新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

子どもの急な腹痛 軽症な腹痛と重症な腹痛の違いとは

子どもの急な腹痛 軽症な腹痛と重症な腹痛の違いとは
伊藤 友弥 先生

あいち小児保健医療総合センター 救急科 医長

伊藤 友弥 先生

子どもの腹痛の原因は様々ですが、ほとんどの場合は大きな心配はいらないものです。しかし、なかには緊急性が高く、外科的手術が必要になるケースもあります。軽症な腹痛と重症な腹痛はどのように見分けるのでしょうか。あいち小児保健医療総合センター救急科医長の伊藤友弥先生にお話しを伺いました。

子どもの腹痛の原因で多いのは便秘や胃腸炎といわれています。なかには過敏性腸症候群に代表される心と密接に関係する痛みもありますが、これは小児救急の場面でいう「緊急性が高いもの(外科手術などが必要になるもの)」ではありません。

(緊急性のあるものは記事4『子どもの急な腹痛―重症な病気にはなにがあるのか』へ)

我々は、子どもが腹痛を訴えていても、診察してお腹の症状がないというときは特に注意しています。なぜなら、単なる胃腸炎や便秘ではない可能性があるためです。例えば肺炎の場合も、お腹に近い部分に炎症があれば、腹痛を訴えることがありますし、喘息気管支炎、精巣や卵巣の問題、そけいヘルニア(股のつけねの部分(そけい)に腸管などの腹部内容が脱出してしまう)を起こしているときも腹痛があらわれます。

便秘では、痛みの性状は間欠的(痛くなったり落ち着いたりを繰り返す)です。痛がる部分は、便の出口に近い左下腹が多くみられます。問診をすると、便が毎日出ていなかったり、出ていても便は固くてコロコロしています。

腹痛の診察ではお腹を触り、腹膜刺激症状(下記※)がないことを確認します。お腹の奥に便の塊が触れて判明することもあります。便秘の子どもは浣腸すると楽になります。

(関連記事:『子どもの便秘。治療のためには恐怖心を取り除くことが第一』)

※腹膜刺激症状(ふくまくしげきしょうじょう)

腹部臓器(お腹の中にある消化管や肝臓・腎臓・生殖器などの臓器のこと)に炎症がおこり、その炎症がお腹を覆っている腹膜に波及するまで進行した際のお腹の症状。腹部への微細な刺激で痛みが強まったり、腹部を触ると硬かったり、少しの振動が腹部に響いて痛みを感じる。この症状が出る場合は、緊急手術が必要な疾患である可能性が高い。

腹痛に加えて嘔吐・下痢などの症状があり、周囲で胃腸炎の流行があれば、胃腸炎の可能性が高まります。胃腸炎の場合、便の性状は泥状や水溶性など様々であり、吐物の色も記事1『子どもが急に腹痛を訴えたとき どのような場合が緊急なのか』で述べたような危険な色(緑色、コーヒー様の色など)ではありません。

最も重要なのは、緊急性の高い腹痛かどうかを見極めることです。緊急性の高い腹痛とは、「手術などの外科的処置(外科的介入)が必要な疾患」が原因となっているものを指します。小児救急では、診察して必要があれば、血液検査や、腹部超音波検査、腹部造影CTなどを行って原因を追求します。外科の先生にも協力していただくことがあります。

しかし、緊急性の低い腹痛である場合は、原因がすぐに判明しないことが多くあります。(詳細は記事1『子どもが急に腹痛を訴えたとき どのような場合が緊急なのか』

子どもの腹痛は年齢ごとによくみられる原因が異なります。原因として多いのは、便秘や胃腸炎ですが、それ以外にも知っておくとよい疾患を表にまとめました。(頻度は多くはないですが、見逃してはならないものを中心に挙げています)

乳幼児

腸重積
・そけいヘルニアの嵌頓(かんとん)

・乳児コリック

幼児から就学前
まで

・急性虫垂炎(右下腹の痛み、時間経過を追って診察)
・急性すい炎(おたふくかぜにかかっているときに起こりやすい)
・先天性胆道拡張や胆道せん孔(まれ)
アレルギー性紫斑病(腹痛、関節痛、皮膚の紫の斑点が代表的)

学童

・胃・十二指腸潰瘍とせん孔(ストレスで起こることもある)
・男児・女児特有の病気

(男児であれば精巣捻転など) 

(女児であれば卵巣嚢腫茎捻転、子宮外妊娠破裂など)

腹部外傷(みかけは軽症でも内部は重症のことがある)

・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎クローン病

※全年齢で、糖尿病性ケトアシドーシス、心筋炎(ともに稀だが重大な病気)

 

「こどもの様子がおかしい」と思ったときは、日本小児科学会が運営する「こどもの救急(ONLINEQQ)」も参考にしてみてください。

 

【先生方の記事が本になりました】