【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 feab0e39 ca78 4c05 9151 57def6e2af5a
新興感染症と再興感染症とは?その種類と問題点
近年、デング熱やジカ熱、MERSなどの感染症が国境を超えて猛威をふるい、WHOを中心に様々な対策が講じられています。グローバル化がすすむ日本においても、これらの感染症はもはや他人事ではなく、国際...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

新興感染症と再興感染症とは?その種類と問題点

公開日 2016 年 07 月 08 日 | 更新日 2017 年 12 月 05 日

新興感染症と再興感染症とは?その種類と問題点
大曲 貴夫 先生

国立国際医療研究センター国際感染症センター長・国際診療部長

大曲 貴夫 先生

近年、デング熱やジカ熱、MERSなどの感染症が国境を超えて猛威をふるい、WHOを中心に様々な対策が講じられています。グローバル化がすすむ日本においても、これらの感染症はもはや他人事ではなく、国際的な感染症への国民の意識は年々高まっています。

過去にはみられなかった「新興感染症」(エボラ出血熱など)や、一旦は封じ込めたかにみえたものの再び流行をみせている「再興感染症」(結核など)は、そもそもなぜ起こるのでしょうか。新興・再興感染症とはどのようなものか、国立国際医療研究センター国立感染症センター・センター長の大曲貴夫先生にお伺いしました。

新興感染症とは?-鳥インフルエンザやエボラ出血熱、HIVなど

この20年から30年の間に、国際感染症は日本でも非常に大きな問題として取り上げられるようになりました。2014年に日本でも大きな問題となったデング熱や、今夏のリオオリンピックを機に世界への感染拡大が懸念されているジカウイルス感染症(ジカ熱)、またエボラ出血熱やSARSなどはメディアでも大きく報道され、一般の方にも広く知られるところとなっています。

本項で解説する「新興感染症」とは、上述のような感染症のうち近年になってはじめて認知され、局地的あるいは国際的に公衆衛生をおびやかす問題となっているものをいいます。

具体的には、以下の感染症が新興感染症として挙げられます。

【代表的な新興感染症】

  • 重症急性呼吸器症候群(SARS)
  • 鳥インフルエンザ
  • ウエストナイル熱
  • エボラ出血熱
  • 中東呼吸器症候群(MERS)
  • クリプトスポリジウム症
  • クリミア・コンゴ出血熱
  • 後天性免疫不全症候群(HIV)
  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • ニパウイルス感染症
  • 日本紅斑熱
  • バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)感染症
  • マールブルグ病
  • ラッサ熱

なぜ新興感染症が起こるのか? 新たにウイルスが生まれるケースもある

新興感染症の中には、原因となる微生物が近年になり新たに生まれたというものも存在します。「新型インフルエンザ」は、まさにその代表といえるでしょう。インフルエンザウイルス自体は以前から存在していましたが、動物の中でウイルスとウイルスのゲノムが混ざるなどして、これまでに地球上に存在しなかったウイルスが誕生することもあり得るのです。

しかし上記は稀なケースであり、多くの新興感染症は、地球上に既に何十年も前から存在していたものと考えられます。つまり人類が近年に至るまでその感染症に遭遇しなかった、あるいは認知していなかったということです。

これら両方のパターンを合わせて「新興感染症」といいます。

新興感染症MERSは近年まで人類が出会わなかった感染症である可能性も

後者の例として、現在中東地域を中心に感染が報告されている新興感染症「中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)」についてお話します。MERSは昨年2015年に隣国の韓国において、院内感染に端を発して大流行を起こしたため、日本でもよく知られる感染症となっています。

MERSはSARSと同じコロナウイルスの一種が原因となる感染症で、ラクダが重要なウイルスの保有宿主となっています。

しかし、中東で流通しているラクダの中にはMERSコロナウイルスの抗体(対抗物質)を持つラクダもみつかっています。抗体ができているということは、過去にそのウイルスに感染しているということです。

また、中東のラクダの多くは東アフリカから持ち込まれたものですので、MERSコロナウイルスも大陸を横断してやって来たのではないかと仮説を立て、東アフリカのラクダのウイルス抗体価を調べた先生もおられます。

この調査により、東アフリカのラクダからもMERSコロナウイルスの抗体が検出されたため、MERSはごく最近まで人類が出会わなかったものの、アフリカ大陸には以前から存在したのではないかと推測することができます。

再興感染症とは-デング熱やジカ熱、結核など

再興感染症とは既に認知されていた感染症ではあるものの、過去に公衆衛生上の問題となるほどの流行はしなかったものや、一旦は下火になり近年再び猛威を振るい始めた感染症のことをいいます。再興感染症には次のように一般の方にもよく知られているものが多々あります。

【代表的な再興感染症】

  • 狂犬病
  • デング熱
  • ジカ熱(ジカウイルス感染症)
  • マラリア
  • ペスト
  • ジフテリア
  • 結核
  • サルモネラ感染症
  • コレラ
  • 黄熱
  • リーシュマニア症
  • エキノコックス症

