新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

口腔がんの症状や治療とは〜治療後に口腔機能や顔貌に影響が出ることもある〜

口腔がんの症状や治療とは〜治療後に口腔機能や顔貌に影響が出ることもある〜
桐田 忠昭 先生

奈良県立医科大学 口腔外科 教授

桐田 忠昭 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

口腔がんは口の中に発生するがんの総称です。口腔がん自体はがん全体の1〜1.5%という発生率なのでそこまで多いとはいえません。しかし、治療内容によっては見た目や生活に支障が出る場合もあるため、早期発見と早期治療が必要です。

本記事では、口腔がんの基本情報と、口腔がんの中でも発症数の多い舌がんの症状や治療について詳しく解説していきます。

口腔がんとは、頭頸部(とうけいぶ)がん*の一部で、口の中に発生するがんの総称です。口腔がんは発生する部位によって舌がん、口腔底がん、頬粘膜がん、歯肉がん、口唇がん(厳密には口腔がんには含まれませんが同様に扱われています)、硬口蓋(こうこうがい)がんに分類されます。

口腔がんと診断される人は年間8,000〜10,000人ほどで、がん全体で見た罹患率(りかんりつ)は1%ほどです。しかし近年は、日本をはじめ世界各国で口腔がんの罹患率と死亡率が上昇しています。また、口腔がんの発症が多い年代は60歳代で、男性のほうが女性よりも発症数が多いといわれています。

*頭頸部(とうけいぶ)がん…鎖骨より上に発生し、脳と眼球の腫瘍(しゅよう)を除いたがんの総称

口腔がんの初期症状には舌や口の中がただれる、潰瘍(かいよう)(傷などのできもの)を形成するなどがあります。これらの症状は口内炎と似ているため混同されることもあり、見た目などからは自身で判断することは困難です。したがって、2週間以上にわたって口内炎が治らない場合は、口腔外科や耳鼻咽喉科などで一度診てもらうのがよいでしょう。

口腔がんの場合、手術により口腔や顎、頸部のリンパの一部を切除することが一般的です。しかし、顔の一部を切除するため顔貌の変形などがあり、患者に心理的負担が生じることがあります。さらに、舌を切除した場合には、発声や物を飲み込むなどの行為に支障が出ることがあります。

早期がんであればさほど障害は残りませんが、進行がんで広い範囲を切除しなければならない場合には再建手術も同時に行う必要があり、術後にはさまざまなリハビリが必要となります。また、顎の骨とともに歯もなくなった場合は、顎の再建手術とインプラント入れ歯による咀嚼(そしゃく)の回復も必要になります。このように、口腔がんは希少ですが、日々の生活に与える影響は大きいといえるでしょう。切除する箇所や範囲が大きいほど外見や生活にも支障が出ることがあるので、やはり早期発見が非常に重要となります。

口腔がんの中でもっとも多く、約半数を占めるのが舌がんです。

舌がんの多くは、舌の表面を覆っている細胞(扁平上皮細胞)から発生します。舌がんの発生原因は主に喫煙と飲酒、合っていない入れ歯や虫歯による慢性的な刺激が挙げられるほか、口腔の不衛生も一因だとされています。特に口腔がんの約80%は喫煙が原因だといわれているため、飲酒と喫煙を日常的に習慣としている場合、口腔がんや舌がんの発症リスクが高まると考えられます。

舌がんには主に以下のような症状があります。

  • 舌のしこりやただれ、潰瘍
  • 舌を動かすと違和感がある
  • 口内炎が完治しにくい
  • 舌の粘膜に赤や白の斑点が生じる
  • がんが進行すると、痛みや出血が続いたり、口臭が強くなったりすることもある

舌がんが発生することが多いのは舌の両脇といわれていますが、舌の表面だけでなく裏側に発生することもあります。

舌がんの治療は、がんの病期によって変わります。基本的には手術を行いますが、手術を望まない場合や体力的に手術が困難な場合は放射線治療を行うこともあります。その場合、治療の効果を高めるために薬物療法(抗がん剤治療)も併せて行います。また、術後は再発予防のために薬物療法と放射線治療を組み合わせることがあります。

舌がんの手術には、以下の3種類があります。

  • 舌部分切除:がんが小さい場合に行います。切除するのは舌の一部なので、喋ったり飲み込んだりする機能に及ぼす影響は大きくありません。
  • 舌半側切除:比較的大きながんの場合に行います。がんのある側を半分切除するため、再建手術を同時に行う場合があります。
  • 舌(亜)全摘切除:がんが舌の半分以上に広がっている場合に行います。舌の半分以上、もしくは舌を全て切除するため、再建手術を同時に行います。

口腔がんがん全体の中ではまれながんですが、舌やリンパ、頸部を切除する治療が行われた場合には生活に及ぼす影響が大きくなる傾向にあります。そのため、切除する箇所や範囲ができる限り小さくなるように、早期発見できることが望ましいです。

また、口腔がんの発生要因の約80%を喫煙が占めているほか、飲酒や合っていない入れ歯や虫歯、口腔の不衛生なども原因となることがあるため、禁煙や節酒、口腔の衛生に気をつけることで口腔がんの予防に心掛けるとよいでしょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「口腔がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。