がんポータルサイトはこちら
編集部記事

咽頭がんの原因やかかりやすい年齢とは〜咽頭がんは場所によって3つに分けられる〜

咽頭がんの原因やかかりやすい年齢とは〜咽頭がんは場所によって3つに分けられる〜
塚原 清彰 先生

東京医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野主任教授

塚原 清彰 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

咽頭とは、鼻の奥から食道の手前までの筋肉と粘膜でできた管のことです。呼吸により空気が行き来したり、食事により食べ物・飲み物が通ったりします。咽頭がんとは、この部位にできたがんのことをいい、できた場所によってさらに細かく分けられます。

本記事では、咽頭がんのできる場所、好発年齢や性別、原因となる生活習慣などについてお伝えします。

咽頭がんとは、鼻の奥から食道の手前までの間に生じるがんのことです。咽頭がんはがんができた場所によって、上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がんの3つに分けることができ、それぞれ症状や治療方法が異なります。

上咽頭がん

鼻の奥(頭蓋底の下)に生じるがんです。年間800人程度が診断されます。

中咽頭がん

口のつきあたりに生じるがんで、扁桃や舌根にできるがんも含まれます。年間1,800人程度が診断されます。

下咽頭がん

咽頭の一番下のほう、食道の手前に生じるがんです。年間1,900人程度が診断されます。

なお、咽頭の隣には声帯を含む喉頭があり、気管につながります。喉頭にできたがんは下咽頭がんと区別して“喉頭がん”と呼びます。

咽頭がんは50歳代以降でかかることが多い病気です。

中咽頭がん・下咽頭がんは飲酒や喫煙の習慣が原因となります。飲酒により顔が赤くなる“フラッシャー”と呼ばれる体質の人が長期的に大量の飲酒を続けると、特にかかりやすいといわれています。また、中咽頭がんの一部はヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が関与しています。HPVとは人から人へ感染するウイルスで100種類以上の型を持ち、種類によっては感染すると子宮頸がん肛門がん尖圭コンジローマなどの原因となることもあります。HPV陽性の中咽頭がんの場合は喫煙や飲酒が原因の中咽頭がんよりも発症する年齢が若く、予後がよいという特徴があります。

一方、上咽頭がんの発生にはEBウイルスというウイルスが関与しています。ほとんどの日本人が小児の頃に症状が出ないで感染しています。また、EBウイルスによる上咽頭がんは人から人へ感染はしません。日本における上咽頭がんの発生は年間0.8人/10万人程度です。上咽頭がんもそのほかの咽頭がんと同じく好発年齢は60歳代ですが、ほかの咽頭がんと比較するとより若い患者も多いという特徴があります。

咽頭がんの各部位の男女比は、上咽頭がんでは3:1、中咽頭がんでは10:1、下咽頭がんでは6:1で、男性に多いという特徴があります。これは男性のほうが飲酒・喫煙の量や頻度が多いためだと考えられています。特に中咽頭がん・下咽頭がんは飲酒や喫煙の関与が強いため、男女比の差が大きくなります。

ただし下咽頭がんの一種である“輪状後部がん”は、鉄欠乏性貧血舌炎嚥下(えんげ)障害を3徴とするプランマー・ビンソン症候群を呈する女性に多いといわれます。

咽頭がんには2019年現在、明確に決まった検診はありません。気になる症状があった場合は内視鏡検査や視診を行います。リンパ節の転移を確認する場合は触診やCTなどの画像検査を行います。これらの検査でがんが疑われた場合には組織を採取し、顕微鏡で観察してがん細胞の有無をチェックします。

内視鏡検査

鼻や口から内視鏡を挿入し、鼻やのどの奥を診る検査です。

視診

口から見える部分(口蓋扁桃・軟口蓋・舌・口腔底)などは、口から異常を確認します。

触診

主に首周りを手で触って、リンパ節への転移がないかどうかをチェックします。

検査の結果、咽頭がんや首の腫れが発見された場合はがんの大きさやほかの部位への転移を確認するため、CT検査・MRI検査・PET検査などが行われます。

咽頭がんは耳鼻咽喉科が診療科です。咽頭がんは、口腔がん喉頭がん甲状腺がんなどと同じ“頭頸部がん”の一種に分類されます。頭頸部がんとは、脳を除く頭部から頸部までに生じるがんのことで、いずれも耳鼻咽喉科で診療を行っています。そのため、咽頭がんが疑われる場合などは耳鼻咽喉科への受診が適切です。

<参考文献>

  • 咽頭がん, 公益財団法人がん研究会 有明病院.<https://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/headneck/pharynx.html>Accessed May. 18, 2020.
  • 上咽頭がん, 国立がん研究センター がん情報サービス.<https://ganjoho.jp/public/cancer/nasopharynx/index.html>Accessed May. 18, 2020.
  • 中咽頭がん, 国立がん研究センター がん情報サービス.<https://ganjoho.jp/public/cancer/mesopharynx/index.html>Accessed May. 18, 2020.
  • 中咽頭癌, 順天堂大学医学部附属順天堂医院 耳鼻咽喉・頭頸科.<https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/jibi/about/summary.html>Accessed May. 18, 2020.
  • 下咽頭がん, 国立がん研究センター がん情報サービス.<https://ganjoho.jp/public/cancer/hypopharynx/index.html>Accessed May. 18, 2020.
  • 皮膚筋炎多発性筋炎(指定難病50). 難病情報センター.<https://www.nanbyou.or.jp/entry/4079>Accessed May. 18, 2020.
  • 咽頭(いんとう)がん, 国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院.<https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/clinic/head_neck_surgery/050/010/index.html>Accessed May. 18, 2020.
  • 日本頭頸部癌学会, II.臓器別の診断治療の概要.<http://www.jshnc.umin.ne.jp/general/section_02.html>Accessed May. 27, 2020.
  • 野村恭也ほか, 新耳鼻咽喉科学 第11版. 東京:南山堂, 2013.
  • 下出祐造ほか, 6. 下咽頭癌. 耳鼻・頭頸外科 2012; 84:  273-77.
受診について相談する
  • 東京医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野主任教授

    塚原 清彰 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「咽頭がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。