新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

脂質異常症の症状

脂質異常症の症状
岸本 美也子 先生

山王病院・国際医療福祉大学 内科部長 (糖尿病・代謝)・ 国際医療福祉大学 講師

岸本 美也子 先生

脂質異常症と診断されても、多くの人は体の異常を感じていません。しかし治療をせず放置すれば、動脈硬化が進行して狭心症心筋梗塞脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こします。脂質異常症が原因となって起こる病気やさまざまな症状について、山王病院内科部長の岸本美也子先生にお話をうかがいました。

しかし、原発性高脂血症や高コレステロール血症では皮膚に特徴的な黄色腫を生じ、診断の助けとなることがあります。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた名画「モナ・リザ」の目元には黄色腫らしきものがみられることから、モデルの女性は高コレステロール血症だったのではないかという説もあります。また、眼球に角膜輪と呼ばれる白い輪がみられたり、高カイロミクロン血症による肝腫大がみられることもあります。

 

黄色腫
目の周りにできた黄色腫

これらの冠動脈疾患をはじめとする動脈硬化性疾患を予防することが、脂質異常症を治療する最大の目的であるといえます。

動脈硬化で血管が詰まる過程
動脈硬化で血管が詰まる過程

 

1. 血中のコレステロールが多くなる

2. 血管の壁にプラークができる

3. プラークがたくさんできると血液の流れを妨げ、ちょっとした刺激でもすぐに破れる

4. 血液と接触すると急激に血栓ができ、さらに血管をふさいで血液の流れを悪くする。

5. 大きな血栓が心臓や脳の太い動脈でできてしまうと、心筋梗塞脳梗塞の原因になる

6. 最終的には心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあり、破れなかったプラークもだんだん血管を狭くして血液の流れを悪くしていき、やがて血管の壁が厚く、硬く、もろくなっていく。

HDLは組織内の余分なコレステロールを肝臓に戻す役割があるため、血液中にHDLコレステロールが多いと、血管壁のコレステロールを取り除いて動脈硬化を防ぐ方向に働いていると考えられます。HDLコレステロールの値が低すぎるとよくないとされるのはこのためです。

動脈硬化の危険因子は高血圧喫煙・加齢・性別・家族歴・冠動脈疾患の既往・慢性腎臓病CKD)・糖尿病などです。脂質異常症に加えてこれらの危険因子が重なるほど、動脈硬化が進みやすくなります。

内臓脂肪量が多いほど、空腹時高血糖・脂質異常・高血圧などの合併症が多いことが報告されています。

TGが高いとLDLコレステロールが増え、動脈硬化が進行します。冠動脈疾患の発症は、空腹時のTGが150 mg/dl以上で増加し、TG が165 mg/dl以上になると脳梗塞・労作性狭心症突然死が増加することが報告されています。

中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝になり、肝機能が低下するとされています。また脂肪肝と同様に膵臓にも脂肪がたまることがあり、さらに多量の飲酒などによりTGが500mg/dl以上に達すると、膵臓に負担がかかり急性膵炎を起こすリスクがあります。

山王病院の内科では
オンライン診療をご利用いただけます。

日本糖尿病学会 認定指導医・糖尿病専門医

岸本 美也子 先生

糖尿病の治療として重要なのは個々の自己管理ですが、個人の生活状況に応じた無理のない療養指導を心がけて日々診療を行っています。

オンラインで医師に相談する
受診について相談する
  • 山王病院・国際医療福祉大学 内科部長 (糖尿病・代謝)・ 国際医療福祉大学 講師

    岸本 美也子 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「脂質異常症」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    関連の医療相談が21件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「脂質異常症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。