新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

子宮筋腫になりやすい年齢は? 筋腫ができる場所は? 専門医に聞く7つの疑問

子宮筋腫になりやすい年齢は? 筋腫ができる場所は? 専門医に聞く7つの疑問
堤 治 先生

山王病院 (東京都) 院長

堤 治 先生

子宮筋腫は成人女性の3人に1人がもっていると言われます。しかし、ひとりひとり筋腫のできる場所や症状などは異なり、よくある病気ではあっても、通り一遍の説明でよい疾患ではありません。いざ病院に行っても、何を聞いていいか分からなかったり、また聞きたいと思っても、混雑している病院では、聞けずに終わってしまった方も多いのではないでしょうか。

今回は、子宮筋腫についての気になる疑問に、婦人科の腹腔鏡手術の第一人者・堤先生に聞いてみました。

子宮筋腫の初診時の年齢は20代半ばから40代まで幅広いですが、平均して最も多いのは30代半ばでしょう。私の観た患者さんの中で最年少の方は20代前半ですが、世界的には10代でも筋腫になる例もあります。

子宮筋腫は、子宮の外側に発生する漿膜下(しょうまくか)筋腫、子宮の筋層の壁に発生する筋層内(きんそうない)筋腫、および子宮の内側に発生する粘膜下(ねんまくか)筋腫があります。

このうち粘膜下筋腫が症状が出やすく発見されやすいため、患者さんの数は最も多いのですが、発生数自体は筋層内筋腫が最も多いと考えられます。

子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫の場合、筋腫の大きさが同程度であっても、筋腫のできる部位によって症状が異なります。粘膜下筋腫では1cm以下でも大変症状が重いこともありますが、筋層内筋腫では4cmほどから症状がみられることが多いです。漿膜下筋腫では、5〜10cmほどまで大きくなると子宮が圧迫され症状がでてきます。

はっきりとした遺伝の形式は分かっていないのですが、親族に筋腫の人が多いと筋腫になりやすいとは言われています。

実は子宮筋腫は、妊娠出産をすることが予防になります。少し前まで、医師が患者さんに「早く妊娠したほうが良いよ」などと言って問題になることがあったのですが、それにはこうした理由があったのです。

しかし日常生活では、残念ながら子宮筋腫の確かな予防方法はありません。子宮筋腫は女性ホルモンの一種・エストロゲンによって引き起こされる疾患なので、予防法としてはエストロゲンを下げる偽閉経療法などが考えられます。しかし副作用もあり、薬代もかかりますし、なかなか費用対効果を考えると現実的ではありません。

筋腫が大きくなるかどうかは、その性質によって異なります。急激に大きくなってきた筋腫の場合は、悪性腫瘍の可能性があるため、1年に1回ほど定期的に検査をする必要があります。悪性の腫瘍である可能性がある腫瘍の成長の目安は「1年に2倍」程度です。

子宮筋腫は月経に関連するエストロゲンによって引き起こされる疾患のため、閉経したら筋腫は縮みます。しかし念のため1年に1回の定期健診に通うと良いでしょう。閉経後に子宮筋腫が大きくなってきたら、悪性の腫瘍である肉腫ができたなど、何か問題があるかもしれません。

 

受診について相談する
  • 山王病院 (東京都) 院長

    堤 治 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が48件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「子宮筋腫」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。