新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

男性不妊の薬物治療について

男性不妊の薬物治療について
湯村  寧 先生

横浜市立大学附属市民総合医療センター 生殖医療センター 部長 田園都市レディースクリニック

湯村 寧 先生

不妊症の治療 -体外受精胚移植(IVF-ET)法として、以下の2つが挙げられます。このうち、この記事では(1)の薬物療法について詳しく説明します。

(1)薬物療法
内分泌療法(ホルモンを投与する)
非内分泌療法(ビタミン・漢方薬などを投与する)

(2)手術療法
精索静脈瘤手術
精路再建術
精巣内精子回収術(TESE)

薬物療法については、薬物によっては、まだ効果の根拠・証拠がはっきりしていないものもあります。一方で、精液検査の結果が良くなったというデータが出ているものもあります。

薬物療法には、大きく分けて2つの方法があります。ホルモン製剤を投与する内分泌療法と、ホルモン製剤以外の薬を使用する非内分泌療法です。

内分泌療法は、元々精子を形成するために必要なホルモン(FSHLHなど)が不足している場合に行われることが多く、必要とする患者さんもそれほど多くはありません。

非内分泌療法の多くでは、漢方薬やビタミン、抗酸化剤などを用います。しかし、いわゆる「特効薬」というものはなく、「使用してみて効果を確認し、効果が無ければ別の薬に替える」ということが多くあります。精子が作られるためには64〜74日を要しますので、効果の有無を確認するため、1種類の薬につき最低3ヶ月使い続ける必要があります。

医師やクリニックによって多くのパターンがあるので一概にどれがいいとは言えませんし、あまり決定的な根拠のある方法はありません。サプリメントについても同様に、効果があるという根拠がないものも、あるものもあります。以下のフローチャートを参考にしてください。

男性不妊患者への内服治療

男性不妊患者への内服治療

 

受診について相談する
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 生殖医療センター 泌尿器科部長・准教授、田園都市レディースクリニック 臨時職員

    湯村 寧 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が18件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「男性不妊」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。