インタビュー

てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い

てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い
中里 信和 先生

東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野教授

中里 信和 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

この記事の最終更新は2015年05月06日です。

てんかんのある女性が妊娠に対して抱く不安は尽きません。今回は出産時の流産のリスクと、授乳期の薬物療法についてご説明します。

妊娠中のてんかんの患者さんは不安が多いもの
妊娠中のてんかんの患者さんは不安が多いもの

妊娠中に発作頻度が増えるのでは、と考える人も多いかもしれません。ある報告によると、妊娠中に発作頻度が増えるのは3分の1、妊娠前と変わらない人が3分の1、妊娠前よりも頻度が減少する人が3分の1とのことです。つまり、妊娠したからといって発作の頻度が増えるとは言えないのです。「変化なし」と考えてよいでしょう。

妊娠中のてんかん発作で流産を心配する方もいますが、通常は心配することはありません。大発作でも呼吸停止はせいぜい30秒程度ですから、赤ちゃんは十分に耐えることができます。生まれてくる時のがまんの方が、赤ちゃんはもっと大変でしょうね。

ただし、てんかん発作でも「大発作の重積状態」は別です。大発作の重積状態とは、てんかん発作が何度も反復し、その間の意識の回復がない状態をさします。これは母親の命にも関わる一大事です。一方、それ以外の単発発作は、妊娠中のリスクにはなりません。

妊娠中に薬の量を減らすべきか増やすべきかという質問は、多くの患者さんから寄せられます。結論から言うと、妊娠前の処方をキープするのが今のスタンダードです。
妊娠中の発作頻度は大きくは変化しません。そのまま通常通り飲むのが無難でしょう。

母乳にはさまざまなメリットがあります。妊娠中に、抗てんかん薬は胎盤を通して赤ちゃんにも移行していますから、出産後にわざわざ母乳断ちする必要はありません。赤ちゃんが離乳食に移行する間に、抗てんかん薬の摂取量は徐々に減っていくことになります。
ただし抗てんかん薬の中でも、フェノバールやベンゾジアゼピン系など、鎮静効果の強い薬の場合は、赤ちゃんの傾眠(うとうとと眠りに入りやすい状態)をもたらす可能性がありますので、これらを服用している方は赤ちゃんに母乳を与えない方がよいでしょう。とはいえそもそも、てんかんについて正しい知識を持っている医師は、フェノバールやベンゾジアゼピン系の薬は、妊婦可能な年代の女性には処方しないのが普通です。

記事1:てんかんの問診と検査─外来で可能なことと、入院で行うべきこと
記事2:てんかんとは─誰でも何歳からでも発症する可能性のある病気
記事3:てんかん3 てんかんの治療のゴール─「発作ゼロ、副作用ゼロ、将来への不安ゼロ」
記事4:てんかん4 てんかんの外科治療─薬で発作が消えない場合は手術を考えよう
記事5:てんかん5 てんかんと運転─基本は「自分のてんかんを正しく知る」こと
記事6:てんかん6 てんかんと妊娠(1)─多くの場合、特別扱いは不要
記事7:てんかん7 てんかんと妊娠(2)─てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い
記事8:てんかん8 てんかんと日常生活1
記事9:てんかん9 てんかんと日常生活2
記事10:てんかん10 てんかんの助成制度1
記事11:てんかん11 てんかんの助成制度2
記事12:てんかん12 てんかんの助成制度3
記事13:てんかん発作の対処法
記事14:てんかん発作の種類。けいれんや意識障害など種類はさまざま
記事15:てんかんと仕事ー発作の有無がポイントになる

受診について相談する
  • 東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野教授

    中里 信和 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。