指のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

指のしびれ

[医師監修] メディカルノート編集部

[医師監修] メディカルノート編集部

指は日常的によく動かす場所のため、しびれなどの違和感が生じた場合気になりやすい場所といえるでしょう。

  • 片手の親指から薬指までの4本がジンジンとしびれて、痛くて動かせない
  • 指先の動きが悪く、細かい動作が難しいと思うことがある
  • 冷え性ではないのに手足の指先が冷たく感じ、しびれるときがある

このような症状が現れた場合、考えられる原因にはどのようなことがあるでしょうか。

手足の指のしびれは、骨や神経が圧迫されて起こることもあれば、体の病気が原因となっていることもあります。

考えられる病気のうち、骨や神経が原因となっている場合の主な病気は次の通りです。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手の付け根には手根管(しゅこんかん)というトンネルがあり、その中に正中神経(せいちゅうしんけい)という親指から薬指半分までの感覚や運動を司る神経が通っています。この神経が圧迫されてジンジンとしたしびれや痛みが生じる病気が手根管症候群です。

しびれと痛みは親指から薬指半分(親指側)までで、薬指半分(小指側)と小指には生じません。特に中指にしびれと痛みが現れることが多く、明け方に強くなるのが特徴です。また、手首(手関節)を叩くとしびれと痛みが指先に響きます。

手根管症候群
関連記事数: 1記事

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

正中神経のほか、肘関節の内側には肘部管(ちゅうぶかん)というトンネルがあり、その中に尺骨神経という神経が流れています。

正中神経は親指から薬指半分(親指側)の感覚や運動を司っているのに対して、尺骨神経は薬指半分(小指側)と小指の感覚や運動を司っています。

この尺骨神経が圧迫されるなどして、薬指半分(小指側)と小指にしびれや痛みが生じる病気が肘部管症候群です。肘部管症候群では、肘の内側あたりを叩くと痛みとしびれが指先に響きます。

肘部管症候群
概要・原因・症状・...

頚椎椎間板ヘルニア

背骨のうち首にある骨を頚椎(けいつい)といい、骨と骨の間にはクッションの役割を果たす椎間板(ついかんばん)というゼリー状の物質が詰まっています。

何らかの原因によってこの椎間板が飛び出る病気を頚椎椎間板ヘルニアといい、飛び出た椎間板が脊髄や神経根などを圧迫するとしびれや痛みが起こります。

しびれと痛みは主に首の後ろ、肩、腕、手(指)などに生じ、圧迫部位によってしびれと痛みが現れる場所は異なります。圧迫の程度が強いと麻痺し、手足が動かなくなることもあります。

頚椎椎間板ヘルニア
関連記事数: 8記事

脊柱管狭窄症

背骨の中の管のような空間のことを脊柱管といい、この中を脊髄が通っています。この管が狭くなる病気が脊柱管狭窄症です。

脊柱管が狭くなると神経や神経とともに流れる血管が圧迫されて、手足や指にしびれや痛みが生じるようになります。圧迫部位によって症状が出る場所が異なり、一般的には背骨の首あたりに発症すると手や手指にしびれや痛みが現れます。

また、手足や指が細かく動かせなくなる、つまずきやすくなる、尿や便が出にくくなるなどの症状が現れる場合もあります。

脊柱管狭窄症
関連記事数: 6記事

体の病気の一症状として手足の指にしびれが生じることも多く、考えられる病気としては主に次のようなものがあります。

糖尿病

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が異常に高い状態が続く病気のことです。

発症初期には無自覚・無症状のことがほとんどですが、悪化した場合には多尿や口の乾き、多飲などの症状が現れるようになります。高血糖状態が続くことで末梢神経が障害を受けると、手足や指にしびれや痛み、感覚が鈍くなるなどの症状が現れます。

自律神経が障害を受けることも多く、その場合には便秘や下痢、立ちくらみ、排尿障害、勃起不全などの症状がみられるようになります。

糖尿病
関連記事数: 65記事

脳卒中

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、脳の血管が破れたり詰まったりする病気を総称して脳卒中といいます。典型的な症状としては、以下が挙げられます。

  • 手足/指・顔半分のしびれ・麻痺
  • ろれつが回らない、言葉がうまく出ない、他人の言うことが理解できない
  • 力はあるのに立てない、歩けない、フラフラする
  • 片方の目が見えない、モノが2つに見える、視野の半分が欠ける
  • バッドで殴られたような激しい頭痛がする(くも膜下出血)

このような症状が突然現れるようになります。しびれに関しては手足/指と顔半分に同時に起こることもあれば、手足/指のみ顔のみの場合もあります。

脳卒中
関連記事数: 61記事
脳梗塞
関連記事数: 33記事
脳出血
関連記事数: 13記事
くも膜下出血
関連記事数: 23記事

レイノー病

緊張したときや冷気に触れたときに、手足の指先にある動脈が収縮して血液の流れが一時的に悪くなる状態を「レイノー現象」といい、病気が原因となっている場合には「レイノー症候群」、原因が明らかでない場合には「レイノー病」と呼びます。

典型的な症状は指先の色調変化で、指先の皮膚の色が白、紫、赤というように順番に変化していきます。この色調変化は特に人差し指、中指、薬指によくみられ、多くは数分から20分程度で回復します。色調変化のほかにも痛みやしびれが生じることもあります。

レイノー病
概要・原因・症状・...

バージャー病

バージャー病とは、手足の動脈が炎症によって狭くなり、血流が悪くなってしまう病気です。発症者の大半は男性で30歳代以降に多いとされています。

血管が狭くなることによって、手足(指先が多い)の皮膚の色が白くなったり冷たさを感じるようになったりします。また、チクチクした痛みやしびれが生じることも多く、寒い環境に手足がさらされた場合には上で挙げたレイノー病と同様の色調変化が生じることもあります。

バージャー病
関連記事数: 4記事

手足の指のしびれが長く続いている場合、しびれが強くなっていると感じる場合、痛みや動かしづらいなど何らかの症状が伴っている場合には一度病院を受診しましょう。

原因によっては専門科目が異なる場合もありますが、指のしびれを主な症状として受診するならまずは整形外科でよいでしょう。

診察のときに、指のしびれがいつから続いているか、どの指がしびれているか、どのようなときにしびれが出るのか(動作時だけ・常にしびれるなど)、他の症状などについて具体的に伝えましょう。