【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 3da788c6 e6d6 4632 9ae9 096798b39c38
日本胃癌学会総会会長の考える、胃がん治療の「分化と統合」とは
日本は世界に誇る胃がん治療技術を持つ国であり、さらに高度なスキルを持つ医師が各地にいます。しかし、各々の持つ意見を「集約」することは不得意であり、それが国際社会にインパクトを残すことができない原...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

日本胃癌学会総会会長の考える、胃がん治療の「分化と統合」とは

公開日 2016 年 01 月 23 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

日本胃癌学会総会会長の考える、胃がん治療の「分化と統合」とは
二宮 基樹 先生

広島市民病院副院長 通院治療センター主任部長 /2016年5月より国家公務員共済広島記念病院消化器センター長

二宮 基樹 先生

日本は世界に誇る胃がん治療技術を持つ国であり、さらに高度なスキルを持つ医師が各地にいます。しかし、各々の持つ意見を「集約」することは不得意であり、それが国際社会にインパクトを残すことができない原因であると、第87回日本胃癌学会総会会長の二宮基樹先生は主張されています。日本人が元来得意としている「分化」と、不得手としてきた「統合」の必要性についてご解説いただきました。

日本では様々な専門領域が「分化」している

2015年に開催された第87回日本胃癌学会総会にて、私は会長を務め、学会テーマを「分化と統合」と定めました。まず、医療分野における「分化」とはどのようなことかをお話ししましょう。

日本には全国各地に優れたオペレーター(術者)が沢山おり、これは他国とは異なる日本の財産といえることです。また、胃がん治療においては開腹手術や内視鏡治療、化学療法など、それぞれの領域が高度に専門分化しています。つまり、日本はもともと分化していくことが得意であり、各々の専門領域や一施設で己の腕や技術力を高め、匠になろうとする特性を持っているのです。

しかし、これとは逆に分かれていたものを集約化すること、すなわち組織として「統合」することは苦手であり、これがボーダーレス化する現代において致命的な弱点となっています。

中国・韓国のように「統合」することで国際的なインパクトを

日中韓を含む東アジアは、世界の胃がん患者数の約6割を占めており、この3か国は胃がん治療技術を高めるために、手を携えながら切磋琢磨しています。たとえば、韓国では胃がん治療のスペシャリストも患者も皆ソウルに集めています。中国でも同様の動きがみられます。すると、当然ながら国単位でのインパクトは、臨床試験も含めて日本よりも大きいものになります。たとえば、家電業界を例に出してご説明すると、日本には沢山のメーカーが存在し、切磋琢磨し新しい技術を生み出していますが、韓国は大手一社が強烈なインパクトを持って世界に名をとどろかせています。これが、日本の苦手とする「統合」による成果です。

第87回日本胃癌学会総会のテーマを「分化と統合」としたのは、学会という場が学術の統合の場であるべきと考えたからです。たとえば、同じ胃がんに対して、腹腔鏡手術を選ぶ方もいれば、開腹手術を選ぶ方もいます。また、内科医は内視鏡治療を選ぶかもしれません。一同が一か所に会し、それぞれの意見を出し合うことで、互いを高め合いよりよい治療法を見出すことができると考えたのです。

医療のエビデンスを創る臨床試験も、小さなものを各地でやるのではなく、日本全体で統合して国際的に通用するようなインパクトのあるものを行うべきです。

現代はチーム医療を行う時代である

ここまでは医師に特化した話をしてきましたが、現代は医師だけでなく、看護師や臨床心理士、栄養士などが、それぞれの専門性を活かして「チーム医療」を行う時代です。これも「統合」の場が必要であると考えた理由の一つです。職種、専門領域、そして国、あらゆる分化していたものをまとめるべき時代が来ているのです。

第87回日本胃癌学会総会では、韓国や中国をはじめとする沢山の国からも質の高い演題の応募がありました。現在日本は韓国との共同研究をしていますが、今後は中国も加わり、ますますボーダーレス化が進んでいくでしょう。

また、学会の運営面では、科や業種、施設の垣根を超えて、100名以上もの方が協働してくださり、これまで分化していたものを集約して統合していくという役割を貫くことができた学会になったと感じています。

とはいえ、日本の胃がん治療の「統合」は、今始まったばかりです。今後いっそう力を入れて、施設間や委員会同士の統合、データの登録などをすすめる必要があります。治療が共通化されることで、国としての治療成績が向上し、世界に発信できるものに昇華していくのだと考えています。

 

広島市立広島市民病院副院長および通院治療センター主任部長。日本の胃がん治療を牽引し続けてきた当分野の第一人者であり、第87回日本胃癌学会総会では「分化と統合」をテーマに会長を務めた。日本の胃がん外科治療技術を世界に紹介する「胃癌伝道師」となることを夢に、中国の上海交通大学をはじめ各国との医療技術交流も精力的に行っている。

「胃がん」についての相談が13件あります

関連記事