【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 f08e4a2e bd6c 4160 aa8b 09c1b97a5b8e
男性不妊の原因 「精子の質」が低下する要因とは?
近年、女性の不妊だけでなく、男性の不妊に対する認知が進んできています。男性不妊の原因はいくつかありますが、そのなかでも最大の原因は「精子の質の低下」だとされています。そして近年では「精子の質の低...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

男性不妊の原因 「精子の質」が低下する要因とは?

公開日 2017 年 10 月 20 日 | 更新日 2018 年 02 月 06 日

男性不妊の原因 「精子の質」が低下する要因とは?
木村 将貴 先生

帝京大学医学部附属病院 泌尿器科 講師

木村 将貴 先生

林 博 先生

恵愛生殖医療医院 院長

林 博 先生

近年、女性の不妊だけでなく、男性の不妊に対する認知が進んできています。

男性不妊の原因はいくつかありますが、そのなかでも最大の原因は「精子の質の低下」だとされています。そして近年では「精子の質の低下」に関する大規模な研究も報告されてきており、精子の質についての議論が活発になってきています。

本記事では、男性不妊の大きな原因となる「精子の質の低下」について、男性不妊をご専門にされている帝京大学医学部附属病院 泌尿器科 講師 木村将貴先生に解説いただきました。

不妊の原因は女性・男性どちらにもありうる

国立社会保障・人口問題研究所が2015年に報告した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によると、不妊を心配したことがある夫婦の割合は35%、そのなかでも子どものいない夫婦に限ると、その割合は55.2%にのぼることがわかっています。この割合は前回の調査(2010年)と比較すると増加しており、不妊についての心配を抱える方は増えてきていると予想されています。

不妊の原因というと、女性の問題というイメージを持つ方もいらっしゃいますが、そうではありません。女性だけでなく、男性側の問題が不妊の原因になっている場合もあります。

不妊症には以下の3つがあります。

  1. 男性に原因があるもの
  2. 女性に原因があるもの
  3. 男女両方に原因があるもの

このうち、①男性に原因があるものと、③男女両方に原因があるもの、つまり男性因子による不妊という視点でみてみると、不妊の40~50%は男性側の原因によるものが占めているといわれています。

こうしたデータからわかるように、不妊というのは女性だけの問題ではなく、男性側にもあるということを正しく知っていただきたいと思っています。

男性不妊の最大の原因は「質のよい精子がつくられない」こと

男性不妊の原因としては主に下記のようなものが挙げられます。

---

  1. 造精機能障害 (質のよい精子が正常につくられない)
  2. 精路通過障害 (精子の通り道が塞がっている)
  3. 性機能障害  (射精や勃起がうまくいかない)

---

では男性の不妊においてはどの原因が最も大きいのでしょうか。

原因の約90%を占めているのは、精子が正常につくられない「造精機能障害」です。造精機能障害では、精子が形成されるもしくは成熟していく過程に何らかの問題が生じている障害です。こうして質のよい精子がつくられないと、不妊症へと発展していきます。

「精子の質」とは?

「精子の質」とは?

では精子の質とはどのように決定されるのでしょうか。

一般的に「精子の質」は、下記のような要素によって決められています。

---

  • 精液の量
  • 精子の密度(濃度)
  • 精子の運動性
  • 精子形態      など

---

たとえば精液の量が少ない、精子の運動率が低いといった場合には精子の質が低下している状態であり、妊娠に結びつきにくいと考えられます。

精子の質が低下する原因とは?

ではなぜ、質のよい精子がつくられなくなるのでしょうか。

質のよい精子を作り出せなくなる障害(造精機能障害)の原因は、明確になっている場合と、いまだ不明とされている場合があります。

原因が明確にある造精機能障害は全体の約30%です。

たとえば精索の静脈がこぶ状に拡張する精索静脈瘤や、男性の性染色体の異常によって性腺機能不全を引き起こすクラインフェルター症候群などを発症していると、精子の形成や成熟の過程に問題が生じ、精子の質が低下してしまいます。

一方、原因不明である造精機能障害は全体の約60%で、男性不妊の半数以上はここに当てはまります。原因不明の造精機能障害では、疾患の明確な発症は認められていません。男性不妊の半数以上は原因が不明なのです。

近年明らかになってきた、精子の質を低下させる因子

なぜ、精索静脈瘤やクラインフェルター症候群といった原因疾患を発症していなくても、精子の質が低下してしまうのでしょうか。その理由を明らかにするためにこれまでさまざまな研究が進められてきました。そして近年、いくつかの研究の報告によってその要因が明らかにされてきています。

2011年に産科医向けの国際ジャーナル「Fertility and Sterility」で、それまでに発表されてきた57の横断研究*の結果を統合して解析することで、いくつかの社会的・心理的行動因子と精子の質との関連を明らかにした論文が掲載されました。この論文では、年齢、体格指数(BMI)、心理的ストレス、喫煙、アルコール、コーヒー消費の6つの要因を取り上げ、それぞれ精子の質に影響を及ぼすかどうかを検討しました。

