がんポータルサイトはこちら
インタビュー

咽頭がんと喉頭がんの治療・手術ー経口的咽頭切除(ELPS)とは?

咽頭がんと喉頭がんの治療・手術ー経口的咽頭切除(ELPS)とは?
朝蔭 孝宏 先生

東京医科歯科大学 医学部 頭頸部外科学講座 教授

朝蔭 孝宏 先生

この記事の最終更新は2015年12月29日です。

頭頸部のなかでも、下咽頭、喉頭は、のどの奥にあるため口を開けただけでは見ることができません。そこに発症する咽頭がんの手術は、従来は喉の外側を切って切除していました。しかし、大きく傷が残ってしまうことや、誤嚥の問題が生じる危険性があることから患者さんのQOLをより高めるために新しい治療法が考えられてきました。日本で開発された彎曲型喉頭鏡を使った手術ELPSについて、東京医科歯科大学朝蔭孝宏先生にお話をうかがいます。

下咽頭という部分は、ふだんは食べ物が通らなければつぶれた状態になっています。そこへ彎曲型喉頭鏡を入れることによって、喉頭から下咽頭を押し広げて行う手術のことをELPSと呼びます。下咽頭は、ふだんつぶれた状態であることに加え、喉の非常に奥のほうに位置しているので、口を開けた状態では病変が直接見えにくいという特徴があります。しかし、その彎曲型咽頭鏡と内視鏡を入れることによって病変が見やすくなり、粘膜切除することができます。粘膜切除は、従来胃がん食道がんで行われていた手術で、胃や食道の表面を内視鏡ではぎとるという手術です。

彎曲喉頭を使用した手術の様子
彎曲喉頭鏡が曲がったつくりであることによって治療部位が見えやすい

咽頭の手術は従来、使用されていた器具にはまっすぐなものしかなく、非常に困難でした。そのため、首の外側を開いて喉の中にあるがんにアプローチするしかありませんでした。しかし、彎曲型咽頭鏡やカーブがついた鉗子などが開発されたことによって、首に傷を残すことなくがんを切除することが可能になりました。内視鏡の精度も年々上がっています。

従来の下咽頭手術では、首を切って開け、がんを取り除き、空腸などを移殖するという工程であったため7~8時間かかっていました。移殖手術がうまく体に馴染まなかった場合、再手術を必要とすることもあります。ELPSの場合、首の切開や移殖の必要がないため手術は2~3時間で済み、再手術のリスクも非常に小さいという利点があります。

喉頭、下咽頭、舌根(中咽頭の一部)にできるがん早期がんに適応されます。従来であれば、この早期がん(小さいがん)でも首の外側を切る必要がありました。しかし、ELPSが行われるようになってからは、より患者さんの状態に適した治療法が選択できるようになったのです。

喉頭と舌根、下咽頭の位置と構造
喉頭と舌根、下咽頭の位置

この手術によって新たな弊害が生じることはほぼありません。しかし、内視鏡などの器具の精度が上がったことにより、今まではがんと認識されなかったような小さな病変まで発見されることはあります。そのため、非常に早い段階で、想定していなかったがんの治療にあたらなければならないケースがあります。

頭頸部がんは、同じ領域にいくつも発生しやすいがんです。しかし早期発見であれば、首を切らなければならないような大きな手術ではなく、経口的に小さい手術で治療可能です。

この経口的手術では、1つ目の手術の際に2つ目3つ目のがんが見つかり、同じように経口的手術で切除するというケースも少なくありません。しかし、同じ深さのレベルで付近にがんが密集していた場合、切除しても手術後に切除した部分が瘢痕化して縮まってしまい、食べ物が通らなくなってしまうこともあります。がんの深さや複数のがんの位置関係によっては、経口的手術が行えない場合もあります。

受診について相談する
  • 東京医科歯科大学 医学部 頭頸部外科学講座 教授

    朝蔭 孝宏 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「咽頭がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。