4. 未来の腫瘍進行の予測:DTを用いて、大きさDの腫瘍が、E時間後に増殖する大きさFを計算する

 

医療法人神甲会 隈病院「初診のご案内」はこちら

受診について相談する
  • 医療法人神甲会 隈病院 院長

    宮内 昭 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 医療法人神甲会 隈病院 院長

    日本外科学会 指導医・外科専門医日本内分泌外科学会 内分泌外科専門医

    宮内 昭 先生

    甲状腺・副甲状腺疾患の診療・研究に40年以上携わってきた。特に甲状腺がんの診断と治療を専門とし、この手術にともなう反回神経麻痺に対する頸神経ワナ・反回神経吻合による再建を日本で最初に考案・施行した。また急性化膿性甲状腺炎の原因となる一種の発生異常の存在を世界で初めて発見し、下咽頭梨状窩瘻と名付けた。カルシトニンのダブリングタイム(Ct-DT)が髄様がんの予後因子であることを世界で初めて報告し、最近ではサイログロブリンのダブリングタイム(Tg-DT)が乳頭がんの強力な予後因子であることを見出している。最近、小さい甲状腺乳頭癌が世界的に増加し、その取扱いが問題となっている。宮内の提唱により1993年から隈病院では世界で初めて低リスクの甲状腺微小乳頭癌に対して、非手術経過観察を行っており、大多数の微小癌は進行しないこと、少し進行してもその時点で手術を行えば手遅れとはならないこと、隈病院のような専門病院で手術を行っても、手術群の方が経過観察群より声帯麻痺などの不都合事象が多いことを明らかにした。この成果は2015年版アメリカ甲状腺学会の甲状腺腫瘍取扱いガイドラインに大きく取り上げられた。

    宮内 昭 先生の所属医療機関

    関連の医療相談が14件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「甲状腺がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。