新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

良性脳腫瘍は手術で取り除くことができれば完治が期待できる〜術後の注意点とは?〜

良性脳腫瘍は手術で取り除くことができれば完治が期待できる〜術後の注意点とは?〜
河野 道宏 先生

東京医科大学 脳神経外科学分野 主任教授/東京医科大学病院 脳卒中センター長

河野 道宏 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

脳腫瘍(のうしゅよう)とは頭蓋内(ずがいない)に発生する腫瘍のことをいいます。脳腫瘍には良性と悪性があり、良性脳腫瘍は悪性脳腫瘍と比較して腫瘍の成長が遅く、周囲の脳との境目が分かりやすいうえ、転移や播種(はしゅ)(髄液中に散らばること)をしないという特徴があります。そのため、症状があまり強くない場合にはすぐに手術をせず経過観察をする場合もありますが、基本的には手術治療が検討されます。ただし、切除が難しい部分に発生した場合や、切除しても再発した場合には放射線治療が用いられることもあります。

そこで本記事では良性脳腫瘍の手術治療をテーマに、手術の詳細を解説します。

良性脳腫瘍には腫瘍が生じる場所によって、“髄膜腫”“神経(しんけい)鞘腫(しょうしゅ)”“下垂体腺腫”などさまざまな種類に分けられます。これらの治療には、手術治療が検討されることが一般的です。しかし、全例に手術が必要となるわけではありません。年齢や腫瘍の大きさ、発生している場所、生じている症状などを考慮して、手術が必要であるかを検討し、その必要がないと判断されれば定期的な通院をしながら経過観察をすることもあります。なお、腫瘍の種類(病理所見)は手術をして病理検査を行わない限り明らかにならないため、脳の圧迫所見が強ければ、症状が少なくても手術が選択される場合が一般的です。

脳腫瘍の手術では、脳や神経の機能を可能な限り温存しながら腫瘍を取り除くことが求められます。良性腫瘍の場合は通常周囲の脳との境目が分かりやすいため、手術で腫瘍を完全に切除できれば根治が期待できます。ただし、腫瘍の発生した位置によっては手術だけでは完全な切除が難しいことがあるため、手術で取り切れなかった腫瘍に対して放射線治療が必要となる場合もあります。

手術方法としては頭の皮膚や頭蓋骨を切り開いて脳にアプローチする“開頭手術”が行われます。そのため基本的には全身麻酔下の手術となりますが、運動機能や脳神経機能を温存するために、術中に電気生理学的な手法を用いた各種のモニタリング(機能を監視しながら手術を行うこと)を用いることが一般的です。

手術時の入院期間は患者さんの年齢や全身状態、症状や合併症の有無などによって異なりますが、おおよそ2~3週間といわれています。なお、術後にリハビリテーションを要する場合には入院期間がさらに延びることもあります。

手術・入院の費用は入院日数や行われる手術の内容によって異なるので、受診する医療機関に確認しましょう。金額によっては高額療養費制度を利用することも可能です。手術や入院に関して不安や疑問があれば担当医や看護師などに相談しましょう。

脳腫瘍の手術後は手足に麻痺が生じる、言葉が話せなくなる、けいれんが起こるなどの合併症が起きることがあります。これらの障害は入院中に気が付くこともあれば、退院後に発覚することもあります。生活を送る中で異変を感じたときは迷わず担当医に相談しましょう。

特に注意すべき合併症としては、けいれん発作が繰り返される“てんかん”が挙げられます。てんかんの大発作が生じると、意識を失ったり、全身の筋肉が震えたりして、脳に酸素が行き渡らなくなるなど重篤な症状が現れることもあります。このような合併症が見られる場合には抗てんかん薬が処方されることになりますが、服用していても絶対に発作が起きないとは言い切れないため自動車の運転などが一定期間できなくなります。

良性脳腫瘍は手術で取り除くことができれば根治が期待できる病気です。腫瘍の種類や場所によっては、非常に難しい手術が必要となることもあります。その場合、専門性の高い病院や医師の意見を聞くことが重要です。腫瘍が小さい場合や症状がほとんどない場合には手術をせず、定期的な経過観察で済む場合もあります。治療内容や現在生じている症状、術後の合併症についてなど、不安なことがあれば担当医に相談しましょう。

受診について相談する
  • 東京医科大学病院  脳卒中センター長、東京医科大学 脳神経外科学分野 主任教授

    河野 道宏 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が16件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「脳腫瘍」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。