【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 63130330 af29 4785 99c1 f732025df795
糖尿病の食事療法。「普通の食事」で血糖コントロール
糖尿病の患者さんにとって、食生活を見直し、適切な食事療法を行うことは非常に重要です。食生活を見直すことで、糖尿病が進行して起こる重篤な合併症の危険性を減らすことができます。糖尿病の食事療法につい...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

糖尿病の食事療法。「普通の食事」で血糖コントロール

公開日 2016 年 04 月 08 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

糖尿病の食事療法。「普通の食事」で血糖コントロール
張 日怜 さん

独立行政法人 労働者健康福祉機構 横浜労災病院 栄養管理部

張 日怜 さん

松澤 陽子 先生

松澤内科・糖尿病クリニック 院長

松澤 陽子 [監修]

糖尿病の患者さんにとって、食生活を見直し、適切な食事療法を行うことは非常に重要です。食生活を見直すことで、糖尿病が進行して起こる重篤な合併症の危険性を減らすことができます。糖尿病の食事療法について、横浜労災病院栄養管理部の張 日怜(ちゃん いるりょん)さんにご説明していただきました。

糖尿病とは―合併症がこわい生活習慣病のひとつ

糖尿病は、生活習慣病のひとつであり、血液中のブドウ糖の濃さを示す「血糖値」の高い状態が続く病気です。糖尿病そのものでは痛みなどは伴いませんが、進行することによって全身の血管が障害され、重篤な合併症を発症する恐れがあります。

糖尿病の3大合併症は、眼の網膜内の血管が障害される糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)・腎臓の機能低下を招く糖尿病性腎症・足などのしびれや痛みを引きおこす糖尿病性神経障害です。これらを発症すると、最悪の場合、糖尿病網膜症では失明、糖尿病性腎症では人工透析、糖尿病性神経障害は手足の壊疽(えそ・壊死した組織が細菌感染などによって腐敗すること)の一因となり、場合によっては手足の切断につながるなど重大な影響を及ぼします。

そのほか、糖尿病の合併症には動脈硬化による大血管障害(太い血管がつまるなどの病気)があります。動脈硬化とは、血管の壁にコレステロールなどがたまり血液の流れが滞ることです。動脈硬化は、糖尿病初期に見られる「食後だけが高血糖」の段階の時点ですでに発症率が高くなっています。

大血管障害に分類される主な合併症は、ことばの障害や手足の麻痺などの後遺症が残りやすい脳梗塞や、激しい胸の痛みに襲われ、突然死もあり得る心筋梗塞です(※糖尿病性神経障害が進行していると、痛みに気づかないこともあります)。

また、糖尿病になると、歯周病・がん・認知症の発症率も高まることがわかっています。最近の研究では、「歯周病の治療をすると、血糖コントロールが改善された」との報告もあります。

糖尿病の治療には糖尿病コントロールのピラミッド「食事・運動・薬」を意識する 

血糖値が上がりやすい体質を変えることはできません。しかし、正しい治療により病気の進行を抑え、糖尿病をコントロールして合併症を予防することはできます。

そのため、「糖尿病コントロールのピラミッド」の図のように、まずは食事を改善して、適度な運動を生活に取り入れ、薬も上手に組み合わせるといった、バランスのとれた治療が重要になります。

 

食事療法について

以下は、上記3つのうち最も重要で基本となる食事療法の詳細です。

●生活改善

糖尿病の患者さんには、摂取エネルギーの多さや偏った食事、運動不足が多く見られます。したがって、食事バランスを整え、適度な運動を行うことで血糖値のコントロールが可能になります。

●特別な食事は必要ない

糖尿病の食事療法は治療の基本になりますが、特別な食事が必要というわけではありません。甘いものや炭水化物を一切断つなど、極端な制限は必要なく、食べる量をやみくもに減らすことも不要です。

重要なのは摂取エネルギーを適正にすることにあります。摂取エネルギーは摂り過ぎても不足しすぎても、体に負担がかかり血糖コントロールが乱れるもとになります。

適正エネルギー量を計算してみる

まず、ご自身が1日の食事でどのくらいのエネルギー量を食事から摂ればよいのか、計算してみましょう。

<適正エネルギーの計算方法>

身長(m)×身長(m)x22 = 標準体重(kg)

標準体重(kg)×25~30kcal = 1日の適正エネルギー量(kcal)

※かけるカロリー数は、1日の運動量が多い方(重労働をしている方や運動習慣のある方など)は30kcal、あまり動かない方は25kcalをかけます。

※ただし、糖尿病性腎症が進行している方(腎臓の機能が低下している方)の場合は基準が異なりますので、主治医に相談してください

①適正エネルギー表一覧

1日の適正エネルギー量
身長(㎝) 標準体重(㎏) 適正エネルギー(kcal/日)
140 43 1110~1300
145 46 1200~1400
150 49 1300~1500
155 53 1400~1600
160 56 1400~1700
165 60 1500~1800
170 63 1600~1900
175 67 1700~2000
180 71 1800~2100
185 75 1900~2200

