疾患啓発(スポンサード)

卵巣がんの治療と経過―合併症や再発のリスク、治療後の生活は?

卵巣がんの治療と経過―合併症や再発のリスク、治療後の生活は?
地方独立行政法人市立東大阪医療センター 産婦人科 部長 奥 正孝 先生

地方独立行政法人市立東大阪医療センター 産婦人科 部長

奥 正孝 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

卵巣がんの治療は、手術と薬物療法が中心です。手術では、卵巣および子宮、大網の摘出が行われます。ただし、条件が満たされている場合は、妊孕性の維持を重視した術式が適応される場合もあります。卵巣がんに対しては、がんの種類や容体に応じて手術と薬物療法を組み合わせ、他科とも連携しながら治療を進めることが大切です。本記事では、市立東大阪医療センターにおける卵巣がんの治療と、治療後の対応について、市立東大阪医療センター産婦人科部長の奥正孝先生にお話しいただきました。

卵巣がんの治療と治療に伴う注意点

手術による腫瘍摘出

両側の卵巣と卵管、子宮、大網を摘出します。この術式では妊娠・出産にかかわる臓器を全て切除するため、妊孕性(にんようせい:妊娠できる機能)が失われます。患者さんの妊孕性温存を重視する場合は、妊孕性温存手術の条件が合致する場合にのみ、病変側の卵巣と付属器、大網を切除し、片側の卵巣と子宮を温存する方法で手術を行う場合があります。

転移が大腸または小腸にある場合は腸管部分切除を行います。腹膜表面に腫瘍と疑われる塊が確認された場合には、手術時に併せて腹膜生検を行い、腹膜播種を生じていないか確認します。

初回手術で最大限がんを摘出することを目指しますが、1cm以上腫瘍が残ってしまった場合、術後化学療法中に再び手術を行うことがあります(IDS:腫瘍減量術)。当院では産婦人科をはじめ、泌尿器科や外科も一緒に手術室に入り、多科連携で卵巣がんの手術にあたります。

妊孕性温存の条件は、組織型が漿液(しょうえき)()性腺がん、粘液性腺がん、類内膜腺がんに分類されるものであること、進行期がIA期で分化度はグレード1または2であることです。本人に妊娠への強い希望があること、患者さんが治療について十分に理解していること、治療後の経過観察に同意していることも条件に含まれます。

手術に伴う注意点1、血栓塞栓症

手術前後では、血栓症の有無を慎重に確認することが大事です。卵巣がんは、ほかのがんに比べて血栓塞栓症の発症リスクが高いことが知られています。特に左側腹部の静脈は、人体の構造的に血流が滞りやすく、左側の卵巣にがんが発生した場合は腹部静脈血栓症発症のリスクが高いと考えられています。血栓症があると手術に影響を及ぼすので、手術前から血栓症の有無を評価しておき、血栓が認められた場合は低用量未分画ヘパリンの投与など、血栓塞栓症の予防的処置を行うことが求められます。

手術に伴う注意点2、臓器切除による合併症

卵巣や子宮などの臓器を広範囲に切除することで女性ホルモンが激減し、更年期障害特有の症状(ほてり、発汗、頭痛、動悸、骨粗しょう症、脂質異常症、イライラなど)の出現、性機能障害、リンパ浮腫などの合併症が起こる可能性があります。

薬物療法―TC療法、分子標的治療

卵巣がんにおける初回化学療法は、組織型にかかわらず、TC療法(パクリタキセル+カルボプラチン)が標準治療とされています。

卵巣がん(特に漿液性腺がん)は進行した状態で発見されることが多いため、ほとんどの場合は手術後に化学療法を行います。がんの進行度や組織型、腫瘍の大きさ、患者さんの病状などによっては、術前化学療法を行うこともあります。

腹水貯留が著明な患者さんや、手術中・手術後の病理診断の結果によっては、術後のシスプラチンの腹腔内投与などの追加化学療法が必要になることがあります。Ⅲ期・Ⅳ期では、TC療法とベバシズマブの併用およびベバシズマブによる維持療法が行われます。

緩和ケア

がんが末期まで進行して積極的な治療介入が難しい場合や患者さんが治療を望まない場合、予後が1年未満と予測される場合は、緩和ケア内科と連携して、緩和医療を実施します。患者さんに最後まで寄り添い、できる限り患者さんの意思に沿った治療提案ができるように意識して治療を選択するよう努めています。

状況に応じては、ベバシズマブによる維持療法を継続することもあります。

卵巣がんの治療後の経過

定期外来通院でがんの再発の有無を確認する

一般的な治療後の経過観察の間隔は以下の通りです。

  • 治療開始から1~2年目…1~3か月ごと
  • 治療開始から3~5年目…3~6か月ごと
  • 治療開始から6年目以降…1年ごと

経過観察中、問診・内診は原則的に毎回行います。必要に応じて、CT、経膣超音波検査、腫瘍マーカー測定などを実施します。術後最初の1年半は再発しやすい期間だと考えています。3年半経過して再発しない場合は寛解状態に近いと考えますが、5年以上経ってから再発する可能性もあるので、患者さんには乳がん検診やがん検診といった定期検診の受診を推奨します。

再発した場合は?再発までの期間や再発部位によって対応が異なる

卵巣がんが再発した場合は、二次化学療法または腫瘍減量術を実施します。化学療法においては、6か月未満で再発したケースでは、前回使用した治療薬と交差耐性のない薬剤で単剤治療を実施します。6か月以上経ってから再発したケースでは、抗がん剤を含めた多剤併用療法がすすめられます。

再発していなかった期間(DFI)が少なくとも6か月を超えており、再手術による腫瘍の完全摘出が見込まれるケースでは、腫瘍減量術を実施することがあります。

がんの再発に伴う痛みや出血などのさまざまな症状を緩和する目的で、放射線治療を行うこともあります。

また、がんが脳転移している場合は、予後改善のために積極的な放射線治療を実施します。

交差耐性…ある薬物に対して耐性が形成された際、その薬物と類似した構造や作用を持つほかの薬物にも耐性が生じること

患者さんへのメッセージ―自身の声を聴くことを大切に

奥先生

からだがそれ自身でけがや病気から自然に癒える力は全ての生き物に与えられた能力です。手術の際には開腹して病気に冒されている部分を取り除いて、周辺の組織を修復したうえでお腹を閉じるのですが、1週間もたたないうちに傷が治る生体の能力は神秘であるとしか言いようがありません。

糖分が必要なときには口が甘いものを欲しがるように、体は今必要なものを教えてくれています。自身の治癒力を高めるためにも自分自身の体の声をよく聴いて、その声に従って行動してみるのがよいように思います。今本当に食べたいと思うものを食べて、行きたいと思うところがあれば先送りせずに出かけ、ひとりになりたいときにはひとりゆっくり休むのがよいように思います。この記事に限らず、がん治療に関するさまざまな情報を目にする機会が多いと思いますが、情報にあまりとらわれすぎず、自分の体の声に従って行動選択することが大切です。