インタビュー

HIVの治療薬

HIVの治療薬
プライベートケアクリニック東京 院長 尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

HIVも治療にはART(多剤併用療法)が使われるようになって、薬剤も飛躍的に進歩し、エイズの発症をかなり遅らせることができるようになりました。抗HIV薬にはどのようなものがあるのでしょうか。引き続き臨床経験豊富な尾上泰彦先生に伺いました。

抗HIV薬の種類

日本国内で承認されている抗HIV薬は、主に以下の5種類に分けられます。名称前に※が付いているものは合剤(二種類以上の薬を混ぜた製剤)となります。

NRTI(ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤)10種

  • ジトブジン(商品名:レトロビルカプセル®)
  • ラミブジン(商品名:エピビル錠®)
  • サニルブジン(商品名:ゼリットカプセル®)
  • ジダノシン(商品名:ヴァイデックスECカプセル/錠®)
  • アバカビル(商品名:ザイアジェン錠®)
  • テノホビル(商品名:ビリアード錠®)
  • エムトリシタビン(商品名:エムトリバカプセル®)
  • ※ジドブジン/ラミブジン(商品名:コンビビル錠®)
  • ※アバカビル/ラミブジン(商品名:エプジコム錠®)
  • ※テノホビル/エムトリシタビン(商品名:ツルバダ錠®)

NNRTI(非ヌクレオシド系逆転者酵素阻害剤)5種

  • ネビラピン(商品名:ビラミューン錠®)
  • エファビレンツ(商品名:ストックリンカプセル/錠®)
  • エトラビリン(商品名:インテレンス錠®)
  • リルピビリン(商品名:エジュラント錠®)
  • ※リルピビリン/テノホビル/エムトリシタビン(商品名:コムプレラ配合錠®)

PI(プロテアーゼ阻害剤)8種

  • サキナビル(商品名:インビラーゼカプセル/錠®)
  • リトナビル(商品名:ノービアソフトカプセル/リキッド®)
  • インジナビル(商品名:クリキシバンカプセル®)
  • ネルフィナビル(商品名:ビラセプ錠ト®)
  • ロピナビル/リトナビル配合剤(商品名:カトレラ錠/リキッド®)
  • アタザナビル(商品名:レイアタッツカプセル®)
  • ホスアンプレナビル(商品名:レクシヴァ錠®)
  • ダルナビル(商品名:プリジスタ錠300mg®、プリジスタ錠600mg®プリジスタナイーブ錠800mg®)

INSTI(インテグラーゼ阻害剤)4種

  • ラルテグラビル(商品名:アイセントレス錠®)
  • ドルテグラビル(テビケイ錠®)
  • ※エルビテグラビル/コビシスタット/エムトリシタビン/テノホビル(スタリビルド配合錠®)
  • ※ドルテグラビル/アバカビル/ラミブジン(商品名:トリーメク配合錠®)

CCR5 阻害剤1種

  • マラビロク(商品名:シーエルセントリ錠®)

抗HIV薬の副作用とは?

治療にARTが導入されるようになってから、HIVの治療は劇的に改善しました。しかし、HIV治療に使われる薬は副作用や薬物相互作用が強いものも多く、使用時には細心の注意が必要なります。

副作用は使う薬剤にもよりますが、代謝異常・動脈硬化性疾患・肝機能障害・腎障害・薬疹・骨壊死や骨減少症といった骨障害・中枢神経症状・精神症状などがあげられます。それぞれの副作用や薬物相互作用は、薬物の添付文書に書いてあるので必ず確認する必要があります。