現在南アメリカを中心に流行しているジカ熱も再興感染症

現在ブラジルなどの南アメリカ地域で流行を巻き起こしているジカ熱(正式にはジカウイルス感染症)は、2010年あたりから問題として取り上げられはじめ、この1~2年で急速に一般に認知されるようになりました。

そのため、ジカ熱は新興感染症であると思われている方も多いようですが、実はこの感染症は半世紀も昔に認知されている再興感染症のひとつです。

ジカウイルスという名前は、1947年にこのウイルスが初めてサルからみつかった場所であるアフリカ・ウガンダのZika forest(ジカ森林)に由来しています。尚、ヒトからジカウイルスがみつかったのは、それから約20年後の1968年です。

発見から50年近くの間、大きな問題になることはなかった理由には、ジカ熱の症状が比較的軽く、自然に治まってしまうことなどが関係しているのではないかと推測しています。ジカ熱の主症状である発熱は38度程度であり、またジカウイルスに感染しても2人に1人しか発症しません。妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに甚大な影響を及ぼすことで知られていますが、それ以外は発疹や目が少し赤くなるだけで済んでしまうといった特徴があるのです。

ただし、ヒトスジシマカが媒介蚊となるジカ熱とデング熱は、日本でも発生が懸念される感染症ですので、蚊に刺されないよう服装を注意するなど、正しい知識と対策が必要です。

(※デング熱については記事2「蚊が媒介するデング熱-2016年感染拡大が懸念される感染症と日本での対応」をご覧ください。)

感染症を根絶するのはなぜ難しい? 再興感染症の疑問

感染症のなかにはヒトだけでなく動物にも感染する「人畜共通感染症」が多く、完全に制圧することはほとんど不可能に近いといえます。たとえば鳥インフルエンザを根絶するには、人間だけでなく世界中の鳥へのウイルス感染も断たねばなりません。こういった難しさがあるために、一度は終息した感染症が歳月を経て再び流行してしまうのです。

私たち人間は、これまでも“人間サイド”で起こる問題については調査を徹底し、治療薬や対策法を確立してコントロールしてきました。結果として、ワクチン開発に成功した「天然痘」は、WHOにより1980年に撲滅宣言が出されました。しかし、天然痘を地球上から消し去ることができたのは、原因となるウイルスがヒトのみに感染するものであり、人畜共通感染症ではなかったからです。

人畜共通感染症に関しては、“動物サイド”の調査・研究の成果をいかにヒトの治療の領域の知見と結びつけていくか、統合的に物事を考えていく必要があると考えています。先述しましたが、現在アフリカや中東地域では、MERSの流行に伴いラクダの調査が進められています。動物サイドで起こっている問題を解明し、ヒトの世界での健康の問題に対応するために今度はその動物に対しどのような措置を行うのか等の形で物事を考えていく必要が出てくるでしょう。

結核はなぜ再び流行し始めたのか?「高齢化」と「国際化」から考える

「結核」は戦前の日本では「亡国病」とも呼ばれるほど蔓延していましたが、その後感染者は激減し、現代になり再び患者数が上昇した再興感染症です。

日本に限局して結核の新規登録者をみてみると、高齢者の中でも後期高齢者や超高齢者と呼ばれる年齢層の方が非常に多く、社会の「高齢化」の影響は見逃せません。

若い方が結核に罹患することは珍しく、患者数を人口10万人対率で表した罹患率も毎年少しずつ減っています。ですから、まずは高齢者の結核問題にアプローチすることが大切です。

グルーバル化に伴う若年層の結核感染への懸念-時代に即した対応を

日本の結核の患者数がなかなか減らない理由は、前項で述べた通り、増加する高齢者に新規登録者が多いからであり、現時点では若年層の結核罹患者はそう多くはありません。

しかし、これからの日本社会を考えると、若い方への結核予防に関する啓発も必要であるといえます。というのも、「国際化」に従い、今後結核が流行している地域から日本に働きに来られる方が、右肩上がりに増加していくことが見込まれるからです。実際に当院の結核病棟に入院されている患者さんの中にも、結核の高蔓延国から来られた若い患者さんがおられます。

また、日本人もどんどん海外へと出ていく時代になりました。増加する海外勤務や長期出張などが結核の感染に影響するのかどうか、詳細は現時点ではわかっていません。しかし、結核を専門とする先生などが今後の感染者数増加を懸念していることも事実です。

今後は、結核の高蔓延国に駐在される方が定期的に検査を受けられる体制を作るなど、時代に即した対応が必要になるものと考えます。

 

新興再興感染症とAMR(大曲貴夫先生)の連載記事

国立国際医療研究センター国際感染症センター長。感染症一般の臨床や病院内外の感染防止対策、感染症に関する危機管理を専門とし、「中東呼吸器症候群(MERS)等の新興再興呼吸器感染症への臨床対応法開発のための研究班」研究者代表を務める。
常に国際的な視点を持ち、国を跨いだ世界各国の患者さんの診療に貢献する一方、感染症問題に関する正しくわかりやすい情報発信にも尽力している。

「MERS」についての相談が10件あります

関連記事