【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 ef7cb9c7 37bf 4cc5 9edd 849eee638fde
巨大脳動脈瘤、画像で見る実際の治療
ステント留置術は、ステントに血栓がつきやすいというリスクがあります。しかし、大きな動脈瘤の場合そのリスクよりも破裂する確率のほうが高くなるため、治療を行ったほうが望ましいといわれます。昭和大学脳...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

巨大脳動脈瘤、画像で見る実際の治療

公開日 2016 年 04 月 21 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

巨大脳動脈瘤、画像で見る実際の治療
寺田 友昭 先生

昭和大学藤が丘病院脳神経外科 教授

寺田 友昭 先生

ステント留置術は、ステントに血栓がつきやすいというリスクがあります。しかし、大きな動脈瘤の場合そのリスクよりも破裂する確率のほうが高くなるため、治療を行ったほうが望ましいといわれます。昭和大学脳神経外科寺田友昭先生に巨大動脈瘤の実際の症例についてお話をうかがいます。

73歳女性、20ミリの脳底動脈先端部動脈瘤 Yステントを用いた例

上:Y字型にステントが重なって置かれている 下:治療によって動脈瘤が閉塞され、血流が流れなくなった。矢印部にステントが入っている。(写真:寺田先生ご提供)

発見の経緯・実際に行ったこと

くも膜下出血の家族歴があり、頭痛の症状があり検査を受けたところ未破裂動脈瘤が発見されました。動脈瘤をコイルで塞栓し、その後ステントを置いて治療を終えました。    

複数ステント留置のリスク

血管内に複数のステントを置くと、そのステントに血栓がつきやすいというリスクがあります。そのため、ステントが多ければ多いほど血栓塞栓性合併(脳梗塞)のリスクも高くなります。ただし、25ミリ以上の巨大動脈瘤はそのまま放置すると高率に破裂することがわかっています。つまり、治療によって血管がつまりやすくなる可能性はあるものの、「そのリスクよりも破裂するリスクのほうが高い」ため、大きい動脈瘤はステントを用いてでも治療をしたほうが望ましいといえます。また、2016年の秋ごろからはフローダイバータという網目の細かいステントによる治療も藤が丘病院で行われるようになります。このステントを留置するだけで動脈瘤が自然に閉塞することが知られています。

 

脳血管内治療のすべての領域を得意とし、その治療経験数は2,300件を超える脳血管内治療のトップエキスパート。脳動静脈奇形(AVM)や頚動脈狭窄症(CTO)の難しい症例にも果敢にチャレンジし、高い治療成績を誇る。「24時間365日体制ですべての脳卒中に対応する」ビジョンを掲げ、治療件数は日々更新されている。

関連の医療相談が8件あります

関連記事