ろっかんしんけいつう

肋間神経痛

神経

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

肋間神経痛とは、肋骨(ろっこつ)の下を走る神経に何らかの原因で痛みが生じることです。肋間神経痛自体が一つの病気なのではなく、あくまで原因となる病気や外傷、解剖学的な異常が引き起こす症状のひとつとして捉えられています。

肋間神経は、12個ある胸椎(きょうつい)の間から左右に対となって出て各肋骨の下を走り、胸壁と腹壁の筋肉や皮膚の運動・知覚を司っている末梢神経です。肋間神経痛は5~9番目の肋間神経に生じることが多く、通常は左右のうち一側に起こるものです。

症状の程度や現れ方は原因によってさまざまですが、特に病的な異常がない原発性肋間神経痛と、何らかの病気に起因する続発性肋間神経痛に分けられます。

原因

肋間神経痛は大きく2つに分けられますが、それぞれの主な原因は以下の通りです。

原発性肋間神経痛

病気や外傷、解剖学的な異常がないにもかかわらず発症します。ストレスによるものが多いとされていますが、不適当な姿勢を長時間続けることで肋間神経が骨などによって直接刺激されて発症することもあります。

また、筋肉のコリによって発痛性物質が放出されて痛みを引き起こすことも知られています。

続発性肋間神経痛

何らかの病気や外傷、解剖学的な異常によって生じるものです。さまざまな原因がありますが、それぞれ以下のようなことが原因として挙げられます。

  • 病気:胸膜炎、肺がん、肺炎などの胸郭内病変、脊椎(せきつい)や肋骨の腫瘍、帯状疱疹など
  • 外傷:肋骨骨折、肋軟骨炎など
  • 解剖学的異常:椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、側弯症など

多くは、肋間神経を直接刺激することで発症します。一方、帯状疱疹は、ウイルス感染によって生じ、通常は皮疹(ひしん)を伴いますが肋間神経痛だけが生じることもあります。

症状

特定の肋間神経に生じる痛みであるため、その肋間神経が支配する筋肉や皮膚の領域のみの痛みが生じます。痛みは非常に強いことが多く、広範囲ではなく、範囲が限られた痛みであることが特徴です。

原発性の場合は、強いストレスを感じたり、肩や背中が凝っているときにズキズキとした痛みを感じたりします。症状は発作的で、比較的早く治まるのが特徴です。

一方、続発性の場合は、上半身を動かしたり、前かがみになったりしたときに肋間神経への圧迫が強くなって非常に強い痛みが生じます。また、帯状疱疹ではピリピリとした表層部の痛みが生じ、特有の皮疹を伴わないことも多いです。

検査・診断

肋間神経痛が生じた場合には、まず病的な原因がないかを検査します。主に行われるのは以下の画像検査です。

レントゲン検査

肋骨や脊椎の骨折、腫瘍などの異常を評価できる検査です。しかし、肋骨骨折はレントゲン検査でははっきりわからないことも多々あります。他にも、肺炎や肺がんなどの胸郭内病変を発見することが可能です。

CT検査

肋骨や脊椎、胸郭内の病変を詳しく観察できる検査です。レントゲンではわからない骨折を発見することもできます。

MRI検査

椎間板ヘルニアなどの脊椎病変を観察できる検査です。椎間板の圧迫や脱出などを詳しく評価することが可能です。また、脊椎にある病気の治療方針を決めるうえでも重要な検査となります。

また、肋間神経痛は胸壁や腹壁に痛みが生じるため、画像検査で明らかな異常がない場合には狭心症などの心疾患や消化器病変がないかを調べるために、心電図検査、心臓超音波検査、血液検査、内視鏡検査などが行われることもあります。

治療

軽度~中等度の肋間神経痛は、消炎鎮痛剤など内服や湿布によって改善することが多いです。リハビリや運動療法が並行して行われることもあります。

続発性の場合には原因となる病変の治療が必要となり、それぞれに適した手術や患部の固定、服薬治療などの治療が優先して行われます。特に帯状疱疹は早期から抗ウイルス薬を投与しないと症状が長引くことがあるので注意が必要です。

また、原発性や原因疾患の治療が困難である続発性のなかで、内服治療によっても痛みが改善しない場合には、肋間神経ブロック注射が行われることがあります。これは、原因の肋間神経に麻酔薬とステロイドを直接注入して痛みを麻痺させる効果が期待できるものです。