クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Lung
間質性肺炎
間質性肺炎とは、肺の「間質」という部分に生じる肺炎の一種を指します。肺の構造を詳しくみると、空気が入る部屋がいくつも存在しています。空気の入る部屋はそれぞれ「間質」と呼ばれる壁で区切られており、...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
肺
更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

間質性肺炎とは、肺の「間質」という部分に生じる肺炎の一種を指します。肺の構造を詳しくみると、空気が入る部屋がいくつも存在しています。空気の入る部屋はそれぞれ「間質」と呼ばれる壁で区切られており、肺の組織は全体として蜂の巣のような構造をしています。主に間質において炎症が生じることを、間質性肺炎と呼びます。

病気が進行すると間質が破壊されてしまい、肺の構造が著しく障害を受けます。その結果として、肺が本来持つガス交換としての機能が損なわれてしまいます。間質性肺炎を発症すると、肺での酸素供給がうまくいかなくなり、結果として息苦しさを感じるようになります。

進行は比較的緩やかであることもあり、息切れの症状があっても、ちょっとした疲れ程度に捉えられることがあります。そのため、医療機関への受診時には病気がすでに進行していることもまれではありません。より早期の段階から治療を受けることが大切であるため、疑わしい症状がある際には早い段階で医療機関を受診することが重要であるといえます。

原因

間質性肺炎の原因として,膠原病(全身性エリテマトーデスや強皮症など)などの自己免疫疾患に伴うもの、アスベストなどの粉塵(ふんじん)を吸い込んだことによるもの、羽毛やカビなどを吸い込んでアレルギーを起こしたもの、抗がん剤などの薬剤や放射線照射に由来するものなどを挙げることができます。

このように原因を特定できるタイプの間質性肺炎がある一方、原因を同定できないものもあり、それらを特発性間質性肺炎と呼びます。特発性間質性肺炎はさらに、特発性肺線維症・特発性非特異性間質性肺炎・急性間質性肺炎など9型に分類されています。間質性肺炎のなかでも原因の特定できないことは多いです。

間質性肺炎はタイプに応じて治療反応性や病気の進行度なども多様であるため、最大限の治療効果を得るためにもタイプを同定することはとても大切です。

症状

間質性肺炎では、呼吸器関連の症状として咳や息苦しさなどがみられるようになります。細菌性肺炎などでみられるような咳では痰が絡むことが多いですが、間質性肺炎では痰が絡まないタイプの空咳であることが特徴です。

病状が進行すると徐々に正常の肺組織が破壊されていきます。肺が破壊されると酸素の取込みがうまくできなくなるため、息苦しさを自覚するようになります。初期の段階では、運動に伴って息苦しさを感じるようになりますが、病状が進行すると日常生活のちょっとした動作でも苦しさを自覚するようになります。そのため、日常生活の活動が著しく制限されるようになります。

ここで挙げたような症状は、慢性的に、しかし進行性に進むことが多いです。特に病初期においては単なる疲れや体調不良程度に捉えられることもあり、医療機関受診の遅れにつながることもあります。また、ときに急激な進行様式をとることもあるため注意が必要です。

検査・診断

検査は、問診と身体診察に加えて、血液検査、画像検査、呼吸機能検査、気管支肺胞洗浄、胸腔鏡下肺生検などの検査が検討されます。

血液検査では、肺が破壊されていることや病気の活動度を推定するために、LDHやKL-6などを測定します。また、肺組織が破壊されることを観察するための画像検査も重要であり、単純レントゲン写真やCT(エックス線を使って身体の断面を撮影する検査)などがこの役割を担います。

これらの検査は外来でも行うことが可能な検査ですが、より詳細に病態を評価するためには気管支肺胞洗浄、胸腔鏡下肺生検なども検討されます。これらの検査を行うことで、間質性肺炎の状態・原因がより明確になります。

治療

間質性肺炎の原因は多岐に渡るため、治療方法の選択をするうえで間質性肺炎のタイプを決定することはとても重要です。たとえば膠原病が原因のものであればステロイドや免疫抑制薬を使用しますし、アレルギー性のものであれば原因となるアレルゲンへの暴露を減らすことになります。また、特発性間質性肺炎の中でも特発性肺線維症と呼ばれるタイプに対しては、抗線維化薬という肺の線維化を抑える薬を検討します。

病状が進行すると、徐々に日常動作が制限されることになります。動作に関連した呼吸困難を軽減することを目的として、在宅酸素療法が導入されることもあります。

間質性肺炎は、タイプによって進行様式・治療方法が異なります。より高い治療効果を得るためにも、疑わしい症状があるときには早期に医療機関を受診することが大切です。

間質性肺炎の記事を読む

間質性肺炎の記事にご協力いただいている医師