上記の適正エネルギー量を参考にして、日々の食事を意識して摂ってみましょう。現在では、外食先のメニューにエネルギー量(カロリー)が表示されていることも増えてきました。

食事療法の3大ポイント

食事療法をすすめる上で重要なのは以下の3ポイントです。

●時間:規則正しく

生活リズムを整え、食事と食事の間隔を一定にします。食事を抜いたり、食事の時間が不規則だと血糖値が安定しません。とくに働いている方は、朝食抜きや、休日になると食事の時間が不規則になるといったことが起こりがちです。毎日同じ時間に規則正しく食事を摂ることを心がけましょう。

●量:ムラなく

1日の適正エネルギー量を3等分し、朝・昼・夜に分けて食べるようにします。食事の量が多すぎても少なすぎても、血糖コントロールには悪影響です。1日2食の「まとめ食い」や夕食への配分過多は、空腹時の低血糖や食後の急激な血糖上昇などが起こりやすくなります。

また、間食はなるべく避けましょう。やむをえず間食する場合は、そのエネルギー量も1日の適正エネルギー量の計算に入れることを忘れないようにします。1日のエネルギー適正量の10%を超えないことが目安です。

●内容:バランスよく

一般的には1日の適正エネルギー量の配分は炭水化物50~60%、タンパク質15~20%、脂質20~25%です。

主食一覧(炭水化物エネルギー比率50~60%)
適正エネルギー(kcal/日) 米飯(g) ロールパン(g) 食パン(g) ゆで麺(g)
800 80 1個(30g) 6枚切り1枚(60g) 2/3玉(160g)
1000 100 2個(60g)
1200 120
1300 130 8枚切り2枚(90g) 1玉(240g)
1400 140
1500 150
1600 160
1700 170 3個(90g) 6枚切り2枚(120g) 1と1/4玉(300g)
1800 180
1900 190

具体的には「主食・主菜・副菜」が揃っていることが理想的とされます。主食とは体を動かすための力の源になる炭水化物(米・パン・麺など)です。主菜とは筋肉や血液など、身体を作るもとになるタンパク質(肉・魚・卵・豆腐など)、副菜は体の調子を調整する働きを持つ野菜や海藻類が当てはまります。これらがバランスよく体内に摂取されることで体に十分な栄養がいきわたり、代謝が循環し、効率的にエネルギーを燃やすことができます。

主食・主菜・副菜それぞれに目安となる量がありますので、下記を参照してみてください。

●外食・中食:「主食・主菜・副菜」の組み合わせを忘れずに

パン食の場合は、菓子パンではなく野菜が入ったサンドイッチを選びましょう。また、サラダや乳製品を組み合わせると、食物繊維やタンパク質もまんべんなく摂れます。お弁当類は、野菜・魚・肉などが少量ずつ多種類入ったバランスの良いものが最適です。外食の場合も、必ずサラダやお浸しを加えてください。メニューにない場合は、ネギをたっぷりトッピングするといった工夫もできます。

なお、糖尿病患者さん向けの宅配食ならば、料理の手間も省け、カロリーや糖質、塩分に毎回気をつかわずに済むので、用途に合わせ上手に利用すると良いでしょう。

糖尿病治療は、単に「血糖値を下げること」が目的ではありません。

色々な糖尿病合併症によって生活に支障がでることを予防し、患者さんご自身に充実した豊かな人生を楽しんでいただくことが、治療のゴールです。

※薬物療法については河盛隆造先生の記事『糖尿病の薬物療法-正常な“糖のながれ”を再現する治療法』の記事を参照してください。

※運動療法については同じく河盛隆造先生の記事『糖尿病の治療について-食事・運動・薬物療法で“糖のながれ”を是正する』にて触れられています。

 

慶応義塾大学大学院社会学研究科・千葉大学医学部を卒業後、横浜労災内分泌・糖尿病センターなどを経て、2014年に松澤内科・糖尿病クリニックを開業。「やる気と元気を引き出す糖尿病治療の実現」をテーマとして、患者の生活に合った治療法を共に考えることを重視した医学的支援を行っている。

東京家政学院大学を卒業後、神奈川県立こども医療センター栄養管理科を経て、2007年より横浜労災病院栄養管理部。総合病院に訪れる幅広い患者さんの栄養管理に対応し、癌術後や化学療法、肝疾患、低栄養、嚥下、摂食障害など、多種多様な疾患や障害に携わる。また糖尿病療養指導士の資格を所持しており、特に糖尿病、腎疾患、循環器疾患を中心に栄養指導と栄養管理を行っている。

関連記事