【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 ac87ca3b 9333 4288 8510 f613aba4f0ea
発達障害への精神科治療―カウンセリングと薬物療法
発達障害は、人口の10%の方が当てはまるともいわれるものです。しかし、社会生活に悪影響がない限り、特に治療をする必要はありません。ただし、日常生活に深刻な影響がある場合には治療が必要です。そのと...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

発達障害への精神科治療―カウンセリングと薬物療法

公開日 2015 年 07 月 08 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

発達障害への精神科治療―カウンセリングと薬物療法
本田 秀夫 先生

信州大学医学部子どものこころの発達医学教室 教授

本田 秀夫 先生

発達障害は、人口の10%の方が当てはまるともいわれるものです。しかし、社会生活に悪影響がない限り、特に治療をする必要はありません。ただし、日常生活に深刻な影響がある場合には治療が必要です。そのとき一部では薬物療法を含めた精神科治療をすることもあります。発達障害のオピニオンリーダーでありこの分野の臨床経験において世界的なトップクラスにおられる、信州大学診療教授の本田秀夫先生にお話をお聞きしました。

カウンセリング

発達障害の治療においては、心理療法や認知行動療法、カウンセリングを用いていくこともあります。「誰かに相談したい」「何とか今の自分の状況を変えていきたい」という意欲がある人にとっては、カウンセリングが有効です。

しかし、カウンセリングが有効ではないこともあります。何より難しいのは、「病院に来るからには相談しに来る人ばかり」というわけではないからです。つまり、「病院には来ているけれども、周りに無理に連れてこられているなどして、本当はあまり相談する気がない」という方もいるということです。こうした場合には、いきなりカウンセリングを始めてもあまり効果はありません。

発達障害の薬物療法

自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラム(広汎性発達障害)に対する薬物療法はまだ存在しません。我が国では未認可ですが、 自閉症スペクトラムの方たちの一部にみられる易興奮性(すぐに興奮したり、カッとなってしまう)の改善を目的として、海外ではごく少量からリスペリドンやアリピプラゾールなどの非定型抗精神病薬が用いられることもあります。

ADHD

ADHD(注意欠如・多動性障害)ではメチルフェニデートやアトモキセチンなどのADHD治療薬が用いられます。

併存障害としての精神障害に対する治療

発達障害の方には、併存障害としてさまざまな精神障害(うつ病や適応障害、パーソナリティ障害など)を引き起こしてしまうことがあります。このようなときには、それぞれの症状に応じた薬物療法を行っていきます。背景に発達障害がある場合の精神障害は少量でも効果があることが多くなります。また、普通の用量では副作用(眠気・ふらつきなど)が出現してしまうことも多くあります。

これらの理由から、発達障害の併存障害としての精神障害に対しては、少量から薬物療法を開始します。

 

発達障害の早期発見、早期介入から成人期の支援まで、あらゆるライフステージにわたる臨床経験をもつ発達障害の専門家。知的障害を伴わない自閉症が稀ならず存在することを世界で初めて実証した疫学調査は国際的にも評価を受けている。現在は、大学を拠点として児童青年精神科医の育成と臨床研究体制の整備に取り組んでいる。

関連の医療相談が12件あります

関連記事