【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 57f6aa9d c25e 4456 b865 bf9b2935d4fa
頭が痛い!解離性脳動脈瘤の危険性と症状
この記事では、昭和大学脳神経外科学教授水谷徹先生に解離性脳動脈瘤の治療についてお話をうかがいます。椎骨動脈に発生した解離性脳動脈瘤の治療椎骨動脈は左右に2本存在していますが、これが1本に合流して...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

頭が痛い!解離性脳動脈瘤の危険性と症状

公開日 2016 年 08 月 12 日 | 更新日 2017 年 12 月 07 日

頭が痛い!解離性脳動脈瘤の危険性と症状
水谷 徹 先生

昭和大学医学部脳神経外科学講座 教授

水谷 徹 先生

この記事では、昭和大学脳神経外科学教授水谷徹先生に解離性脳動脈瘤の治療についてお話をうかがいます。

椎骨動脈に発生した解離性脳動脈瘤の治療

椎骨動脈は左右に2本存在していますが、これが1本に合流して脳底動脈になります。

椎骨動脈と脳底動脈の位置
椎骨動脈と脳底動脈の位置

 

解離性脳動脈瘤がもっとも多く発生する部位である椎骨動脈には、小脳に血液を送る後下小脳動脈という1本の比較的太い血管と延髄を栄養する非常に細い穿通枝が2~5本出ています。後下小脳動脈の血流が途絶えると小脳が脳梗塞になり、めまい、運動失調や脳腫脹を生じた場合には意識障害を起こす危険があります。

多くの場合、治療の工夫によって後下小脳動脈の血流を残すことが可能ですが、動脈瘤の中央付近からこの動脈が出ている場合は治療が難しくなり、頭蓋外の血管と後下小脳動脈を吻合するバイパス術(血流を通すために代わりの血管を確保すること)を必要とすることがあります。また、穿通枝が動脈瘤そのものから出ている場合、動脈瘤を閉塞すると血流低下をきたし延髄の外側部分が脳梗塞になります。この症状はワレンベルグ症候群といわれ、感覚障害、運動失調、嚥下障害などを起こすことがあります。

解離性脳動脈瘤によるくも膜下出血はどの施設でも治療可能か

解離性脳動脈瘤の治療においても、最近は血管内手術を選択することが増えています。しかし、すべての脳外科施設に、血管内治療の専門医が常駐しているわけではありません。

解離性脳動脈瘤のくも膜下出血は再破裂率が高いため、より急性期の治療を必要とします。救急で搬送された施設で開頭手術か血管内手術のうち、より早く対応できる治療方法を選択すべきでしょう。

椎骨動脈解離性動脈瘤の開頭手術

解離性動脈瘤を動脈ごと閉塞する方法は、近位部のみをクリップで閉塞する近位部クリップと近位部と遠位部の両端を閉塞するトラッピングがあります。トラッピングの方が破裂予防効果は確実ですが、近位部クリップで動脈瘤部分を盲端にすること(一方の端が閉じていること)でも充分な効果があります。

動脈瘤ができた位置によってクリップで閉塞する位置が変わる
動脈瘤ができた位置によってクリップで閉塞する位置が変わる

また、椎骨動脈解離性動脈瘤の場合、遠位端は嚥下の働きをする脳神経に近く術野が奥の見えにくいところになるため、無理に遠位端にクリップをかけることは、神経を痛める原因にもなり得策ではありません。両方の使い分けは、動脈瘤の解剖学的位置、形状、動脈瘤途中からの分岐血管の位置や状態で判断します。

コイルによって血管内部を充填する(詰める)血管内治療

足の付け根部分の大腿動脈からカテーテルを通し、血管の中から解離性脳動脈瘤の発生場所まですすみ、動脈瘤の中にコイルをつめて血流を遮断する方法です。

椎骨動脈解離性脳動脈瘤の血管内治療  動脈瘤のある側の椎骨動脈が塞栓されても対側の椎骨動脈によって血流が確保できる
椎骨動脈解離性脳動脈瘤の血管内治療 
動脈瘤のある側の椎骨動脈が塞栓されても対側の椎骨動脈によって血流が確保できる

椎骨動脈の太さが同程度であれば、どちらか一方の血管によって脳底動脈から先への十分な血流が確保できます。そのため、このような治療は椎骨動脈にできた椎骨動脈解離性脳動脈瘤などの治療に用いられます。

 

解離性脳動脈瘤(水谷先生)の連載記事

2012年の着任以来、脳血管手術の治療成績を一気に引き上げた脳外科手術のスペシャリスト。水谷先生の腕を頼り、開頭手術の対象となるような難しい症例の患者さんが全国から後を絶たない。脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など脳卒中治療において日本一を目指す。

関連の医療相談が8件あります

関連記事