新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

新型コロナワクチンはなぜこんなに速く開発できたの?〜1分でわかるコロナワクチンの基本〜

新型コロナワクチンはなぜこんなに速く開発できたの?〜1分でわかるコロナワクチンの基本〜
大曲 貴夫 先生

国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター センター長、AMR臨床リファレンスセンター ...

大曲 貴夫 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

この新型コロナウイルス感染症に関する記事の最終更新は2021年03月02日です。最新の情報については、厚生労働省などのホームページをご参照ください。

一般的にワクチンの開発までには数年はかかるといわれ、薬と同様にある程度の時間がかかります。なぜなら、その安全性と有効性を十分に確認する必要があるためです。しかし、新型コロナウイルスのワクチンは1年ほどで開発・承認され、ワクチンの接種が開始されています。ここで疑問なのは、なぜこんなに速く開発できたのか、安全性や有効性には問題はないのかということではないでしょうか。

コロナワクチン開発の謎

上の図のように、通常ワクチンが世の中に出回るまでには、候補の研究から始まり、基礎研究→非臨床研究→臨床研究→承認を得る申請・審査→承認という流れを経て、はじめて私たちへの接種が開始されます。そのため、通常ワクチンができるまでには数十年ほどかかるとされています。

しかし、今回の新型コロナウイルスワクチンでは、20年ほど前から最初の段階である土台の研究(候補の開発)が行われていました。さらに基礎研究、非臨床研究、臨床研究が並行して行われたほか、承認を得るための審査などを特別承認として異例の速さで認可された結果、全体でかかる期間を縮め、1年程度の期間でワクチン接種を開始することができるようになったのです。

また、開発工程においてもリーダーを配置し、必要に応じて各工程の専門業者に試験や書類等の作成などを任せたことも、理由の1つです。これによって、よりスムーズに開発から申請を行うことが実現したといいます。

つまり、どこかの工程を抜かしたり、省略したりしたということではなく、必要な工程を行いながらも全ての工程においてタイムラインを縮めていく努力がされたために、このような速さでワクチンの接種ができるようになったのです。

新型コロナウイルス感染症ワクチンは、その開発の速さから安全性や有効性に問題があるのではないかと疑問に思う方もいます。しかし前述のような開発者をはじめとする関係者の努力などによって、このような速さで開発ができたということを正しく理解することが大切です。また、ワクチンの詳細については明らかではないこともあるため、今ある情報を正しく理解し、今後出てくる情報を待つようにしましょう。

受診について相談する
  • 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター センター長、AMR臨床リファレンスセンター センター長

    大曲 貴夫 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    「新型コロナウイルス感染症」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    関連の医療相談が916件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「新型コロナウイルス感染症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。