がんポータルサイトはこちら
編集部記事

ガンマナイフってどんな治療なの?〜治療の特徴や適応になる病気、治療の流れ、リスクについて解説〜

ガンマナイフってどんな治療なの?〜治療の特徴や適応になる病気、治療の流れ、リスクについて解説〜
近藤 威 先生

慈恵会新須磨病院 副院長、脳神経外科部長

近藤 威 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

ガンマナイフは放射線治療装置の1つで、主に脳腫瘍(のうしゅよう)脳血管障害といった脳の病気に対して使用される治療です。手術治療のように開頭をしなくても、手術に近い治療効果を得られることから“放射線外科手術”と呼ばれることもあります。

このページでは、ガンマナイフの仕組みや適応、治療を行う際の流れなどについてご説明します。

ガンマナイフとは、ガンマ線を用いた定位放射線治療装置のことです。定位放射線治療装置とは、病巣に対してピンポイントに狙って照射できる放射線治療装置のことです。ミリ単位で照射位置を調整できるため、正常な組織に当たる放射線を最小限に抑えたうえで、病巣に高い線量の放射線を照射できます。正常な組織を温存しながら病巣を破壊できる“低侵襲治療(ていしんしゅうちりょう)”としても知られています。

ガンマナイフの治療装置には、約200のコバルト線源が固定されています。1つ1つのコバルト線源が発するガンマ線は微弱ですが、これらが1点に集まることにより強力なエネルギーが発生し、病巣を破壊します。実際の照射における誤差は0.5mm以下ともいわれ、正確に病巣を狙って照射できることが特徴です。

治療には局所麻酔が必要となりますが、強い痛みや苦痛を伴うことはなく、子どもから高齢の方まで幅広く治療が行えます。

ガンマナイフ治療が検討される病気としては、脳腫瘍脳血管障害のほか、三叉神経痛(さんさしんけいつう)などの機能性疾患が挙げられます。これらの病気では、適応に合致すれば保険でガンマナイフ治療を受けること可能です。

脳腫瘍は転移性脳腫瘍神経膠腫(しんけいこうしゅ)などの悪性腫瘍のほか、髄膜腫、脳下垂体腫瘍などの良性腫瘍でもガンマナイフが検討されます。脳血管障害としては、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの出血性の病気で検討されます。

また、患者によって開頭手術では治療の難しい脳の深い部分に病変がある場合や、年齢・全身状態などから全身麻酔による開頭手術が難しい場合などに検討されることが一般的です。このほか病巣が大きい場合などには、手術治療を補助する目的で用いられることもあります。

ガンマナイフ治療は単回照射の場合と分割照射の場合がありますが、ここでは単回照射の場合を例に大まかな治療の流れを説明します。

ガンマナイフ治療時は、治療の前日から2泊3日の入院となることが一般的です。治療前日はMRIやX線などの検査を実施し、治療について医師から説明を受けます。

治療当日は局所麻酔を行い、頭部には病巣に対して正確に照射するためのフレームを装着して治療を行います。最終的な検査などを行ったうえで治療計画を完成させ、実際の治療へと移ります。

ガンマナイフ治療にかかる時間は、病気の種類や数、大きさなどによっても異なりますが、おおむね30分から数時間程度です。治療中に患者が痛みや音を自覚することはなく、医師と会話をすることも可能です。

治療後は頭部のフレームを外し、休みます。その日のうちに歩行や食事が可能となります。

担当医の診察後、退院します。退院当日からこれまでどおりの生活が可能です。

なお、分割照射の場合は3~5回に分割され、初回は単回照射同様2泊3日の入院で行われることが一般的です。その後の照射は外来通院で行える場合もあります。

ガンマナイフ治療では、脳浮腫や放射線障害といった副作用が生じることがありますが、多くは照射後の定期的な経過観察で適切な処置をすれば予防することができるといわれています。

脳のむくみのことを指し、無症状で経過することもあれば、何らかの症状が現れることもあります。症状が現れた場合、内服のステロイド薬の処方が検討されます。

照射後数週から数か月で生じるものと、半年~数年以上経過してから生じるもの(晩期放射線障害)があります。早期に現れる放射線障害としては、皮膚炎や脱毛、体の怠さ、吐き気などが挙げられ、照射後1か月で消失することが一般的です。

そのほか、病気によって特有の合併症が現れることもあります。

ガンマナイフ治療は20年以上の歴史を持ち、長期的な効果や安全性が証明されつつあります。ただし、治療の適応については病気の状況や患者の全身状態によっても異なりますので、治療を検討する際は担当医に相談しましょう。また、ガンマナイフ治療を受けるにあたって疑問点・不安点が生じた場合にも、担当医から十分に説明を受けるようにしましょう。

受診について相談する
  • 慈恵会新須磨病院 副院長、脳神経外科部長

    近藤 威 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が16件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「脳腫瘍」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。