【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 88c2f510 6386 49c1 be99 d93730235b64
てんかんと日常生活1―お酒はNG、コーヒーはOK
てんかんがあり、抗てんかん薬を服用している人は、日常生活を制限されてしまうのでしょうか。発作を防ぎ、健康な人と同じように生活するために気をつけたいいくつかのポイントをご紹介します。てんかんと飲酒...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

てんかんと日常生活1―お酒はNG、コーヒーはOK

公開日 2015 年 05 月 29 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

てんかんと日常生活1―お酒はNG、コーヒーはOK
中里 信和 先生

東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野教授

中里 信和 先生

てんかんがあり、抗てんかん薬を服用している人は、日常生活を制限されてしまうのでしょうか。発作を防ぎ、健康な人と同じように生活するために気をつけたいいくつかのポイントをご紹介します。

てんかんと飲酒:発作がコントロールできなければ禁酒を

てんかんとお酒は相性がよくありません。飲酒すると、以下の3つの理由によって発作を引き起こしやすくなるのです。発作がコントロールできていないうちは飲まない方が良いでしょう。

◆脳に直接作用する

お酒は直接脳に作用して発作を起こしやすくします。大量飲酒で痙攣を起こすこともあります。

◆睡眠の質を下げる

お酒は睡眠の質を下げます。お酒は寝付きが良くなるように見えて、実は睡眠を浅くし、翌日睡眠不足を引き起こします。睡眠不足によって発作が起こりやすくなってしまいます。

◆薬との相性も悪い

アルコールは肝臓で代謝されますが、薬も同様に肝臓で代謝されているので相互作用が起きます。

以上の理由から、てんかんの患者さんには「禁酒」を強くお勧めします。発作がコントロールされている時も、家族が見ている時に少量飲むという程度にしておいて下さい。少量に留めるほうがかえって難しいと感じるのであれば、やはり禁酒したほうが賢明です。

また、お酒を飲んでしまったからといって、薬を中断するのは絶対にしないでください。たとえお酒を飲んでしまったとしても、薬は医師からの指示通り服用することが大切です。

てんかんと誤診されている人の中にはアルコール依存症の人もいます。アルコール依存症では、アルコールが切れると離脱症状として全身が痙攣することがあるからです。

てんかんとコーヒー:常識的な量であればOK

コーヒーは、てんかん発作を引き起こす要因ではありません。コーヒーは飲んでも問題ありません。ただし、あくまで常識の範囲内で楽しんでください。てんかんの有無にかかわらず、10杯以上飲むと命に関わることがあるので、飲み過ぎは禁物です。

てんかんと喫煙:てんかん発作とは無関係だが百害あって一利なし

タバコを吸っても、てんかんのリスクが高まるわけではありません。てんかんの治療という面から見れば、禁煙する必要はありません。

ただし、タバコが健康への悪影響を及ぼすことは明白です。他の病気の原因にはなりうるので、禁煙するに越したことはありません。

また、意識を失う発作を起こした際、タバコの火による火傷や火事のリスクはゼロではありません。火元には十分気をつけた方が良いでしょう。

てんかんとストレス:睡眠不足は発作の引き金に

ストレス自体がてんかんに直接何らからの影響を与えるというわけではありませんが、過度なストレスによって睡眠の質が落ちるなどして睡眠不足になるとよくありません。睡眠不足だと発作が起きやすくなるためです。

とはいえ、現代社会において、ストレスがまったくないというのは考えにくいことです。運動など、自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスを上手に処理できるよう工夫していきましょう。

記事1:てんかんの問診と検査─外来で可能なことと、入院で行うべきこと
記事2:てんかんとは─誰でも何歳からでも発症する可能性のある病気
記事3:てんかん3 てんかんの治療のゴール─「発作ゼロ、副作用ゼロ、将来への不安ゼロ」
記事4:てんかん4 てんかんの外科治療─薬で発作が消えない場合は手術を考えよう
記事5:てんかん5 てんかんと運転─基本は「自分のてんかんを正しく知る」こと
記事6:てんかん6 てんかんと妊娠(1)─多くの場合、特別扱いは不要
記事7:てんかん7 てんかんと妊娠(2)─てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い
記事8:てんかん8 てんかんと日常生活1
記事9:てんかん9 てんかんと日常生活2
記事10:てんかん10 てんかんの助成制度1
記事11:てんかん11 てんかんの助成制度2
記事12:てんかん12 てんかんの助成制度3
記事13:てんかん発作の対処法
記事14:てんかん発作の種類。けいれんや意識障害など種類はさまざま
記事15:てんかんと仕事ー発作の有無がポイントになる

2010年3月、大学病院初の「てんかん科」を設立。2011年4月には研究講座名を「てんかん学分野」と改名。てんかんの診療改革として、「1時間外来」や「2週間検査入院」を展開。研究面では、超伝導センサを使った脳磁図計測を、てんかんの診断や脳研究に応用する国際的権威。教育面では、てんかんへの偏見や差別を取り除くアウトリーチ活動を展開している。

関連記事