新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

ワクチンを接種するとなぜ病気を予防できるの? ~1分で分かる新型コロナワクチンの基本~

ワクチンを接種するとなぜ病気を予防できるの? ~1分で分かる新型コロナワクチンの基本~
中野 貴司 先生

川崎医科大学 小児科学 教授

中野 貴司 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

この新型コロナウイルス感染症に関する記事の最終更新は2021年03月26日です。最新の情報については、厚生労働省などのホームページをご参照ください。

ワクチンの役割は、ある病原体(ウイルスや細菌など)に対して免疫をつけ、発症を予防することです。それでは、ワクチンを接種するとなぜ免疫がつくのでしょうか? また、効果や安全性の程度はどのように考えたらよいのでしょうか?

ワクチンは病原性(病気を発症させる力)をなくした、または弱めた病原体から作られる薬剤です。病気の予防を目的としてワクチンを接種することを“予防接種”といいます。

日本では、予防接種法によって規定された定期接種のワクチンと、そのほかに任意で受けることができるワクチンがあります。定期接種のワクチンは、その費用の全額や一部が公費負担で接種できます。

私たちの体は一度かかった病原体を記憶することで“免疫”ができ、次にその病原体が入ってきたときに跳ね返すことができます。“抗体”は免疫のはたらきを担う武器の1つです。したがって、“抗体価が高い”場合は“免疫力が強い”ことを意味します。

ワクチンを接種すると病原体に感染したときと似た状態になり、体がそれを記憶することで免疫がつきます。ワクチンに含まれる病原体は病原性をなくすか弱めてあるため、体に入っても基本的には安全です。

ワクチンの仕組み

ワクチンを打つと体に免疫ができるため、その感染症にかからないか、かかったとしても症状が軽く済むようになります。ただし、この免疫は自然に感染したときよりは弱いことが多く、ワクチンの種類によっても有効性は異なります。

*ワクチンの有効率について、もっと詳しく知りたい方はこちら

ワクチンによって体に好ましくない反応(副反応)が起こることもあります。ただし、一般的には副反応などワクチンを接種することのリスクよりも、その病気にかかったときのリスクのほうが大きいです。また、ワクチン接種後に起こった好ましくない出来事の全てが、ワクチンを原因とするとは限らないことにも注意が必要です。

*副反応と有害事象の違いについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

ワクチンを接種することで病原体に対する免疫がつくられ、感染症の発症や重症化を予防することが期待できます。一方で、100%発症を防げるわけではなく、副反応が起こることもあります。ワクチン接種のベネフィット(利益)とリスクを一人ひとりが適切に理解し、納得したうえで接種を受けることが大切です。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    「新型コロナウイルス感染症」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    関連の医療相談が916件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「新型コロナウイルス感染症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。