新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

解離性脳動脈瘤とは

解離性脳動脈瘤とは
水谷 徹 先生

昭和大学 医学部脳神経外科学講座 教授

水谷 徹 先生

脳ドックの発展により「脳動脈瘤」という言葉をよく耳にするようになりました。一般的に「ドックで動脈瘤が見つかった」という場合、コブ状の動脈瘤(嚢状動脈瘤)を指します。しかし、動脈瘤には血管そのものが膨らんでしまう「解離性脳動脈瘤」という動脈瘤もあります。昭和大学医学部脳神経外科学講座教授の水谷徹先生に解離性脳動脈瘤についてお話をうかがいます。

動脈瘤にはいくつか種類があります。ひとつは血管にコブができる嚢状動脈瘤で、もうひとつは血管自体が膨らんだ瘤になる本幹動脈瘤です。

嚢状動脈瘤と本幹動脈瘤
嚢状動脈瘤と本幹動脈瘤

脳の正常な動脈は内側から内弾性板、中膜、外膜という3層の構造になっています。中でも正常の内弾性板は、血圧600mmHgまでの圧に耐えることができる、動脈壁の一番強い構造です。また、必要に応じて内膜が一番内側に形成されます。基本的に内膜は血管に損傷が加わったときに、それを修復する組織であり、通常の動脈にはほとんど見られません。

正常な動脈では内膜は目立たず、内側から内弾性板、中膜、外膜と3層になっているように見られる。脳動脈解離は内弾性板が断裂し、中膜内に血流が進展することによって生じる
正常な動脈では内膜は目立たず、内側から内弾性板、中膜、外膜と3層になっているように見られる。脳動脈解離は内弾性板が断裂し、中膜内に血流が進展することによって生じる

内弾性板が大きく断裂し、この部分をエントリーとして「中膜」の中に血液が侵入する病態を「脳動脈解離」といいます。

そのうち瘤化するものが「解離性脳動脈瘤」です。脳動脈解離(解離性脳動脈瘤)の発生時には頭痛を生じることが特徴的です。解離性脳動脈瘤は、破裂するとくも膜下出血を引き起こします。また、動脈解離の部位からの分枝動脈の閉塞や、遠位部(動脈解離が起きた場所から離れた場所)に解離部位に生じた血栓が流れて動脈がつまって脳梗塞になることがあります。

解離性脳動脈瘤‐偽腔へのエントリー部分から中膜に血液が流れ込む
解離性脳動脈瘤‐偽腔へのエントリー部分から中膜に血液が流れ込む

解離性脳動脈瘤は、80~90パーセントが椎骨動脈に発生します。そのほか、脳底動脈、内頚動脈、前大脳動脈、後下小脳動脈、後大脳動脈、中大脳動脈などほとんどの主幹動脈に発生します。そして、これらの主幹動脈はくも膜下腔に存在するため、この解離性脳動脈瘤が破裂するとくも膜下出血を引き起こします。

脳主幹動脈(赤線部)
脳主幹動脈(赤線部)

解離性脳動脈瘤は、男性にやや多いのが特徴です。若い20代から高齢の60代まで発症年齢は幅広く、40代がもっとも多い年代です。くも膜下出血の原因としてみると、解離性脳動脈瘤は約3パーセントの割合を占め、年間30万人に1~2人の割合です。しかし、解離性脳動脈瘤は気づかないうちに自然組織治癒してしまうこともあるため、どれくらいの人に解離性脳動脈瘤が発生しているか正確にはわかっていません。

 

受診について相談する
  • 昭和大学 医学部脳神経外科学講座 教授

    水谷 徹 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が12件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「脳動脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。