インタビュー

子宮筋腫の治療・治療法選択の決め手とは?

子宮筋腫の治療・治療法選択の決め手とは?
福岡山王病院 院長 中村 元一 先生

福岡山王病院 院長

中村 元一 先生

子宮筋腫の治療は、より低侵襲なものへと変化しています。子宮全摘しかなかった以前と比べ、現在は治療後に子どもを希望する女性の選択肢も広がりました。

2009年の開院以来、現在までに内視鏡下手術約5,000例を突破した福岡山王病院院長の中村元一先生に、女性のからだにやさしい腹腔鏡下手術についてお話を伺いました。

からだに負担の少ない腹腔鏡下手術とは?

子宮筋腫は、30歳以上の女性の20~30%にみられる、頻度の高い婦人科疾患です。自覚症状がないことも多く、検診などで筋腫が発見されることもよくあることです。

良性疾患なので、筋腫があるからといって必ずしも治療が必要というわけではありません。

治療が必要になるのは、 月経時の痛みや多量の出血などの症状によってQOL(生活の質)の低下がみられるような場合です。毎月の多量の出血で貧血を起こしたり、下腹部が圧迫されることで頻尿や便秘などの症状が現れたりすることもあります。また、子宮筋腫が原因で不妊症になることもあるため、お子さんを希望する場合にも治療が必要になってきます。

福岡山王病院では、女性のからだに負担の少ない低侵襲な治療として腹腔鏡を使った手術を行っています。腹腔鏡下手術とは、おなかに3~4か所の穴を開けて、内視鏡と呼ばれる細い管を使って、筋腫あるいは子宮を摘出する手術です。内視鏡を挿入する穴(傷)は5ミリ~15ミリ程度と非常に小さいので、 痛みが軽く、傷の治りや手術後の離床(ベッドから起き上がること)、退院や社会復帰も早いというメリットがあります。多くの患者さんによろこばれています。

治療選択の決め手は子どもを希望するかどうか

腹腔鏡手術は、おなかを切って行う開腹手術と全く同じことを内視鏡を使って行う手術です。そのため、福岡山王病院では、開腹手術と同じレベルで切除したり、縫合したり、癒着を剥がしたりできるものに対してのみ腹腔鏡手術を行っています。

技術の進歩で、開腹手術と同じレベルの手術がほぼ腹腔鏡でもできるようになりました。しかし、それでも筋腫がたくさんあるなど、腹腔鏡ではできない場合があるのも現状です。筋腫のできた数でいうと、これまで最も多かったのは144個という方がおられました。こういう場合、まず腹腔鏡を使った手術を行うことはできません。

このように、たくさんの筋腫があっても子宮を温存したい方もおられます。多くは治療後にお子さんがほしいという方ですが、この場合、治療後に妊娠されて出産という時には必ず帝王切開を行います。たくさんある筋腫を、無理に腹腔鏡を使ってとったとしても、お産の際は帝王切開でおなかを切らなければならないということです。であれば、無理に腹腔鏡にこだわらずに開腹手術で筋腫を摘出して、開腹時の傷で帝王切開を行うほうが、傷がひとつですむというメリットがあります。

一方、既に子どもさんが何人かいて挙児(きょじ:妊娠・出産を希望すること)を希望されない場合には、子宮の摘出手術をお勧めします。子宮を摘出すれば、症状を100%改善することができますし、再発の心配もないからです。子宮全摘を希望される場合、経産婦であれば80%以上の方が膣式の子宮全摘術あるいは、腹腔鏡下の膣式子宮全摘術を行うことが可能となります。

子宮筋腫の治療の選択肢の決め手は、子どもを希望するかどうか、です。もちろん、患者さんの希望に沿った治療を行いますので、たとえば45歳であっても子どもがほしいという希望があれば子宮は温存します。ただし、妊娠できる確率は非常に低いという説明は行います。