【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 0fd30fba 5f17 4f0d 8736 a2829a7c0c55
前立腺がんの手術治療-手術の種類とメリット・デメリット
前立腺がんは局所療法として手術治療と放射線治療が考えられます。手術療法は比較的、侵襲の大きい治療法であるとされていますが、近年ではより患者さんの負担を少なくする手術方法が登場しています。大阪南医...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

前立腺がんの手術治療-手術の種類とメリット・デメリット

公開日 2017 年 12 月 24 日 | 更新日 2018 年 09 月 21 日

前立腺がんの手術治療-手術の種類とメリット・デメリット
上島 成也 先生

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター

上島 成也 先生

目次

前立腺がんは局所療法として手術治療と放射線治療が考えられます。手術療法は比較的、侵襲の大きい治療法であるとされていますが、近年ではより患者さんの負担を少なくする手術方法が登場しています。大阪南医療センターでは「腹腔鏡補助鏡視下小切開手術」などを取り入れ、より患者さんにとってよい治療を提供できるよう、取り組みが進められています。

今回は前立腺がんの手術治療について国立病院機構大阪南医療センター中央診療科総括部長、緩和ケア推進室長の上島成也先生にお話を伺いました。

前立腺がんの手術にはさまざまな種類がある

手術

前立腺手術には下記の通りさまざまな種類があります。

<前立腺がんの手術>

  • 開腹手術
  • 腹腔鏡手術
  • ロボット手術

また開腹手術にもいくつかの種類があり、大阪南医療センターでは切開の範囲を小さくし、腹腔鏡カメラと肉眼を両方駆使して行う「腹腔鏡補助鏡視下小切開手術」を中心に治療を行い、患者さんの術後の痛みが最小限に抑えられるように努めています。

前立腺がんの手術にはさまざまな手段がありますが、基本的にはどの手段を用いても前立腺を全摘します。

前立腺がん手術治療のメリット・デメリット

病理検査

メリットは病理分類がきちんとできること

手術の最大のメリットは、前立腺の全摘を行い、それを病理分類することができるため、がんを再診断して詳しくみることができるところです。がんは切除しその状態を詳しくみてみると、診断時に考えられていた臨床病期よりも進行していることもあります。詳しくみることができれば、それだけ進行を抑制する方法を検討することもできます。たとえば手術の結果、予想以上の進行が見られた場合には、補助治療として更にホルモン療法、放射線治療(外照射)を行うこともあります。

デメリットは侵襲があること

当然ですが手術は患者さんの体にメスを入れる治療方法なので、侵襲があり、術中に出血を起こすこともあります。また前立腺は尿道を囲むように位置しているため、排尿の均整を保つ役割を持っていることもあり、術後しばらくは尿失禁を起こしてしまうことがあります。しかし、この尿失禁は80〜90%の割合で3ヶ月以内に改善がみられることが多いです。

また、尿道に与えられる刺激を受ける環境が異なるために、尿意を起こす頻度の変化や、咳や起立の反動で起こる腹圧性尿失禁、性機能障害などが生じることもあります。

前立腺がんではリンパ節郭清(かくせい)はするのか

転移を調べるためにリンパ節の一部を切除

がんにはリンパ腺への転移をしやすいという性質があるため、場合によっては手術時にがんを切除するタイミングで周囲のリンパ節をまるごと切除する「リンパ節郭清」を行うことがあります。

しかし前立腺がんの場合、施設や手術の手段にもよりますが、大抵はリンパ節郭清ではなく、リンパ節の一部を切除するにとどまります。これは、リンパ節に転移があるかどうかを調べるためです。そのためまずは前立腺がんが最初に転移することが予想される部位(第一次リンパ腺)を切除する方法が一般的に行われています。

手術後の生存率・予後について

前立腺がんでは手術治療後も定期的にPSA検査を行い、前立腺がんの再発・再燃がないかどうかチェックを行います。手術治療後の予後はステージにもよりますが、大阪南医療センターでは年間30件の手術のうち、PSA数値によって判断される再発率は10%に満たない程度です。

医師とタッグを組んで最良の治療を受ける

上島成也先生

前立腺がんはがんの中では比較的進行がゆっくりで、すぐに命が奪われるような疾患ではありません。治療手段も早期に発見できれば患者さんのご希望に合わせて選択することができます。ですから患者さんのご希望をくみ取りながら、医師が治療方針を決めていけるよう、相談しながら治療を組み立てていくことが大切です。

特に大阪南医療センターの泌尿器科では疾患をみるのではなく、「患者さんをみさせていただいている」という気持ちで診療にあたっています。早期に発見された患者さんにも、進行がんで根治の難しい患者さんにも1人1人の不安があります。疾患だけでなく、それらの不安を少しでも和らげることができるように全力で診療に取り組んでいます。

 

1985年帝京大学医学部卒業。2014年より独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センターへ赴任。泌尿器科科長の他、中央診療科総括部長、緩和ケア推進室長も併任。

「前立腺がん」についての相談が8件あります

関連記事