Medical Noteとは

第17回隈病院甲状腺研究会-世界レベルの甲状腺診療体制を築き上げるために

  • #甲状腺がん
  • #甲状腺・副腎の病気
  • インタビュー
  • 公開日:2017/03/17
  • 更新日:2017/03/17
第17回隈病院甲状腺研究会-世界レベルの甲状腺診療体制を築き上げるために

2017年3月4日、第17回隈病院甲状腺研究会がホテルオークラ神戸で開催されました。甲状腺の専門病院として名高く、甲状腺関連の論文数ではアメリカのメイヨークリニックをも凌ぐ世界第3位という驚異的な業績を誇る隈病院が提供する歴史ある研究会です。全国各地から病院長や主任教授の先生をはじめ甲状腺の診療に携わる医師や看護師ら医療関係者が多数集合し、大変盛況に執り行われました。

隈病院 宮内先生
隈病院 院長
宮内 昭先生

開会にあたり、隈病院 院長の宮内昭先生より御挨拶が行われました。隈病院甲状腺研究会は学術的な成果を発信していくことに加え、全国各地の甲状腺を専門とする医療従事者に交流の場を提供することを目的としています。

☆宮内先生の記事はこちら

甲状腺がんとは

甲状腺微小乳頭がんの治療-低リスクの微小乳頭がんに手術は不要?経過観察を推奨する理由

​  筑波大学附属病院副病院長 乳腺甲状腺内分泌外科教授 原尚人先生  ​
筑波大学附属病院副病院長、乳腺甲状腺内分泌外科教授
原 尚人先生
隈病院 木原先生
隈病院 外科科長
木原 実先生

まずは、甲状腺髄様がんの臨床について隈病院外科科長の木原実先生を演者に、座長には筑波大学附属病院副病院長、乳腺甲状腺内分泌外科教授の原尚人先生を迎えて講演が行われました。

甲状腺がんのうち、甲状腺髄様がんは1.8%を占めています。一方で、C細胞が発生母地となるため、他のがんと性質が異なります。そのような甲状腺髄様がんにおいてカルシウム負荷試験やRET遺伝学的検査など、臨床において大切なポイントが示されました。

また、甲状腺髄様がんは手術が確立された根治が期待できる唯一の治療法とされていますが、分子標的薬が少しずつ使われるようになってきたことや、隈病院で行われた結果から、放射線による外照射が局所再発においては有用である可能性やMEN(多発性内分泌腫瘍)2型などのハイリスク群に対する予防的切除術ついても見解が示されました。

隈病院 鈴木先生
隈病院 臨床検査科
鈴木 彩菜先生

続いて、隈病院臨床検査科の鈴木彩菜先生により「甲状腺髄様がんの穿刺吸引細胞診」について、引き続き原先生を座長に迎えて講演が行われました。テーマは、同じく甲状腺髄様がんです。

甲状腺髄様がんにおける手術前の検査では超音波検査と細胞診が行われています。一方で、甲状腺髄様がんを的確に診断していくことが難しいことも知られています。穿刺針洗浄液のカルシトニン値測定ならびに少しでも甲状腺髄様がんが疑われる場合には診断に非常に有用である精度の高い検査として、カルシトニンの免疫染色(感度92.3%、特異度100%)の紹介が行われました。

隈病院 三上先生
隈病院 麻酔科科長
三川 勝也先生

休憩時間を挟み、隈病院麻酔科科長の三川勝也先生からはIONM(手術中の神経モニタリング)システムについての講演です。こちらも原先生が座長を務められました。

反回神経麻痺を早期発見するためには手術中の神経モニタリングは有用です。モニタリングを的確に使用していくため、的確なデータを取得するためには麻酔についてどのような注意点が必要であるかについて、具体的には気管チューブの選択から留置方法の工夫、さらには神経刺激による筋電図反応がきちんと見られるための非脱分極性筋弛緩薬、リバース薬の使い方についても言及されました。

*参考記事

甲状腺がんの手術と反回神経再建(宮内 昭先生)

獨協医科大学感染制御・臨床検査医学講座 教授
菱沼 昭先生
隈病院 深田先生
隈病院 内科顧問
深田 修司先生

最後に、獨協医科大学感染制御・臨床検査医学講座 教授である菱沼昭先生を座長に迎え、「成人に認められる甲状腺ホルモン合成障害について」をテーマに隈病院内科顧問の深田修司先生より講演が行われました。

甲状腺ホルモン合成障害の基礎的知識に始まり「サイログロブリン遺伝子異常」の原因遺伝子を突き止めるためにどのような苦労があったのか、そして深田先生がこの研究に大変熱意を持って取り組まれてきたことが伝わるエピソードに富み、かつ非常にレベルの高い発表が行われました。最後に、DUOX2遺伝子異常の要点に加え、甲状腺ホルモン合成障害を見逃さないためのポイントとして、「大きく軟らかい甲状腺腫に注意する」ことについて言及されました。

☆深田先生の記事はこちら

「バセドウ病」と誤診しないために-確定診断のポイントと安易な抗甲状腺薬投与の危険性

最後に、「甲状腺に関する質問をすべて引き受ける」質疑応答が行われました。全国各地から集まった医師により活発な議論が行われました。

宮先生
隈病院 副院長
宮 章博先生

閉会の挨拶は隈病院副院長の宮 章博先生です。宮先生は2017年5月18日、19日に神戸にて開催される日本甲状腺外科学会において大会長も務められます。

日々の臨床を研究論文としてまとめ、発表していくことが臨床に加えて教育でも世界で通用するレベルを保つために非常に重要であることを強く感じさせる第17回隈病院研究会でした。

 

メディカルノート編集部 (医師監修記事)

メディカルノート編集部 (医師監修記事)先生

「メディカルノート編集部」の記事も、医師監修のもと提供させていただいております。

関連する記事