新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

健康維持のために活用したい─人間ドック、健康診断、検診の特徴

健康維持のために活用したい─人間ドック、健康診断、検診の特徴
井上 和彦 先生

一般財団法人 淳風会 理事、淳風会健康管理センター センター長

井上 和彦 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

健診、検診、人間ドックはそれぞれ特徴や目的が異なるものです。定期的に健康診断を受けたり、症状が出ていなくても検診を受けたりすることで、自身の健康状態を守り、病気の早期発見につなげることができます。

今回は、検査の目的や重要性、健康管理センターの取り組みについて、淳風会健康管理センター長の井上和彦先生にお話を伺いました。

健康診断(健診)は、自身が健康であることを確認して、次の1年を安心して過ごせるようにするために行うものです。特定の病気を見つけることが目的ではありません。

健康診断には、職域の健診、学校健診、いわゆるメタボ健診である特定健康診査など、さまざまな種類があります。日本でもっとも多く行われているのは、一般健康診断のひとつである「定期健康診断」です。定期健康診断の実施は法律で定められており、労働安全衛生規則第44条に基づいて行われます。事業者は労働者に対して、決められた項目の検査を1年に1回受けてもらう義務があるというものです。

検診項目

検診は、ある特定の病気を早期発見するために行うものです。中でも代表的な検診は、がん検診です。胃がん検診、肺がん検診、子宮がん検診、乳がん検診などの種類があります。これらは、がんが発生しているかどうか調べることを目的として行うため、検診ということになります。

就労者に行われる職域の健康診断にも、検診の内容が一部含まれていることがあります。たとえば、肺がん検診で行われる胸部X線(レントゲン)検査は、肺がんだけを見つけるものではなく、元々は結核の有無を調べるために行われていました。呼吸器のさまざまな病気の有無や程度が分かるため、健康診断の検査項目に含まれています。

人間ドッグ受付
淳風会健康管理センター 人間ドック受付

人間ドックは、健康診断と検診をあわせたようなものだと考えてよいでしょう。症状が出て困っているわけではなくても、1年に1回あるいは定期的に病院や診療所へ行き、職域の健康診断よりも精度の高い検査も含めて全身をチェックします。

ドックとは本来、船の修理などを行うために設けられた施設を意味します。船舶が安全に航行するためには、何も不具合がないように思われる時でも定期的にドックに入り、異常がないかどうか確認したり部品を交換したりする必要があります。実は、人における「ドック」は日本独自のシステムです。

人間ドッグ項目

人間ドックでは主に、血液検査、心電図検査や超音波検査などの生理機能検査、胃X線検査などが行われます。こういった基本的な検査に加えて、精密検査などもオプションとして任意追加できるようになっています。

たとえば、大腸がん検診では便潜血検査(検便)を行うことが一般的です。一方、人間ドックでは、大腸を直接診ることが可能な大腸内視鏡検査をオプションとして選択できるといった違いがあります。

そのほか、一般健康診断の検査項目のひとつでもある胸部X線検査に加えて、胸部CT検査をオプションとして選択することで、より初期の段階の肺がんを見つけることもできます。また、腹部MRI検査では、早期発見が難しいすい臓がんの発見につなげられる可能性があります。

二次検査の様子
淳風会健康管理センター 二次検査の様子

健康診断でも人間ドックでも同じように、「要精密検査」となった場合は、二次検査として精密検査を受けることが重要です。最初の検査で異常が出なければ安心かとは思いますが、もしも異常が指摘された場合には、必要な検査を続けて受けるようにしましょう。

たとえば、大腸の異常を調べる便潜血検査(検便)で陽性反応が出たら、大腸がんの有無を確認するため、大腸内視鏡検査などの詳細な検査を受ける必要があります。そのほか、胃X線検査で異常があれば、胃の内部を直接観察する内視鏡検査を行います。胸部X線検査で異常があったとき、たとえば撮影した写真に「気になるところがある」と医師からいわれたときは、より精度の高い胸部CT検査を受けることが大切です。

最初の検査で異常がみつかっても、さまざまな理由から二次検査を受けていないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、せっかく最初の検査を受けて病気が早期に発見できるかもしれないのに、見逃してしまうということもあります。異常がみつかった場合は「病気になったんだ」とご自分で思い込んだり、過剰に心配したりせずに、まずは二次検査を受けることが重要です。

健康診断や人間ドックを受けるときの注意事項は、検査項目によって異なります。たとえば、人間ドックは、当日は絶食して受けることが基本になっています。何時から絶食すればよいのかという指示が説明書に記載されているため、熟読してから受診するようにしてください。

また、お薬を内服している方も、説明書をよく読んでおくことは重要です。淳風会健康管理センターでは、狭心症心筋梗塞などの薬を服用している場合は何時頃までに内服すればよいのかといった指示を、細かく記載しています。

説明書をよく読んでいただいたうえでご質問がある場合は、健康診断を受ける施設、医療機関にご遠慮なく相談されるとよいでしょう。

プレミアムドック受付
淳風会健康管理センター プレミアムドック受付

淳風会健康管理センターの人間ドックでは、基本的な検査を行う「人間ドック基本コース」のほか、年齢や性別、健康状態に合わせて選べる「オリジナル人間ドック」というプログラムをご用意しています。各種人間ドックに追加して受診するオプション検査も、多くの検査項目をそろえています。

また、当センターでは、通常の人間ドックコースよりもワンランク上のプレミアムドックをご用意しています。専属アテンダントが受診者さんの移動をエスコートし、健診時の不安を少しでも和らげていただけるようにしっかりとサポートします。

初めての方にも安心してご受診いただけるよう、落ち着いた環境づくりに取り組んでいます。人間ドックや健康診断についてご相談があればお気軽にお尋ねください。

井上和彦先生

健康診断では、ご自身の健康状態を確認するということが重要です。次の1年も快適な生活を送るために、1年に1回、きちんと健康診断を受けるようにしましょう。

検診については、症状が出ていなくても受けるということが大切です。たとえば、がんは早期に発見すれば治る病気ですが、早期のがんはどの部位についても無症状です。無症状のうちにきちんと定期検査を受けていただくことで、早期発見につなげることができます。

淳風会健康管理センターでは、一般健康診断に加えて、日本消化器内視鏡学会が認める専門医が行う内視鏡検査などの精密検査を実施しています。検査の結果としてがんがみつからなかったとしても、がんになるリスクがあると分かれば、すぐに診療と連携してリスクを低下させるような対応ができるように体制を整えています。健診や検診を活用して、ぜひともご自身の健康を守ってください。

受診について相談する
  • 一般財団法人 淳風会 理事、淳風会健康管理センター センター長

    井上 和彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。