新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

ワクチンの“副反応”と“有害事象”の大事な違いとは? 〜1分でわかるコロナワクチンの基本の単語〜

ワクチンの“副反応”と“有害事象”の大事な違いとは? 〜1分でわかるコロナワクチンの基本の単語〜
中野 貴司 先生

川崎医科大学 小児科学 教授

中野 貴司 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

この新型コロナウイルス感染症に関する記事の最終更新は2021年02月24日です。最新の情報については、厚生労働省などのホームページをご参照ください。

最近、新型コロナワクチンについてのニュースなどで、「副反応疑いの報告」とか「有害事象は〇件」という言葉が飛び交っています。では、“有害事象”と“副反応”の意味を正しく説明できる人はどのくらいいるでしょうか? この2つの用語は似た使われ方をしますが、実は別の意味を持っているのです。

ワクチンを接種すると“免疫”ができます。この免疫によって、私たちは病気を予防することができます。ワクチンを接種して免疫ができるのは、“接種による効果”です。

しかし、ワクチンが引き起こすことは“効果”だけではありません。ワクチンを接種した後に注射を打った部位が腫れたり、熱が出たりしたことがある人もいるでしょう。このようにワクチンの“効果”以外に起こったことで、ワクチンが原因であるものを“副反応”といいます。

さて、ここで皆さんに注意していただきたいことがあります。もしワクチンを接種した日の夜に何らかの症状が出たら、誰でもワクチンのせいだと疑いたくなるでしょう。しかし、こうした症状全ての原因がワクチンであるとは限りません。たとえば、ワクチンを打った翌日に自転車とぶつかってけがをしたような場合、けがの原因は十中八九ワクチンではないでしょう。また、ワクチンを接種した後の発熱などは、その原因がワクチンであることもそうでないこともあります。

“有害事象”とはこのように、(1)ワクチンが原因のこと、(2)ワクチンが原因かどうか分からないこと、(3)ワクチン以外が原因のことを含めた“接種後に生じた全ての好ましくない出来事”を指します。起こった症状の原因がワクチンであるかどうかは、医師によって判断されます。

現在、新型コロナワクチンの有害事象として軽いものから重いものまでさまざまな症状が報告されており、不安を感じることもあるでしょう。しかし、“有害事象”の中にはワクチンが原因ではない、“たまたまワクチンを接種した後に起こったこと”も含まれています。“副反応”とは意味が違うことは覚えておきましょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    「新型コロナウイルス感染症」に関連する病院の紹介記事

    特定の医療機関について紹介する情報が掲載されています。

    「新型コロナウイルス感染症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。