【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 ec432735 bdc2 4cfe 94a1 7544c90d3c02
子宮筋腫核出の危険性は? ピルの効果は? 子宮筋腫の治療法についての8...
子宮筋腫は婦人科良性腫瘍の中では最もよくみられるもので、3人にひとりは持っているとも言われています。ただし良性の腫瘍とは言っても、大きくなってしまうとひどい月経痛を引き起こしたり、妊娠・分娩時の...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

子宮筋腫核出の危険性は? ピルの効果は? 子宮筋腫の治療法についての8つの疑問

公開日 2015 年 06 月 03 日 | 更新日 2017 年 05 月 07 日

子宮筋腫核出の危険性は? ピルの効果は? 子宮筋腫の治療法についての8つの疑問
堤 治 先生

山王病院(東京都) 病院長

堤 治 先生

子宮筋腫は婦人科良性腫瘍の中では最もよくみられるもので、3人にひとりは持っているとも言われています。ただし良性の腫瘍とは言っても、大きくなってしまうとひどい月経痛を引き起こしたり、妊娠・分娩時の妨げになったりします。また、個人のライフスタイルや症状に合わせて治療法の選択が難しいのも子宮筋腫の特徴です。

今回は子宮筋腫の治療について、実際のところはどうなのか、婦人科の腹腔鏡手術の第一人者・気になる疑問を堤先生に聞いてみました。

Q1 ピルを飲むことで子宮筋腫が大きくなることもあると聞きました。その確率はどのくらいでしょうか。また逆に、ピルには筋腫を小さくする効果はあるのでしょうか。

低用量ピルを服用して筋腫が大きくなる方もいますが、それほど多くはなく、また大きくなっても神経質になるほどではないでしょう。

ピルには筋腫の縮小効果をもつプロゲステロンと増大効果があるエストロゲン、どちらも入っているため、人によって効果は異なってくるのです。

Q2 子宮筋腫でピルを内服している患者さんはどのくらいの割合ですか。

ピルを多く処方する医師も、そうでない医師もいるので、少しばらつきがあります。私の場合は、ピルでは子宮筋腫の根本治療にはならないため、あまり出さないようにしています。私が子宮筋腫の患者さんにピルを処方するのは約5-10%程度です。

一方、子宮内膜症などの場合は根本治療に繋がる可能性が高いため、もう少し多く処方しています。

Q3 ピルにはいろいろな種類がありますが、治療にはどのピルがいいのでしょうか。

保険適応のピルをお勧めしています。今はルナベルとヤーズの2種類が主な選択肢で、患者さんと相談してどちらの薬を選ぶかを決めています。服薬回数が異なり、ルナベルは21日間服用7日間休薬、ヤーズは24日間服用4日間休薬です。ヤーズの効果は高いのですが、副作用で血栓の報告があったため、不安な患者さんはルナベルに戻したりすることもあります。

Q4 最終的に手術が必要になる子宮筋腫の患者さんは通院している方のどのくらいの割合ですか。

おおよそ3分の1から半分の患者さんは手術をしている印象です。ただし私の元には腹腔鏡手術を望む患者さんが多くいらっしゃるため、手術の割合が多くなっています。

Q5 子宮筋腫核出をした友人は手術前に「出血が大量になった場合には子宮全体を摘出せざるを得ないこともある」と説明されていました。そんなことってありえるのでしょうか。

昔から、産婦人科の先生はこのように説明するように指導されてきました。私は患者さんにこのような説明はしていませんが、慎重な先生の中には説明している先生もいるようですね。

不安になって「子宮全体を摘出する可能性もありますか」と尋ねる患者さんもいらっしゃいますが、「私は30数年間1度も子宮筋腫核出の手術で子宮摘出に至ったことはありませんよ」と説明しています。
インフォームドコンセントとは、「100回に1回起こりうることは説明する」という目安がありますが、このような事例は万に1回のことなので、私は患者さんが不安にならないよう、聞かれなければ説明を控えるようにしています。

子宮筋腫核出術と子宮摘出術

子宮筋腫核出術と子宮摘出術

Q6 腹腔鏡と開腹手術には安全性の差(合併症発生率)の差はあるのでしょうか。

安全性に差はありません。手術時間は多少、腹腔鏡の方が長くかかる場合がありますが、術後の合併症や手術時の大出血などはほとんど差がありません。
ただし痛みや入院期間や術後の癒着などには差があり、腹腔鏡の方が痛みが少なく、入院期間も半分以下で、術後の癒着も少ないとされています。

Q7 子宮摘出をすると月経がなくなってしまいますが、これは閉経したということですか。

子宮全体を摘出をすると、当然月経はなくなります。しかし、卵巣は原則として温存しているため、本来の閉経まで卵巣は働き続けます。

Q8 どうして動脈塞栓術やFUS(集束超音波治療)は保険がきかないのでしょうか。

動脈塞栓術は、近年症例数も増え、保険適応になりました。FUSはまだ治療成績などの件数が少なく、試験的な治療法のため、保険が適応されていない状況です。

 

子宮筋腫 (堤治先生)の連載記事

東京大学産婦人科教授を経て、2008年4月から山王病院院長に就任。東宮職御用掛として、雅子妃殿下のご出産を担当した。子宮内膜症や子宮筋腫をはじめとするエストロゲン依存性疾患に加え、腹腔鏡手術においても日本の第一人者である。

関連の医療相談が33件あります

関連記事