【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 c4c0f13e b766 485c ae82 fb19dc8f091b
卵巣がんとはー治療後もフォローアップが重要
卵巣がんは初期に症状を認めにくく、診断される際には相当に進行している場合が多いがんです。そのため、治療は手術に加えて抗がん剤が併用されることが大半です。卵巣がんの要点について、山王病院院長堤治先...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

卵巣がんとはー治療後もフォローアップが重要

公開日 2014 年 12 月 04 日 | 更新日 2017 年 12 月 06 日

卵巣がんとはー治療後もフォローアップが重要
堤 治 先生

山王病院(東京都) 病院長

堤 治 先生

卵巣がんは初期に症状を認めにくく、診断される際には相当に進行している場合が多いがんです。そのため、治療は手術に加えて抗がん剤が併用されることが大半です。卵巣がんの要点について、山王病院院長 堤治先生にうかがいました。

卵巣がんとは

卵巣は、とても腫瘍のできやすい器官といわれています。卵巣にできる腫瘍は、「卵巣嚢腫」と「充実性腫瘍」の2つに大きく分けることができます。

卵巣嚢腫では、腫瘍の中に液体状のものがたまっており、良性のものが多いです。卵巣腫瘍の約85%がこのタイプです。一方、充実性腫瘍はかたいコブ状のかたまりで、その80%が悪性です。卵巣嚢腫・充実性腫瘍ともに「良性」「悪性」その間の「境界悪性」があり、悪性のものを卵巣がんと呼んでいます。

子宮、卵巣、卵管、膣、外陰(卵巣腫瘍)

 

卵巣がんには年間9000人程度が罹患し、死亡数は年間4500人を超えていて、罹患した場合の死亡率が非常に高い病気として知られています。卵巣がんは最近増加傾向にあり、発症の若年化も指摘されています。

卵巣がんのリスク

卵巣がんになりやすい方として挙げられるのは、以下のような方です。

・欧米型の食生活(高脂肪食)の方

・肥満の方

・出産したことのない方

卵巣がんの症状

また、卵巣は沈黙の臓器ともいわれ、卵巣がんは初期には症状がないことが多いため、進行した状態で発見されることが多いのが特徴です。進行した段階で出てくる症状としては、以下が挙げられます。

•食欲不振・吐き気

•便秘

•頻尿

•腹部膨満感

•腹痛

•腰痛

卵巣がんの検査

卵巣がんは、先述したように症状がないことが多いため、妊婦検診や子宮がん検診、他の病気での受診時などに偶然発見されることが多い病気です。

卵巣がんが疑われる際に行われる検査としては、以下があります。

•超音波検査卵巣腫瘍の性状を評価する

•MRI検査卵巣がんの周囲への浸潤の有無を評価する

•CT検査転移の有無を評価する

•腫瘍マーカー検査(血液検査)治療中・治療後フォローの参考として用いる

卵巣がんの進行期分類

卵巣がんは、どれだけ進行しているかによってⅠ期からⅣ期に分類されます。

臨床進行期分類

定義

Ⅰ期

がんが卵巣内に限局している

Ⅱ期

がんが骨盤内に進展している

Ⅲ期

がんが骨盤外に進展している

Ⅳ期

がんが遠隔転移をしている

手術と化学療法

卵巣がんの治療はまず手術を行い、たとえ完全に摘出できなくても出来るだけ腫瘍を取り除き、術後に化学療法(抗がん剤を用いた治療のこと)を行うのが基本です。卵巣がんは悪性腫瘍のうちでも化学療法がよく効く疾患ですが、がんの種類によって効く薬が違います。たとえ手術ですべて取り除くことが不可能でも手術によってがんの種類を診断し、抗がん剤を選択する必要があります。

卵巣がんの手術は、悪性の度合いか、またその大きさや形状などにより術式を選択します。そして原則として、子宮、卵巣を取ります。ただし、どうしても子供が欲しい場合は、Ⅰ期で比較的悪性度の低い限り、温存できることもあります。しかしそれ以上の進行にしたものについては、子宮と卵巣を取らざるを得ません。

治療後もフォローアップが重要!

卵巣がんは治療により寛解(臨床的にがんがなくなったと判断される状態)に達しても再発する例が少なくないので、厳重なフォローアップが必要です。

一般的には、治療終了後1年間は1か月ごと、2年目は3か月ごと、3年目は4か月ごと、4~5年目は6か月ごと、それ以後は1年に1回の診察とし、内診、エコー検査、腫瘍マーカーの測定を行い、これらに異常があればCTやMRI検査を行います。治療時の進行期がIII期以上の例で再発のリスクが高いと考える場合は、再発の徴候がなくても治療終了後1~2年間は3~4ヶ月ごとに念押しのための化学療法(cyclic chemotherapy)を行う場合もあります。

卵巣がんは再発も多いのですが、一方では化学療法によく反応しますので、定期的にきちんとフォローアップし、再発をできるだけ早くみつけることが大切です。

 

卵巣がん (堤治先生)の連載記事

東京大学産婦人科教授を経て、2008年4月から山王病院院長に就任。東宮職御用掛として、雅子妃殿下のご出産を担当した。子宮内膜症や子宮筋腫をはじめとするエストロゲン依存性疾患に加え、腹腔鏡手術においても日本の第一人者である。

「卵巣がん」についての相談が13件あります

関連記事