インタビュー

てんかんと仕事ー発作よりも「能力」で考える

てんかんと仕事ー発作よりも「能力」で考える
神 一敬 先生

東北大学大学院医学系研究科てんかん分野 准教授

神 一敬 先生

中里 信和 先生

東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野教授

中里 信和 先生

てんかんの人は、一部の例外を除いて、どんな仕事にも就くことができます。職業に対する心配、職場に病気を告知するべきかどうか、てんかんと「仕事」にまつわる不安を解消します。

制限のある仕事:発作で命に関わる職業以外はOK

てんかんの人は、基本的にどんな職業にもつけます。ただ、例外があります。発作で意識を失った際に、本人や他の人に命の危険が伴うような職業です。

◆運転を伴う仕事

発作が残っている人は運転することができません。発作がなかったとしても、運転を仕事にすることは避けなければなりません。トラックや列車などの特殊車両、飛行機、船舶の運転はできません。
※一般に普通車の運転は2年間発作がなければ許可されます。

◆高い所での作業を伴う仕事

とび職、建設作業員は、高所での作業に際して、意識を失う発作が起きた場合に転落の危険性があります。
自衛隊員や消防士も同様に危険ですので、発作が残っている人はなれません。
但し、自衛隊員や消防士の方が就職後、途中からてんかんを発症された場合には配置転換により業務内容を配慮されることもあります。

◆銃に関する仕事

銃に関する仕事についても、安全上の問題から制限があります。

以前でしたら、てんかんのある人は医師や美容師などにはなれませんでした。しかし、現在は基本的に国家試験を受けることができ、発作さえおさまれば職に就くことができます。

職場への告知:「具体的に」伝えるのが理想

てんかんがあることを職場に伝えるべきかどうか、迷う人も多いでしょう。理想は、発作の有無にかかわらず職場に伝えることです。事前に告げておいた方が、万が一発作を起こした場合に、職場の理解が得やすくなります。

残念ながら、それまで病気を告知せず、急に発作が起きた場合、職場からの理解がなければ解雇されるリスクがあるのも事実です。不当な解雇ではありますが、現実にこのようなことがあるのです。もし発作がある場合は、必ず伝えるようにしましょう。

就職先や相談員に伝えるにはコツがあります。「てんかんです」と伝えるのは不十分です。てんかんは多彩な疾患で個人差があります。たんに「てんかん」の4文字だけでは、相手が強い不安を感じてしまいます。発作が抑制されているのか、あるいは発作が残っているとすれば「どのような発作で、どのように対応して欲しいのか」を具体的に伝えるのです。また、発作以外の障害が合併している場合には、これに対する配慮も伝えておきましょう。こうして具体的に伝えることで、漠然と「てんかん」と伝えることによる過剰な不安を取り除くことができるのです。

実際は、発作が治まっていても職場に伝えている人と伝えていない人は半々くらいです。2~5年以上発作がなければ職場へ告知しなくても問題ないでしょう。

再就職などをする際には、やはりてんかんがある人は健康な人よりは採用されづらい傾向があります。ハローワークなどを利用して、自分に合った働き方を見つけたいものです。

障害者手帳と就職:障害者枠は就職しやすい?

ハローワークの方は多くの場合、てんかんという病名を聞いただけで、精神障害保健福祉手帳を取得することを強く薦めてきます。しかし、てんかんでも発作がなく落ち着いている場合は、精神障害保健福祉手帳は取得できません。

てんかんがあれば必ず手帳を取得できると誤解している方が多いです。手帳を持っていれば障がい者枠として就労が可能ですが、例えば1年に一回、重症ではない発作があるというような「中間」の方々が就職に苦労しているという現状があります。「軽い発作で頻度も低いのであれば就職先に伝えないでいいのでは」と考えたくなりますが、万が一発作が起きた時のリスクもあります。

「どんな仕事に就くべきか」と患者さんから質問されることがあります。基本的には自分がやりたいと思う仕事に就くのがよいと思いますが、公務員、医療従事者、保育士など、なんらかの資格をもって働ける仕事が理想的ではないでしょうか。

 

※2018年3月24日(土)に仙台で毎年恒例の世界的なてんかん啓発活動「パープルデー」イベントが開催されました。

 

東北大学病院てんかんセンターによる世界パープルデーのイベント

 

記事1:てんかんの問診と検査─外来で可能なことと、入院で行うべきこと
記事2:てんかんとは─誰でも何歳からでも発症する可能性のある病気
記事3:てんかん3 てんかんの治療のゴール─「発作ゼロ、副作用ゼロ、将来への不安ゼロ」
記事4:てんかん4 てんかんの外科治療─薬で発作が消えない場合は手術を考えよう
記事5:てんかん5 てんかんと運転─基本は「自分のてんかんを正しく知る」こと
記事6:てんかん6 てんかんと妊娠(1)─多くの場合、特別扱いは不要
記事7:てんかん7 てんかんと妊娠2 てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い
記事8:てんかん8 てんかんと日常生活1
記事9:てんかん9 てんかんと日常生活2
記事10:てんかん10 てんかんの助成制度1
記事11:てんかん11 てんかんの助成制度2
記事12:てんかん12 てんかんの助成制度3
記事13:てんかん発作の対処法
記事14:てんかん発作の種類。けいれんや意識障害など種類はさまざま
記事15:てんかんと仕事ー発作の有無がポイントになる