インタビュー

巨大脳動脈瘤、画像で見る実際の治療

巨大脳動脈瘤、画像で見る実際の治療
昭和大学藤が丘病院脳神経外科 教授 寺田 友昭 先生

昭和大学藤が丘病院脳神経外科 教授

寺田 友昭 先生

ステント留置術は、ステントに血栓がつきやすいというリスクがあります。しかし、大きな動脈瘤の場合そのリスクよりも破裂する確率のほうが高くなるため、治療を行ったほうが望ましいといわれます。昭和大学脳神経外科寺田友昭先生に巨大動脈瘤の実際の症例についてお話をうかがいます。

73歳女性、20ミリの脳底動脈先端部動脈瘤 Yステントを用いた例

上:Y字型にステントが重なって置かれている 下:治療によって動脈瘤が閉塞され、血流が流れなくなった。矢印部にステントが入っている。(写真:寺田先生ご提供)

発見の経緯・実際に行ったこと

くも膜下出血の家族歴があり、頭痛の症状があり検査を受けたところ未破裂動脈瘤が発見されました。動脈瘤をコイルで塞栓し、その後ステントを置いて治療を終えました。    

複数ステント留置のリスク

血管内に複数のステントを置くと、そのステントに血栓がつきやすいというリスクがあります。そのため、ステントが多ければ多いほど血栓塞栓性合併(脳梗塞)のリスクも高くなります。ただし、25ミリ以上の巨大動脈瘤はそのまま放置すると高率に破裂することがわかっています。つまり、治療によって血管がつまりやすくなる可能性はあるものの、「そのリスクよりも破裂するリスクのほうが高い」ため、大きい動脈瘤はステントを用いてでも治療をしたほうが望ましいといえます。また、2016年の秋ごろからはフローダイバータという網目の細かいステントによる治療も藤が丘病院で行われるようになります。このステントを留置するだけで動脈瘤が自然に閉塞することが知られています。