横断研究…ある集団のある一定時点における健康状態や疾患発病などを調査した研究

その結果、次のような結果が得られました。

■【喫煙】

喫煙は、健康な男性および不妊の男性において、精液の量、精子の密度、精子数、精子の運動性、精子形態という全ての精子パラメーターを悪化させる可能性が示されました。

(※喫煙は、スイス人・イラン人精液量、米国人・デンマーク人・ブラジル人を対象とした研究における精子密度のリスク因子にはなりませんでした。)

■【加齢】

加齢は精液量の減少のリスク要因であることが明らかになりました。

■【アルコールの摂取】

加齢と同じく、アルコールの摂取は精液量の減少のリスク要因であることがわかりました。

■【心理的ストレス】

心理的ストレスは、精子密度の低下、精子の前進運動性の低下、異常な精子形成の増加に影響を及ぼす可能性が示されました。

つまり、57の研究を統合し解析した非常に大きな研究の結果によると、喫煙、加齢、アルコール摂取、心理的ストレスは、精子の質を低下させる可能性があることがわかったのです。

 

このなかでも特に私が注目している要因は「心理的ストレス」です。喫煙やアルコールの摂取といった生活習慣の悪化のみならず、心理的なストレスというのも、精子の質を左右する大きな要因であることが、この研究から示されました。心理的ストレスが精子の質に影響を及ぼすという報告は、このほかにもいくつか報告されています。

心理的ストレスによって「精子の質」が低下する?

心理的ストレスによって「精子の質」が低下する?

同じく2010年に「Fertility and Sterility」にて発表された研究で、心理的ストレスと精子の質の関連を調べたものがあります。この研究では米国の5つの都市にある出産前診療所にて、妊娠中の女性のパートナー(774名)を対象として、精子密度、精子の運動性、精子形態、正常精液の基準値( WHOの基準による)を評価しました。

その結果、最近に2つ以上のストレス生活事象を抱えた男性は、ストレス生活事象を1以下しか抱えていない男性と比較して、精子密度、精子の運動性、精子形態などの基準によって決定されるWHOの正常精液基準値の「正常」を下回る可能性が高まることがわかりました。

このようにストレスに暴露される度合いによっても、精子の質が変わってくることが明らかになっているのです。

なぜ心理的ストレスは精子の質の低下に影響を及ぼすのか?

なぜ心理的ストレスは精子の質の低下に影響を及ぼすのでしょうか。その理由は心理的ストレスが「内分泌系」の機能に影響を与えるためだと考えられています。心理的ストレスによる負荷が大きくなると、体の内分泌系の機能に異常をきたし、下垂体からのテストステロンの分泌が低下することがわかっています。これは男性の更年期の発症メカニズムと同様です。

この「テストステロン分泌の低下」は精子の形成に影響を及ぼします。これまでの研究では、精子の形成は精巣中のテストステロンの量に比例することが示されています。つまり心理的ストレスによって精巣中のテストステロン濃度が低下することで、精子の形成に影響があらわれ、結果として精子の質の低下へとつながるのではないかと考えられています。

「精子の質」を低下させないために

先生

▲右)木村先生、左)この日ご一緒にお話を伺った恵愛生殖医療クリニック志木 院長 林 博先生

このように、精子の質の低下には喫煙、加齢、アルコール摂取、心理的ストレスなどが関わっていることが明らかになっています。さらにほかの研究では肥満、抗精神病薬の使用、コーヒーの摂取なども精子の質を低下させる要因として報告されているものがあります。このような結果を見てみると、生活習慣の改善は、精子の質を低下させないためにはとても重要だといえるでしょう。

また、今回取り上げたように心理的ストレスを抱えすぎないことも、質の低下を防ぐためには重要となります。ストレスを抱えずに生活することはとても難しいことであり、特に不妊に悩む方では周囲に悩みを相談できない方も多くいらっしゃいます。心理的ストレスを抱えることがさらに不妊の要因となってしまうことを意識して、なるべく抱え込みすぎず、周囲の理解者や男性不妊を専門としている医師へ相談をしていくことで、上手にストレスを発散できるようにしていきましょう。

男性不妊(林 博先生・木村 将貴先生)の連載記事

男性不妊症、性機能障害、男性更年期などのアンドロロジーを専門とするエキスパート。
米国留学中に男性不妊症のメッカである米国コーネル大学でマイクロサージャリーのトレーニングを受け、現在は帝京大学医学部附属病院において診療を行っている。

1997年に東京慈恵会医科大学卒業後、同大学病院にて生殖医学に関する臨床および研究に携わる。
2011年4月恵愛病院生殖医療センター開設。
2016年1月恵愛生殖医療クリニック志木開院。院長就任。
2018年1月同クリニックを和光市に移転し、恵愛生殖医療医院へ改称。

生殖医療専門医・内視鏡技術認定医・周産期専門医のすべてを持つ不妊治療のスペシャリストとして活躍。自らも体外受精・顕微授精や不育治療を経験しており、患者さま目線の治療を提供することをモットーとしている。

関連記事