新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

HIVの感染者について

HIVの感染者について
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

HIVに対しての意識の高まりから、世界的にHIV感染者数は減ってきていますが、日本では依然としてHIV感染者数は横ばい状態です。世界と日本国内のHIVの感染者について、引き続き尾上泰彦先生に伺いました。

HIV感染対策の国際的な機関である国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)の報告によれば、2014年における世界中でのHIV患者数は3690万人に上るとのことでした。また、2000年から延べ約3890万人の方がHIVに感染しており、うち2530万人がエイズを発症し、死亡しました。

世界中の3690万人のHIV患者のうち、2014年に新しくHIVに感染した方は約200万人です。2000年での新規HIV感染者約310万人に比べて35%程減少しています。

2015年3月の段階で、1500万人のHIV患者さんが抗HIV治療を受けているようです。2014年6月の1360万人から140万人増加しています。

2014年、世界中で約120万人の方がエイズ関連の疾患が原因で死亡しました。これはエイズ関連での死亡が最多であった2004年から42%減少しました。

厚生労働省エイズ動向委員会の報告によれば、2014年に新たに報告されたHIV感染者とエイズ患者の合計は1546件でした。HIV感染者とエイズ患者数の合計は2000年代前半までは毎年増加、2007年にピークに達しましたが、以降は毎年1500件前後で横ばい状態になっています。

なお、2014年での合計1546件は、これまでで3番目に多い結果になっています。また、2014年時点での累計は24561件となりました。

2014年度に新たにHIVに感染していると報告された数は1091件でした。HIV感染者報告数は2008年の1126件とピークを迎えましたが、2007年以降も年間1000件以上を維持しています。また2014年に報告されたHIV感染者数は男性が大半を占めていました。また、2014年までの累計は16903件となっています。

エイズ患者報告数は、初回の報告時にエイズと診断された患者数をあらわしています。 2014年までのエイズ患者報告数は、累計で7658件となっています。日本での2014年のエイズ患者報告数は455件でした。これは、2013年の484件、2011年の473件、2010年の469件に続いて4番目に多い報告数でした。エイズ患者報告数は、2006年以降、年間400件数以上の報告数が続いています。HIV同様、エイズ患者報告数も男性が大半を占めています。

HIV感染症では、なるべく早期に診断を行いエイズの発症を抑えることが重要ですが、依然として新規エイズ患者数は多く、減少もしていない状況です。こうした事態を踏まえてHIV・エイズの診断を早期に下せるよう更なる対策が求められています。

HIVは血液以外にも、精液や腟分泌物を介して感染します。そして性行為等が主な感染経路となるため、性的パートナーがいる方であれば誰でも感染する可能性があります。HIVに限ったことではありませんが、性感染症を防ぐには、不特定多数とのセックスをしない、最後までコンドームを使用する、そしてパートナーとの愛あるセックスを心がけましょう。

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が12件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「エイズ」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。