新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

未破裂動脈瘤の治療は正確なインフォームドコンセントが重要

未破裂動脈瘤の治療は正確なインフォームドコンセントが重要
水谷 徹 先生

昭和大学 医学部脳神経外科学講座 教授

水谷 徹 先生

脳動脈瘤は脳ドックや、頭痛めまいなどの原因を調べるためにMRI、MRAを受けることで発見されます。脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血という重大な病気になるため、治療をするかどうか、どんな治療をするかについて正確なインフォームドコンセントを受けることが重要です。脳動脈瘤は、大きさ、形など千差万別でバリエーションが多い疾患だからです。昭和大学脳神経外科学教授 水谷徹先生にお話をうかがいます。

脳ドックなどで脳動脈瘤が見つかった場合、治療をするかどうかの判断には「自然歴」が重要です。「自然歴」とは、「破裂の危険性はどのくらいあるのか」「増大や変形する可能性はどのくらいあるのか」という確率を指します。医師が治療をするかどうか判断する際には、この自然歴を基準に考えます。

さらに、自然歴を予測したら次に考慮しなければならないのは治療の安全性とリスクです。脳動脈瘤が見つかっても、すべての方にとって治療することがベストな選択とは限りません。その脳動脈瘤は安全に治療できるか、治療の際に合併症が起きる確率はどれくらいか、経過観察と手術ではどちらが危険かなど治療を行うことにより発生するリスクを、患者さんそれぞれに予測しなければなりません。

治療をするかどうかの判断は、この「自然歴」と「治療のリスク」を常に比較しながら検討していきます。

もし「治療を行う」と決まった場合、次に検討されるのは「どんな治療がよいか」です。脳動脈瘤の治療には手術によって頭を開けて外側から脳動脈瘤を治療する「開頭手術」と、頭を開けずに血管内で治療を行う「血管内治療」の2つがあります。ここで患者さんにご理解いただかなくてはならないのは、「どちらの治療のほうが絶対によい」という基準で考えることはできないことです。なぜなら、どちらの治療にも優れた点とそうでない点が存在するからです。

<治療のリスクと合併症>

開頭手術

(脳動脈瘤治療の約7割を占める)

直接病変に触れるため、侵襲性(周辺の脳組織へ影響を及ぼす可能性)があるといえます。頭を切って手術するので入院期間も長くなります。ただし、再発が少なく「根治」という面では大変優れた治療です。どんな形の動脈瘤にも対応でき、術中に万が一出血が起きた場合でもリカバーしやすいという特徴があります。

血管内治療

(脳動脈瘤治療の約3割を占める)

頭を切らなくてよいため、低侵襲(病変以外のほかの脳組織への影響の心配がない)であることが利点です。ただし、10パーセント程度の長期的な再発(動脈瘤に詰めたコイルの隙間から血流が入り込み再び動脈瘤が発生する)と、動脈瘤の形によっては治療ができないというマイナス面があります。また、万が一手術中に出血が起こった場合、リカバーしにくいという特徴があります。

脳動脈瘤は、形、場所、大きさによってバリエーションが多い病気です。ですから「どちらの治療法が絶対的によいか」という考え方はできないものの、「どちらの治療が適しているのか」を導き出すことは可能です。上記に加え患者さんそれぞれの自然歴や条件は異なりますので「自分に」適した方法を医師とよく相談することが重要です。

 

 

受診について相談する
  • 昭和大学 医学部脳神経外科学講座 教授

    水谷 徹 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が12件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「脳動脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。